データベース概要

館蔵資料データベース

General Catalogue Database

公開年月:1996年10月

 館蔵資料データベースは、当館が所蔵する資料について、その基礎的なデータを収録し、検索を可能にすることを目的としたデータベースです。
 当館には、歴史・考古・民俗など様々な分野にわたる資料が、現在約25万点以上収蔵されています。整理の都合で、まだ入力の済んでいない資料やデータが不十分なものもあり、完全なものではありませんが、このデータベースによって、名称・時代・使用地(出土地)など様々な角度から検索が可能になったことは、資料の公開と利用の上で意義のあることと存じます。
 館蔵資料データベースについては、今後のデータの充実に努めて参りますのでご活用いただければ幸いです。
 なお、資料や写真の利用については別に規程がありますので、担当係の博物館事業課 資料係(Tel:043-486-6482)へお問い合わせ下さい。資料によっては、保存上の問題や人権保護等のために利用に制限しているものもありますので、あらかじめご承知おきください。


項目説明

項目名 内容
【資料名称】 カナと漢字で入力されています。
検索語の入力の際は、全角で入力して下さい。
【コレクション名】 カナと漢字で入力されています。
検索語の入力の際は、全角で入力して下さい。
【区分】 国宝、重要文化財、重要美術品、重要有形民俗文化財、都道府県指定、市町村指定、その他の指定、未指定、その他に分類しています。
【数量】 本館での収蔵数が入力されています。
【法量】 縦、横、高さ、重量が入力されています。
【材質原品】 紙、木綿、土等が入力されています。
【実物構造】 実物、模造に分類されています。
【製作年代】 西暦区分(AD,BC)、西暦年、世紀、世紀区分(四半世紀)、時代、元号、元号年が必要に応じて入力されています。
【使用地】 所在地、出土地が入力されています。
【資料番号】 本館での管理番号が入力されています。
【備考】 その館蔵資料に関して特別な注意事項、調査所見等ある場合に、注記または特記事項として記入しています。(用語、書式の基準は設定せず、データ作成者の任意の記述事項となっています。)

異字体対応

 このデータベースでは、新字・旧字・俗字等の異なる字体は、JIS第二水準内のものであっても同じ字体と認識しません。
 第二水準外の文字については、適宜読み変えを行って収録しています。それらの文字については、検索の手引きまたは次の異字体対応表をご覧下さい。
 この対応表は、JIS(日本工業規格)が制定した漢字体系(情報交換用漢字符号系/X0208)を基に、(財)日本規格協会が発行している「JISハンドブック 情報処理用語・コード編」から作成しました。(かっこ内の数字は区点コードを示す)

〓記号について

 このデータベースでは、漢字はできる限りJIS第一水準・JIS第二水準内の文字を使用していますが、置き換えできなかった文字については〓で表示されます。その文字については、次の検索の手引きの対応表でご確認下さい。
 なお、対応表の「〓に対応する文字」欄の「補****」は、「情報交換用漢字符号-補助漢字」の区点コードを表しています。

 PDF形式のファイルの閲覧・プリントアウトを行うには,Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。