データベース概要

春記データベース

Shunki, or Diary of Hujiwara-no-Sukehusa(11C) Database

公開年月:2016年3月


 藤原資房(1107~57)の日記。資房は藤原実資の養子藤原資平の長男で、蔵人頭や参議・春宮権大夫等を歴任した。日記名は資房が春宮権大夫であったことにちなむもので、他に資房の家号「小野宮」と諱から各一字をとって「野房記」、また資房の文字の一部分をとって「次戸記」などとも呼ばれた。日記は逸文も含めて万寿3年(1026)より天喜2年(1054)までが断続的に伝存する。
 本データベースの作成にあたっては、可能な限り善本を底本に選定して本文を作成した。原則として底本の文字をそのまま翻字して句読点を加え、虫損や誤写等は校訂注を付して当初の字と考えられる字を推測した。別にそれらの誤字・脱字等を正したり、踊り字を本来の字に置き換える等の処理を行った検索本文を作成して、検索対象とした。本文において人名や国名等で当て字が用いられている場合、検索本文において正表記(あるいは別表記)を( )を用いて示した。
例:本文「浄円」→検索本文「浄円(静円)」
  「昌蒲」→    「昌蒲(菖蒲)」

 第1次公開の宮内庁書陵部所蔵東寺旧蔵本(512-21)、同部所蔵九条家旧蔵本(九405)、国立歴史民俗博物館所蔵田中穣氏旧蔵典籍古文書中の一本(H-743-456)、大谷大学博物館所蔵本(外乙-3)、前田育徳会尊経閣文庫所蔵本(花月百首撰歌紙背 56古)に加え、第2次公開として、杏雨書屋所蔵本(G-1)、京都国立博物館所蔵本(B甲418)、高山寺所蔵本(新編諸宗教蔵総録紙背)、東京大学史料編纂所狩野養信令写本(4073-1)、前田育徳会尊経閣文庫所蔵『宇槐記抄』所収逸文、宮内庁書陵部所蔵『殿上淵酔部類記』『東宮御元服部類記』所収逸文、『改元部類記』所収逸文、『園太暦』所収逸文を追加公開する。第1次・第2次を含めた公開年月日は以下の通りである。
 万寿3年(1026)6月24日、
 長元4年(1031)正月2日、
 長暦2年(1038)8~12月、
 長暦3年(1039)正月1~10日、10~閏12月、
 長暦4年(長久元、1040)正月、4~6月、8月~12月、
 長久2年(1041)2~3月、
 寛徳元年(1044)11月24日、12月10日、
 寛徳2年(1045)正月16日、
 永承元年(1046)4月15日、11月22日、12月19~20日、
 永承3年(1048)正~6月、
 永承7年(1052)4~9月、
 天喜2年(1054)5~6月。
 データベースへの利用を御許可いただいた各写本所蔵機関には感謝申し上げる。
 なお今後、妙法院所蔵本および史料大成未収逸文を公開する予定である。