このページの目次
研究者紹介 職歴 研究調査活動

研究者紹介

職名 教授
役職又は所属 考古研究系
学位 博士(文学)(総合研究大学院大学) 【2007年取得】
専門分野 先史学
所属学会

日本考古学協会・日本人類学会・考古学研究会・動物考古学研究会・Canadian Archaeological Association

学歴 筑波大学第一学群人文学類 【1990年卒業】
筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科文化人類学先史学専攻 【1994年中退】
主要研究課題

先史時代における葬墓祭制・社会構造・居住形態の研究

研究状況

科学研究費補助金(基盤研究(B))「愛知県保美貝塚出土資料に基づく考古学と人類学のコラボレーションモデルの構築と展開」研究代表者

電子メール

arch-yamada<a>rekihaku.ac.jp (<a>を@に変えてください)

職歴

1994年 熊本大学文学部文部教官助手
1996年 土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアム学芸員
1999年 島根大学法文学部助教授
2010年 島根大学法文学部教授
2011年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部准教授
2015年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部教授

研究調査活動

2011~2013年度

著書,論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳など)
単著
  • 『縄文人がぼくの家にやってきたら!?』,実業之日本社,2014年2月
論文・研究ノート・書評
論文
  • 「弥生集団論の検証と行方」(藤尾慎一郎他『弥生研究のあゆみと行方』弥生時代の考古学第9巻,同成社,pp.133-150,2011年11月)
  • 「古人骨の考古学─人類学的情報の考古学への応用─」(『考古学ジャーナル』第630号,pp.3-6,2012年7月)
  • 「縄文時代における部分骨合葬」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第178集,pp.57-83,2013年3月)(査読有)
  • 「縄文時代の社会構造論における問題点」(『私の考古学─丹羽佑一先生退任記念論集』,pp.125-135,2013年12月
  • 「山陰地方における弥生時代前期の墓地構造─墓制からみた縄文/弥生の様相─」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第185集,pp.111-138,2014年2月)(査読有)
その他
  • 「墓制論」『縄文時代』第24号,pp.167-169,2013年5月
調査・発掘調査報告書,自治体史・史料集,辞典項目など
自治体史
  • 「第2章 縄文時代」(『松江市史史料編2 考古資料』,pp.48-103,2013年3月)
辞典
  • 「親族構造」(『戦後歴史学用語辞典』,東京堂,p.33,2012年7月)
  • 「縄文の墓」pp.29-34,「墓から出土する装身具・副葬品」pp.64-65,「縄文の墓からみた階層社会」pp.66-67(『事典 墓の考古学』吉川弘文館,2013年6月)
学会・外部研究会発表要旨
  • 「東海地方の多数合葬・複葬例─愛知県保美貝塚の事例を中心として─」(『第67回日本人類学会大会プログラム・抄録集』,国立科学博物館筑波分館,日本,pp.96,2013年11月)
  • 「人骨出土例からみた縄文時代の墓制と副葬品・装身具─人骨・墓地・威信財─」(『公開シンポジウム 副葬品から見た縄文社会─財の生産・流通・副葬─』,pp.44-65,明治大学日本先史文化研究所,日本,2014年2月22日)
その他(歴史系総合誌,友の会ニュース,新聞署名原稿等)
歴史系総合誌
  • 「考古学からみた「老人たち」─縄文時代の例を中心に─」(『歴博』第172号,pp.2-6,2012年5月)
  • 「子どもの考古学─東京都八王子市宮田遺跡出土の「子抱き土偶」」『歴博』第179号,pp.20~23,2013年7月
  • 「先史時代における社会複雑化と地域多様化の研究」『歴博』第183号,pp.24-25,2014年3月
その他
  • 「生と死の考古学─縄文時代の死生観─」(『歴史研究の最前線』15号,pp.8-33,2013年2月)

主な研究教育活動(共同研究,調査,展示,教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基幹研究「先史時代における社会複雑化・地域多様化の研究」 研究代表者
  • 基幹研究「東日本震災被災地域における生活文化研究の復興と博物館型研究統合」(研究代表者:川村清志)共同研究員
  • 公募型共同研究「柳田國男収集考古資料の研究」(研究代表者:設楽博己) 共同研究員
外部資金による研究
  • 科学研究費補助金(基盤研究(B))「愛知県保美貝塚出土資料による考古学・人類学のコラボレーションモデルの構築と展開」 研究代表者
  • 科学研究費補助金(基盤研究(A))「植物・土器・人骨を中心とした日本列島農耕文化複合の形成に関する基礎的研究」 研究分担者
主な展示・資料活動・DBなど
  • 総合展示第1室「大テーマII 多様な縄文世界」展示プロジェクト委員(主担当)
  • 企画展「弥生ってなに!?」展示プロジェクト委員(副代表)
  • 企画展示「大ニセモノ博覧会─贋造と模倣の文化史─」展示プロジェクト委員
教育(大学非常勤講師,大学院セミナー担当,学位審査の主査・副査・委員,博物館活動など)
  • 東京学芸大学非常勤講師(文化財学と関連諸学A)

社会活動等

館外における各種委員
  • 松江市史編纂執筆委員
  • 島根大学山陰研究プロジェクト客員研究員
  • 島根県古代文化センター客員研究員
  • 史跡井野長割遺跡整備検討委員会委員
  • 縄文時代文化研究会『縄文時代』編集委員
講演・カルチャーセンターなど
  • 講演「縄文人の死生観」滝沢村埋蔵文化財センター埋蔵文化財公開講座1,於滝沢村縄文ふれあい館,2013年7月7日
  • カルチャーセンター講演「なぜ保美貝塚を発掘したのか」『骨が語る縄文人とそのくらし』朝日カルチャーセンター新宿主催,2013年7月12日
  • 講演「縄文時代の装身原理」,朝霞市博物館,2013年11月10日
  • 招待講演「考古学と人類学のコラボレーションにおける今後の展望」人類学若手の会主催,八王子セミナーハウス,2014年3月22日

活動報告

  • 第三期歴博将来計画委員会委員(2012~2013)

2010年度

著書・論文等

論文・研究ノート・書評
  • 「酒詰仲男『昭和16年7月保美貝塚発掘日録』」『渥美半島の考古学』,57~71頁,田原市教育委員会
  • 「中国地方における縄文時代の親族組織」『先史学・考古学論究』Ⅴ、287~306頁
  • 「古病理学的所見と縄文・弥生時代の埋葬属性との対応関係」『考古学ジャーナル』第606号,16~19頁
  • 「中国・四国地方の縄文集落の葬墓制」『縄文集落の多様性』第2巻 葬墓制,295~316頁,雄山閣
学会・外部研究会発表要旨
  • 「縄文時代における「階層性」と社会構造」『考古学研究』第56巻第4号、18~19頁  

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

主な科研・共同研究等参加状況
  • 科学研究費補助金(基盤研究(B))「考古学と人類学のコラボレーションによる縄文社会の総合的研究」(研究代表者)
学会・外部研究会発表
  • 「愛知県保美貝塚における埋葬小群の再検討-昭和16年資料を中心に-」第64回日本人類学会大会 10月1~3日 於 伊達 文化の杜カルチャーセンター
  • 「子供の埋葬例にみる縄文時代の死生観」日本児童青年精神医学会 10月29日 於群馬県民会館ベイシア
  • 「保美貝塚にみる墓制の様相」南山大学人類学博物館オープンリサーチセンター縄文部会シンポジウム 12月18日 於南山大学
  • 「縄文時代における「階層性」と社会構造」考古学研究会第56回総会 4月17日 於岡山大学
教育(大学非常勤講師、大学院セミナー担当、博物館活動等)
  • 京都大学大学院非常勤講師(特殊講義)
  • 群馬大学医学部非常勤講師

社会活動等

館外における各種委員
  • 松江市史編纂執筆委員
  • 島根県古代文化センター客員研究員
講演・カルチャーセンター等
  • 「匹見町における縄文時代遺跡」益田市歴史講座 11月14日 於ふれあいホール美都
  • 「弥生時代の絵画からみた出雲国形成前夜の山陰地方」第28回島根大学ミュージアム市民講座 11月20日 於松江スティックビル

2009年度

著書・論文等

論文・研究ノート・書評
  • 「縄文文化と弥生文化」藤尾慎一郎他編『弥生時代の考古学』第1巻 弥生文化の輪郭、165~183頁、同成社
  • 「墓制からみた中国地方の縄文社会」『島根大学法文学部紀要社会文化編社会文化論集』第5号、29~42頁

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

学会・外部研究会発表
  • 「物質文化からみた縄文生業の地域性」第63回日本人類学会2009年度シンポジウム 10月3日 於シェーンバッハ・サボー
教育(大学非常勤講師、大学院セミナー担当、博物館活動等)
  • 九州大学大学院非常勤講師(考古学講義12)
  • 群馬大学医学部非常勤講師

2008年度

著書・論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳等)
  • 『人骨出土例にみる縄文の墓制と社会』(全348頁),同成社
  • 『生と死の考古学-縄文時代の死生観-』(全171頁),東洋書店
論文・研究ノート・書評
  • 「墓と人骨」松木武彦他編『弥生時代の考古学』第8巻 集落から読む弥生社会,112〜129頁,同成社
  • 「装身具の着装意義」小杉康他編『縄文時代の考古学』第10巻 人と社会,167~179頁,同成社
  • 「貝塚遺跡における墓制」『日本考古学協会2008年度愛知大会研究発表資料集』,117〜163頁
  • 「土器棺(西日本)」小林達雄編『総覧 縄文土器』アム・プロモーション,1104~1109頁
調査・発掘調査報告書、自治体史・史料集等、辞典項目
  • 「土器のある暮らし」(「土器づくりと生活の変化」「定住生活の始まり」「縄文人の祈り」) 『山口県史 通史編 原始・古代』187~267頁,3月

主な研究教育活動(科研、共同研究、展示、教育等)

学会・外部研究会発表
  • 「貝塚遺跡における墓制」日本考古学協会2008年度大会  11月6日 於南山大学

過去の研究調査活動

著書・論文等

1. 「遠賀川系土器使用の壷棺葬の系譜とその性格について」『筑波大学先史学・考古学研究』4 1993
2. 「縄文時代のイヌの役割と飼育形態」『動物考古学』1 1993
3. 「縄文時代の妊産婦の埋葬」『物質文化』58 1994
4. 「九州の埋設土器」『熊本大学文学部論叢』49 1995
5. 「多数合葬例の意義」『考古学研究』42-2 1995
6. 「縄文時代の大人と子供の合葬」『考古学雑渉-西野元先生退官記念論集-』 1996
7. 「鳥形木製品の再検討」『信濃』48-4  1996
8. 「土井ヶ浜集団の社会構造」『熊本大学先史学・考古学論究』2 1997
9. 「縄文家犬用途論」『動物考古学』8 1997
10. 「縄文時代の子供の埋葬」『日本考古学』4 1997
11. 「縄文人骨の埋葬属性と土壙長」『筑波大学先史学・考古学研究』10  1999
12. 「縄文から弥生へ-動植物の管理と食糧生産-」『現代の考古学』3 1999
13. 「葬墓制研究-墓制論-」『縄文時代』10-3 1999
14. 「山陰地方における列状配置墓域の展開」『島根考古学会誌』17 2000
15. 「中国地方の土器埋設遺構」『島根考古学会誌』18 2001
16. 「縄文人骨の装身具・副葬品の保有状況と土壙長」『物質文化』70 2001
17. 「縄文時代の人骨頭部の取り扱いについて」『祭祀考古』20 2001
18. 「縄文人の埋葬姿勢(上)(下)」『古代文化』53-11・12  2001
19. 「中国地方における縄文時代集落の諸様相」『縄文時代集落研究の現段階』 2001
20. 「中国地方の縄文集落」『島根考古学会誌』19  2002
21. 「遺跡内における縄文人の埋葬姿勢」『熊本大学先史学・考古学論究』4 2003
22. 「頭位方向は社会組織を表すのか-縄文時代の人骨出土例による再検討-」『立命館大学考古学論集』3 2003
23. 「「子供への投資」に関する基礎的研究-縄文階層社会の存否をめぐって-」『関西縄文時代の集落・墓地と生業』1 2003
24. 「島根県における縄文時代石器の様相」『島根考古学会誌』20・21 2004
25. 「縄文時代の装身原理-出土人骨にみられる骨病変等と装身具の対応関係を中心に-」『古代』115  2004
26. 「縄文階層社会の存否に関する予備的考察-考古学的属性と出土人骨の形質との対比から-」『海と考古学』 2005
27. 「北米北西海岸における先史時代の墓制」『縄文時代』16 2005
28. 「山陰地方の弥生絵画」『原始絵画の研究-論考編-』六一書房 2006
29. 「「老人」の考古学-縄文時代の埋葬例を中心に-」『考古学』4 2006
30. 「総論 縄文時代の葬制」『縄文時代の考古学』9 同成社 2007
31. 「土器を埋める祭祀」『原始・古代日本の祭祀』 同成社 2007
32. 「装身具の着装意義」『縄文時代の考古学』10 同成社 2008
33. 「土器のある暮らし」(「土器づくりと生活の変化」「定住生活の始まり」「縄文人の祈り」) 『山口県史 通史編 原始・古代』 2008
34. 「墓と人骨」『弥生時代の考古学』8 同成社 2008
35. 『生と死の考古学-縄文時代の死生観-』 東洋書店 2008
36. 『人骨出土例にみる縄文の墓制と社会』 同成社 2008
37. 「墓制からみた中国地方の縄文社会」『島根大学法文学部紀要社会文化編社会文化論集』5 2009
38. 「縄文文化と弥生文化」『弥生時代の考古学』1 同成社 2009
39. 「中国地方における縄文時代の親族組織」『先史学・考古学論究』V 2010
40. 「中国・四国地方の縄文集落の葬墓制」『縄文集落の多様性』2 雄山閣 2010
41. 「縄文時代における階層性と社会構造」『考古学研究』57-2 2010

主な共同研究等参加状況

1. 国立歴史民俗博物館・基幹研究(A)「縄文・弥生農耕の問題」(2001~2003年度)
2. 島根県古代文化センター・テーマ研究「縄文時代における山陰地域社会の展開」(2010~2012年度)
3. 科学研究費補助金(基盤研究(B))「考古学と人類学のコラボレーションによる縄文社会の総合的研究」(2010~2012年度)