このページの目次
開催概要

開催概要

ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち
開催期間2019年10月29日(火)~ 12月26日(木)
開催期間 2019年10月29日(火)~ 12月26日(木)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金

一般:830(560)円 / 大学生:450(250)円 /
小・中学生、高校生:無料 /( )内は20名以上の団体 

※総合展示もあわせてご覧になれます。 
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります) 
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
   

趣旨

明治元年(1868)の「元年者」の渡航を皮切りに、日本から多くの人びとが労働者としてハワイに移住しました。プランテーション労働、日系人社会の成立などを経て、太平洋戦争開戦時にはハワイの全人口の3分の1を日本人とその子孫が占めるに至りました。移民、戦争、憧れの楽園、その一方での王国と先住民。複数の視座から、ハワイと近現代をたどっていきます。