このページの目次
開催概要展示構成関連の催し

開催概要

「冬の華・サザンカ」
開催期間2020年12月1日(火)~ 2021年1月31日(日)

サザンカは日本を原産地とし、ツバキとともに冬枯れの季節に庭を彩る数少ない植物です。くらしの植物苑では、特別企画「季節の伝統植物」の一環として、2001年より冬を代表する園芸植物であるサザンカを収集し、展示してきました。これらには、「江戸サザンカ」、「肥後サザンカ」と呼ばれる独自の品種群も含まれています。

サザンカは、自生種に近い「サザンカ群」、獅子頭の実生またはその後代と考えられている「カンツバキ群」、サザンカとツバキの間で自然にできた雑種またはその後代と考えられている「ハルサザンカ群」の3グループに大別され、花はグループごとに10月中頃から翌年2月にかけて上記の順に咲いていきます。これらの品種は、いずれも実生の変種から選抜されたもので、こうした品種を維持・普及する方法は、日本の園芸文化の大きな特徴といえます。くらしの植物苑では、⼈とサザンカの関わりを遺伝資源と⽂化的な資産の両⾯から着⽬し、⽣きた植物と歴史資料を併せて考察した成果を展⽰してきました。

本展では、約140品種のサザンカを鉢植えで展示いたします。今年度は「サザンカ今後の展望」をテーマとして、2001年より展示してきた20年を振り返りつつ、遺伝資源としてのサザンカの園芸品種や、サザンカの文化史について、パネルで紹介します。

※例年実施している展示解説会、観察会、苗の有償頒布については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止になる場合があります。詳細が決まり次第当ページでお知らせいたします。

開催期間 2020年12月1日(火)~ 2021年1月31日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人 100円 
団体(20名以上) 50円 

※1月10日(日)は入苑無料。
※高校生以下は入苑無料。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入苑無料。
※博物館の総合展示・企画展示は別途料金がかかります。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時00分まで) 
休苑日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休苑)
年末年始(12月27日~1月4日)
主催 国立歴史民俗博物館

概要

今年度の「冬の華・サザンカ」では、日本固有種であるサザンカを鉢植えにて、約140品種を展示いたします。2000年に当苑へ寄贈された品種と、その後新たに収集したサザンカ(サザンカ群70品種、カンツバキ群43品種、ハルサザンカ群32品種)を苑内の東屋周辺、ハウスで展示します。一部、常設スペースでの地植えもあります。

●出展品種 計 約140品種
●出展鉢数 約300鉢

サザンカ群 / 開花期は10~12月

生態・形態的に、サザンカの自生種に近いグループで、一重か二重の花を咲かせます。花色は、白、桃、紅、紅色の覆輪ぼかしがあり、香りが強い種類です。大輪花も多く、「江戸サザンカ」の代表的なものも、この品種群のなかまです。

1. 稲妻(いなづま)

2. 七福神(しちふくじん)

3. 黒紅サザンカ(くろべにサザンカ)

カンツバキ群 / 開花期は11~3月

中部地方に古木が多い「獅子頭」がもとになってつくられたもので、真冬に、八重や獅子咲きなどの華やかな花を咲かせます。花色は、白、桃、紅、紅色の覆輪ぼかしがあり、香りは弱い種類です。

4. 長春(ちょうしゅん)

5. 敷島(しきしま)

6. 富士の峰(ふじのみね)

ハルサザンカ群

サザンカとヤブツバキの自然交雑でうまれたと考えられているグループで、12~4月にかけて咲く、一重から八重、千重咲などがあります。

7. 銀龍(ぎんりゅう)

8. 東牡丹(あづまぼたん)

9. 唐衣(からごろも)

関連図録等

『季節の伝統植物』 800円

くらしの植物苑関係の刊行物のお問い合わせ
財団法人 歴史民俗博物館振興会
電話:043-486-8011(9時30分から17時00分まで)、Fax:043-486-8008
E-mail:shop@rekishin.or.jp

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。