第1章 文書の様式と背景