このページの目次
研究者紹介 職歴 研究調査活動

研究者紹介

職名 教授
役職又は所属 民俗研究系
学位 文学博士(國學院大學) 【1995年取得】
専門分野 民俗宗教、儀礼・芸能史
所属学会 民俗芸能学会、芸能史研究会、楽劇学会、日本民俗学会、儀礼文化学会
学歴 國學院大學文学部日本文学科 【1985年卒業】
國學院大學大学院文学研究科博士後期課程 【1995年修了】
主要研究課題 大和の寺院の神仏習合の研究
寺院に奉仕する職能者の研究
高知県物部村の民俗、特にいざなぎ流御祈祷の研究

職歴

1996年 國學院大學文学部専任講師
1997年 大倉山精神文化研究所非常勤研究員
1999年 國學院大學文学部助教授
1999年 國學院大學日本文化研究所兼担助教授
2002年 国立歴史民俗博物館民俗研究部助教授
2004年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部助教授
2004年4月 総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻助教授併任
2007年4月 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部准教授
2007年4月 総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻准教授併任
2010年10月 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部教授

研究調査活動

2008~2013年度

著書,論文等

著書(単著・共著・編著・監修・翻訳など)
単著
  • 『物部の民俗といざなぎ流』吉川弘文館,2011年6月,250頁
  • 『儀礼から芸能へ 狂騒・憑依・道化』角川学芸出版,2011年9月,237頁
論文・研究ノート・書評
論文
  • 「大神神社の巫女と神楽─神仏習合の祭儀と芸能─」(『国文学 解釈と鑑賞』2009年10月号,至文堂,pp.42-49)
  • 「大神神社の巫女と神楽」(阿部泰郎編『中世文学と寺院資料・聖教』中世文学と隣接諸学第2巻,2010年10月,竹林舎,pp.273-286)
  • 「柳田国男の芸能研究,柳田国男と芸能研究」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第165集,「[共同研究]日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究」特集号,2011年3月,pp.251-264)(査読有)
  • 「琉球弧における船と樹霊信仰」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第174集「[共同研究]兆・応・禁・呪の民俗誌」特集号,2011年3月,pp.119-132)(査読有)
  • 中国語論文「日本冲绳南方岛屿(八重山地区・西表岛)的种稻仪式与赛龙舟─冲绳・中国的比较民俗─」(『文化遺産』pp.86-93,中国中山大学,2012年1月)(査読有)
  • 「西表島の稲作儀礼と龍船競争─沖縄・中国の比較民俗に向けて─」(松尾恒一・国立歴史民俗博物館編『琉球弧─海洋をめぐるモノ・人,文化』pp.241-261,岩田書院,2012年3月)
  • 「寺院の儀礼と芸能,古代から中世へ」(小林健二編『中世の芸能と文芸』(中世文学と隣接諸学7,竹林舎),2012年5月,pp.10-35
  • 「死霊をめぐる神楽と鎮魂─いざなぎ流と比婆荒神神楽─」(国立歴史民俗博物館・松尾恒一編『東アジアの宗教文化』岩田書院,pp.117-145,2014年3月)(査読無)
  • 中国語「日本民俗学田野调查(フィールドワーク)方法及論理思考」(中国学術誌『民間文化論壇』「学術訪談録」(程鹏:問,梁青:中国語訳),2014年第1期,2014年1月,pp.101-106)(査読無)
その他
  • 「西表島の稲作儀礼」(『人間文化』Vol.15─アジアから琉球弧を考える─海洋をめぐる人・モノ,文化─,2012年6月5日,pp.4-9,人間文化研究機構)
調査・発掘調査報告書,自治体史・史料集,辞典項目など
調査報告書
  • 「第三章「大頭祭の現況」,pp.133-488,「第一節一「頭人行事の現在,組織と運営」,pp.133-140」,「第四節「大頭祭の変容と現況─頭人行事から地域の行事へ─」,pp.355-359,他執筆」(共著/千曲市教育委員会・倉石忠彦・井原今朝雄,他)『長野県千曲市 武水別神社大頭祭民俗文化財調査報告書』(A4版,690頁),千曲市教育委員会,2010年3月
  • 「第三章四節「蛭ヶ谷の田遊び参考文献概観」(pp.105-106)・第八章一節「田遊びの起源と意義」(pp.171-184),他執筆」(静岡県牧之原市教育委員会編・共著/野本寛一・天野忍・八木洋行,他)(『国記録選択無形民俗文化財調査報告書 蛭ヶ谷の田遊び』(A4版,246頁),牧之原市教育委員会発行,2010年3月)
  • 「大神神社の巫女と神楽─中・近世から近代における断絶と復興の試み─」(『奈良県民俗芸能緊急調査報告書』I,pp.140-152,奈良県教育委員会,2014年3月)
展示図録・資料図録・映像・データベース・フォーラム刊行記録など
編著
  • (筆頭/国立歴史民俗博物館)『琉球弧─海洋をめぐるモノ・人,文化』岩田書院,2012年3月,317頁
  • (編著/国立歴史民俗博物館)『東アジアの宗教文化』岩田書院,472頁,2014年3月
その他
  • 歴博民俗映像『能登,あばれ祭』11min.制作(2009年度)
  • 歴博民俗映像『能登,あばれ祭』11min.英語・中国語・韓国語版制作(2010年度)
  • 歴博民俗映像『西表島,稲の祭り』11min.制作(2009年度)
  • 歴博民俗映像『西表島,稲の祭り』11min.英語・中国語・韓国語版制作(2010年度)
  • 歴博民俗研究映像『比婆荒神神楽─地域と信仰─』69min.制作(2011年度)
  • 歴博民俗研究映像『比婆荒神神楽─地域と信仰─』69min.英語版,制作(2012年度)
  • 歴博民俗研究映像『比婆荒神神楽─荒神信仰と式年大神楽─』11min.日本語・英語・中国語・韓国語版制作,制作(2012年度)
  • 歴博民俗研究映像『薬師寺花会式』71min.中国語(簡体字)版制作(2012年度)
  • 歴博民俗研究映像『薬師寺花会式』71min.中国語(繁体字)版制作(2012年度)
学会・外部研究会発表要旨
  • 講演「寺院の儀礼と芸能,古代から中世へ─荘厳の祝祭とその変容─」"Temple Rituals and Performance, from Ancient to Medieval Times:The Embellishment of Religious Celebrations and Its Transformation"(University of Illinois, National Museum of Japanese History Joint Research Project, "Relationships and Transformations in East Asia Religions, Religious Performance, City and Country in East Asia",松尾恒一・国立歴史民俗博物館編『東アジアの宗教とパフォーマンス,都市と地域』国立歴史民俗博物館・イリノイ大学・共同国際研究集会,日本語pp.43-58,英語訳pp.59-81,イリノイ大学,アメリカ,2013年10月9日)
  • 「死霊をめぐる神楽と鎮魂─いざなぎ流と比婆荒神神楽─」"Kagura and Chinkon for the Spirits of the Dead; Izanagi-ryū and the Kōjin of Hiba"(University of Illinois, National Museum of Japanese History Joint Research Project, "Relationships and Transformations in East Asia Religions, Religious Performance, City and Country in East Asia".松尾恒一・国立歴史民俗博物館編『東アジアの宗教とパフォーマンス,都市と地域』国立歴史民俗博物館・イリノイ大学・共同国際研究集会,日本語pp.187-200,英語訳pp.201-218,イリノイ大学,アメリカ,2013年10月9日)
その他(歴史系総合誌,友の会ニュース,新聞署名原稿等)
  • 「めぐる時間と祭り」(歴史系総合誌『歴博』176号,pp.10-11,2013年1月)
  • 『神さま図鑑』3巻監修,第1巻『願いをかなえる神さま』,第2巻『みぢかにいる神さま』,第3巻『くらしを守る神さま』,ミネルヴァ書房,2012年10月~12月
  • 「歴史の舞台:国東半島を歩く(六郷満山の修正会)」,週刊朝日百科『新発見!日本の歴史』17号,pp.24,2013年10月)
  • 「2000年歴史絵巻〈 祭りと行事」監修・執筆,週刊朝日百科『新発見!日本の歴史』23号,pp.33-37,2013年11月)
  • 『みたい!しりたい!しらべたい!日本の地獄・極楽なんでも図鑑』3巻,監修・前文執筆,第1巻『死んだらどこにいくの?』,第2巻『地獄ってどんなところ?』,第3巻『極楽ってどんなところ?』ミネルヴァ書房,2013年7月~9月

主な研究教育活動(共同研究,調査,展示,教育等)

外部資金による研究
  • 科研「中世宗教テクスト体系の綜合的研究」(研究代表者:名古屋大学・阿部泰郎教授)研究分担者
  •  科研「唱導文献に基づく法会の綜合的研究」(研究代表者:筑波大学・近本謙介准教授)研究分担者
  •  科研「フォークロアパラドックスを止揚する」(研究代表者:日本女子大学・中西裕二教授)研究協力者
  • 「琉球群島の船と樹霊信仰の考察」,中国・中山大学,非物質文化遺産研究センター「非物質文化遺産と民間信仰,学術検討会議」2013年6月14日
  • アメリカ・University of Southern California(南カリフォルニア大学)"Religion and Social Life in Premodern Japan Project"における研究発表"Religious Piety,Ritual,and the Performing Arts in Japan: Cultural Exchange with East Asia, Historically and Today(日本宗教,儀礼・芸能と信仰─東アジアとの交流,歴史と伝流─)" April 11,2014.
国際交流事業
  • アメリカ イリノイ大学との交流事業"Exchanges and regional activities of East Asian religions"「東アジアの宗教をめぐる交流と地域的展開」研究代表者(平成24年度─平成28年度)
  • 韓国国立民俗博物館との交流事業「博物館型研究統合による日韓地域研究」(平成21年度─平成26年度)
主な展示・資料活動・DBなど
  • 総合展示第4室「列島の民俗文化」展示プロジェクト副代表
教育(大学非常勤講師,大学院セミナー担当,学位審査の主査・副査・委員,博物館活動など)
  • 千葉大学大学院客員教授(人工物デザイン史論)
  • 國學院大學非常勤講師(伝承文学演習)・國學院大學大学院(伝統芸能特論)
  • 学習院大学非常勤講師(日本文学演習)
  • 中国・華東師範大学大学院集中講義「日本民俗学の理論と方法」,上海・華東師範大学,2013年8月28日-8月31日
  • アメリカ・University of Illinoisでの公開授業"The four Seasons and Faith,Festivals in Japan(日本の四季と信仰・祭礼)",October 8,2013.
  • アメリカ・Western Michigan University,比較宗教学部での公開授業,"The Kagura Performance for the wrathful deities "Kojin" of Hiba:Local Communities and the Periodical Great Kagura" October 11,2013.

社会活動等

館外における各種委員
  • 日本民俗学会理事
  • 日本民俗学会選考委員
  • 儀礼文化学会運営委員
  • 國學院大學國文學會役員
  • 奈良県教育委員会「奈良県民俗芸能緊急調査」指導調査員
講演・カルチャーセンターなど
  • 法政大学沖縄文化研究所 総合講座"沖縄を考える"「琉球地域のハーリー船(龍船/龍舟)競争─中国からの伝播と変容─」,法政大学,2013年5月17日,
  • 「琉球群島における龍船競漕:歴博民俗展示リニューアル」,第42回東京・西表島郷友会,川崎市総合自治会館,2013年6月2日
  • 東京沖縄県人会・沖縄クラブ・講演会「歴博民俗新展示と琉球地域のハーリー船競争」,2013年9月14日,日本印刷会館
  • 中国政府文化部への「歴博の民俗展示と資料収集と整理,そのデータベース化と公開」についての講義と討論,2013年11月13日,歴博

過去の研究調査活動

著書・論文等

1. 『韮山町史、民俗別編「神社編」』(共著)韮山町史編纂委員会 1994
2. 『守覚法親王の儀礼世界-仁和寺蔵紺表紙小双紙の研究』(共著)勉誠社 1995
3. 『延年の芸能史的研究』博士論文 岩田書院 1997
4. 「中世、春日社神人の芸能」神社史料研究会編『神主と神人の社会史』思文閣出版 所収 1998
5. 「仁和寺御室と法勝寺修正会-牛玉加持作法をめぐって」阿部泰郎・山崎誠編『守覚法親王と仁和寺御流の文献学的研究』勉誠社 所収 1998
6. 「東大寺修二会別火行における結界の構造」『國學院雑誌』99巻1号 1998
7. 『仁和寺資料【神道篇】神道潅頂印信』阿部泰郎編(共著)名古屋大学比較人文研究室 2000
8. 「御幣に見る南都の神仏習合世界」『自然と文化』63号 特集「御幣」 2000
9. 「小松豊孝太夫の足跡を辿って-いざなぎ流御祈祷の戦後の一側面-」『大倉山論集』46輯 2000
10. 「薬師寺慈恩会-竪義と支える人々-」『薬師寺』125号 2000
11. 「物部村の職人と建築儀礼-大工法をめぐって 」『民俗芸能研究』32号 2001
12. 「魔群・魔性の潜む山-高知県物部村、西山法・猟師の法をめぐる民俗世界-」『文学』第2巻6号 2001
13. 「凶兆か? 駆け抜ける田楽-能大成の前夜-」『国立能楽堂』227 pp.24-25 2002
14. 「神憑りから物狂いへ-神楽と猿楽,能の起源-」『国立能楽堂』228 pp.24-26 2002
15. 「死霊・祖霊をめぐるいざなぎ流御祈祷」 福田晃古希記念論集刊行委員会編『伝承文化の展望-日本の民俗・古典・芸能-』三弥井書店 pp.28-48 2003
16. 「『一遍聖絵』における一遍の社寺参詣」 砂川博編『一遍聖絵の総合的研究』岩田書院 pp.123-143 2002
17. 書評「阿部泰郎著『聖者の推参 中世の声とヲコなるもの』」『國文學 解釈と教材の研究』47-5 學燈社 p.43 2002
18. 「神社廻廊の祭儀と信仰-春日社御廊を中心として-」 薗田稔・福原敏男編『祭礼と芸能の文化史』pp.3-28 思文閣出版 2003.8
19. 「職能者の技術と呪術-高知県物部村 いざなぎ流御祈祷の周縁-」 北條勝貴他編『環境と心性の文化史』pp.405-433 勉誠出版 2003.11
20. 「木魂をめぐる祭儀と信仰-高知県物部村の場合-」『国立歴史民俗博物館研究報告』108 pp.241-254 2003.10
21. 「聖僧の謎 お水取り,湯屋と食堂の儀礼」『月刊 大和路 ならら』7-2(65号) pp.27-29 2004.2
22. 「芸能-二十一世紀に「民俗芸能」研究は可能か?-」(『日本民俗学』239号 pp.136-161) 2004.8
23. 「院政期法会論 院御願寺修正会をめぐって」(院政期文化研究会編、院政期文化論集4『宗教と表象』 pp.7-35) 2004.10
24. 「薬師寺慈恩会-神仏習合の作法と支える人々-」(『薬師寺』142号 pp.38-44) 2004.12
25. 「芸能研究の近代」(韓国国立民俗博物館『日本の民俗学・韓国の民俗学Ⅰ』 pp.97-110(日本語) pp.51-68(韓国語訳)) 2005.3
26. 「資料報告 小松豊孝太夫記 いざなぎ流御祈祷資料(四) 病人祈祷法(一)」(『儀礼文化』34号 pp.85-96) 2004.4
27. 「資料報告 小松豊孝太夫記 いざなぎ流御祈祷資料(五) 病人祈祷法(二)」(『儀礼文化』35号 pp.89-96) 2004.10
28. 「資料紹介 小松豊孝太夫記 いざなぎ流御祈祷資料 日月祭、及託宣の作法について」『国立歴史民俗博物館研究報告』第110集 2005.3
29. 「書評 林淳・小池淳一編『陰陽道の講義』」(『宗教史研究』) 2004

主な共同研究等参加状況

1. 文部省科学研究費補助金(総合研究A)による共同研究「仁和寺文化圏と守覚法親王に関する文献学的研究」(代表 阿部泰郎)(1995年4月~1997年3月)
2. 国文学研究資料館「論義法会の共同研究」(代表 永村真)(1995年4月~1996年3月)
3. 國學院大學日本文化研究所 プロジェクト「南都寺院における、神仏習合の儀礼研究 」(代表 松尾恒一)(1999年4月~2002年3月)
4. 文部省科学研究費補助金による共同研究(基盤研究B)「神社資料の多面性に関する 総合的研究」(代表 新谷尚紀)(2002年4月~現在)
5. 個別共同研究「神社の多面性に関する資料論的研究」(研究代表者 新谷尚紀)(2001~2002年度)
6. 基盤研究「資料の科学的調査および総合的年代研究」
  基盤研究(B)「『高松宮家伝来禁裏本』の基礎研究」(研究代表者 吉岡眞之)(2003~2006年度)
7. 個別共同研究「宗教者の身体と社会」(研究代表者 松尾恒一)(2003~2005年度)
8. 基盤研究「高松宮家伝来禁裏本の基礎研究」(研究代表者名 吉岡眞之)(2003~2008年度)
9. 個別共同研究「日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究(The Basic Study on formation and development of Japanese Folklore Study)」(研究代表者 小池淳一)(2004~2006年度)

主な展示・資料公開実績

1. 國學院大學神道資料館企画展示「御幣に見る芸能文化」(於國學院大學たまプラーザキャンパス)(1999年10月25日~10月31日)
2. その他の展示「新収資料の公開」(2003年1月~2月)