このページの目次
歴博映像フォーラム15「映画とアイヌ文化」

歴博映像フォーラム15「映画とアイヌ文化」

開催要項

日時 2021年5月15日(土)(3月6日延期分) 12時50分~16時30分
場所 歴博講堂
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館

開催趣旨

アイヌ文化をテーマとするマンガのヒットや、国立アイヌ民族博物館の開館など、アイヌ文化の表象は、あらたな段階を迎えており、そこへの注目も高まっています。本フォーラムでは、映画化されたアイヌ文化について、地域の記憶・文化資源・表象という観点から考察し、映画という技術と制度が孕む可視化/不可視化の問題や、オーセンティシティ(真正性、本物らしさ)/インテグリティ(完全であること)の問題について考えます。今回の歴博映像フォーラムでは、国立アイヌ民族博物館がオープンした白老で記録された映画を中心に検討します。

プログラム(内容は変更される場合があります)

12:50〜12:55 開会の挨拶 
西谷 大(国立歴史民俗博物館・館長)
12:55〜13:00 趣旨説明
内田 順子(国立歴史民俗博物館民俗研究系・教授)
13:00〜14:00

「アイヌ民族を撮影した人類学映画の歴史―1925年撮影、八田三郎『白老コタン アイヌの生活』を中心に」
岡田 一男(株式会社東京シネマ新社・代表取締役)

14:00〜14:45 「映画制作の主体とは―旧アイヌ民族博物館の記録映像制作をとおして」
内田 順子(国立歴史民俗博物館民俗研究系・教授)
14:45〜14:55 休憩
14:55〜15:55 「アイヌ民族博物館から民族共生象徴空間へ―地域の記憶の映像化に向けて」
立石 信一(公益財団法人アイヌ民族文化財団・学芸主査)
15:55〜16:10 コメント
野本 正博(公益財団法人アイヌ民族文化財団・文化振興部長)
16:10〜16:25 コメント
春日 聡(多摩美術大学・非常勤講師、国立歴史民俗博物館・客員准教授)
総合司会 川村 清志(国立歴史民俗博物館民俗研究系・准教授)