このページの目次
研究者紹介 職歴 研究調査活動

研究者紹介

職名 准教授
役職又は所属 情報資料研究系
学位 文化財修士(東京藝術大学) 【1998年取得】
専門分野 保存科学、文化財保存学
所属学会 文化財保存修復学会、日本文化財科学会、国際博物館会議(International Committee of Museum,ICOM)、International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works (IIC)
学歴 東京大学理学部化学科 【1995年卒業】
東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻博士後期課程 【2000年中途退学】
主要研究課題 博物館施設における空気環境、資料劣化原因・過程に関する研究
電子メール ekoseto<a>rekihaku.ac.jp (<a>を@に変えてください)

職歴

1999年 アメリカ合衆国ゲティ保存研究所グラジュエイトインターン
2000年 国立歴史民俗博物館情報資料研究部助手
2004年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部助手
2007年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部助教
2010年1月 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館研究部准教授

研究調査活動

2008~2013年度

著書,論文等

論文・研究ノート・書評
論文
  • 「ラマンイメージング装置による伊勢市版歌川派錦絵および版木の色材分析」(共著/坂本章,落合周吉,東山尚光,増谷浩二,木村淳一)(『国立歴史民俗博物館研究報告』第153集,pp.1-19,2009年3月)(査読有)
  • 「Raman studies of Japanese art objects by a portable Raman spectrometer using liquid crystal tunable filters」(共著・筆頭/Akira Sakamoto, Shukichi Ochiai, Hisamitsu Higashiyama, Koji Masutani, Jun-ichi Kimura, Mitsuo Tasumi)(『Journal of Raman Spectroscopy』Vol.43,pp.787-792,2012年6月,published online on October 27)(査読有)
展示図録・資料図録・映像・データベース・フォーラム刊行記録など
  • 「第四部 錦絵を科学する「ラマンでみる錦絵の色」(『錦絵はいかにつくられたか』平成20年度国立歴史民俗博物館企画展展示図録,pp.60-69,2009年)
総合研究大学院大学(シンポ・研究の最前線など)
  • 「偽物をテーマとした学際研究の可能性の提案」『総研大研究プロジェクト第5回企画会議』国立遺伝学研究所 2013年3月14日
その他(歴史系総合誌,友の会ニュース,新聞署名原稿等)
  • 「よみがえる錦絵と技術」(歴史系総合誌『歴博』181号,pp.24-25,2013年11月)

主な研究教育活動(共同研究,調査,展示,教育等)

主な共同研究等参加状況
  • 基盤研究「年代情報に基づく木材の利用・活用に関する横断的研究」(研究代表者:坂本稔)研究分担者(2013~2015)
  • 機構連携研究「歴史研究資料としての映画の保存と活用に関する基盤的研究」(研究代表者:内田純子)研究分担者(2010~2014)
  • 機構連携研究「人間文化資源の保存環境研究」(研究代表者:園田直子)研究分担者(2010~2014)
外部資金による研究
  • 科学研究費基盤研究B「江戸時代から明治初期にかけての絵画・版画・和本の色材と制作技術に関する研究」研究代表者(2011~2013)
主な展示・資料活動・DBなど
  • 企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』展示プロジェクト委員(2012~2014)
教育(大学非常勤講師,大学院セミナー担当,学位審査の主査・副査・委員,博物館活動など)
  • 専修大学非常勤講師(博物館資料保存論・博物館展示論)
  • 総合研究大学院大学学生セミナー担当

過去の研究調査活動

著書・論文等

1. 「博物館等施設の室内空気汚染-ホルムアルデヒドの庫内濃度-」保存科学36 1997
2. 「ホルムアルデヒドによる無機顔料の化学変化」文化財保存修復学会誌43 1999
3. 「Analysis of Five Metal Figurines from the Skirball Museum Collection」 『Zeitschrift fur Kunsttechnologie und Konservierung』(共著)vol.15(2).pp.364-373, Journal for Art Technology and Conservation,Edition 2/2001 2001
4. 「The verisimilitude of Verdigris : a review of the copper carboxylates」(共著) 『Reviews in Conservation』Number2/2001 pp.73- 91 
5. 「国立歴史民俗博物館におけるボランティア活動」「Museumちば」第33号 pp.13~15  2002
6. 『La dea di sibari e il santuario ritrovato. Studi sui rinvenimenti dal timpone motta di Francavilla Marittima』(共著)(Bollettino D'Arte Volume Special:II. I)ISTITUTE POLIGRAFICO E ZECCA DELLO STATO 2003
7. 「19世紀の輸出漆器における螺鈿技法の分析」(共著)『国立歴史民俗博物館研究報告』108集 pp.281~295 2003
8. 「ボランティアに関する実践報告 企画展 異界万華鏡-あの世・妖怪・占い-」を事例として」(共著)『国立歴史民俗博物館研究報告』109集 pp359~387 2004
9. 大川遺跡における続縄文時代ガラス玉の自然科学的分析」(共著)『余市水産博物館研究報告』8号、pp.21-26 2005年
10. 「韓国全羅道出土青磁の胎土に含まれるジルコンを用いた産地推定の試み」 『国立歴史民俗博物館研究報告』130集、pp.119~139 2006
11. 「ジルコンの成分組成による韓国務安道里浦海底遺跡引揚げ青磁の産地推定」(共著) 『考古学と自然科学』 Vol.52、pp.67~74 2006
12. 「Non-dextractive elemental depth-profiling with muonic X-rays」(共著) 『Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 』Vol.278 No.3、pp.778-781 2008
13. 「敦煌莫高窟第285窟壁画顔料のラマン分光法による測定」(共著)『敦煌保護に関する日中共同研究2007』pp.54~62 2008
14. 「敦煌莫高窟第285窟壁画に使用された彩色材料の非接触分析」(共著)『保存科学』47号 pp.88~102 2008
15. 「常呂川河口遺跡墓壙出土ガラスの自然科学的分析」『常呂川河口遺跡』8 pp297~303  2008
16. 「2.連携研究機関における生物被害対策の現状と課題 国立歴史民俗博物館の生物生息調査」『文化資料の高度活用有形文化資源の共同利用を推進するための資料管理基盤形成』pp125~132 2008
17. 「ラマンイメージング装置による伊勢市版歌川派錦絵および版木の色材分析」(共著) 『国立歴史民俗博物館研究報告』153集、pp.1~19 2009年
18. 「第四部錦絵を科学する「ラマンでみる錦絵の色」」『錦絵はいかにつくられたか』展示図録、pp.60-69 2009

主な共同研究等参加状況

1. 科学研究費補助金・基盤研究(B)「分析化学的手法による前近代金工技術の比較研究」(研究代表者 宇田川武久)(2001~2003年度)
2. 個別共同研究「前近代の東アジアにおける人・モノ・技術の交流とシステム」(研究代表者 小野正敏)(2001~2003年度)
3. 科学研究費補助金・若手研究(B)「博物館施設における大気中アルデヒド類の影響と挙動について」(2002~2003年度)
4. 科学研究費補助金・特定領域研究「分析化学的手法による銃砲技術史の相関研究」(研究代表者 宇田川武久)(2004~2005年度)
5. 基盤研究「歴史資料の材質・製作技法と生産地に関する調査研究」(研究代表者 宇田川武久)(2004~2006年度)
6. 科学研究費補助金・若手研究(B)「胎土中ジルコンの測定および解析による陶磁器の産地推定」(2005~2006年度)
7. 科学技術振興機構・革新技術開発研究事業「文化財測定用携帯型ラマンイメージング・顕微赤外分光装置の開発研究」(代表者 中川 孝郎((株)エス・ティ・ジャパン)(2005~2007年度)
8. 連携研究「有形文化資源の共同利用を推進するための資料管理基盤形成」(研究代表者 国立民族学博物館 園田直子)(2006~2008年)
9. 基盤研究「科学的資料分析研究 歴史資料に対する自然科学的調査法の開発と適応に関する研究」(研究代表者 斉藤努)(2007~2009年度)
10. 科学技術振興機構・先端計測分析技術・機器開発事業 「プロトタイプ実証・実用化プログラム」「文化財等複合材料評価用ラマンイメージング装置の開発」チームリーダー:東山 尚光((株)エス・ティ・ジャパン)(2009~2011年度)
11. 基盤研究「洛中洛外図屏風歴博甲本の総合的研究」(研究代表者 小島道裕)(2009~2011年度)

主な展示・資料公開実績

1. 企画展示「異界万華鏡-あの世・妖怪・占い-」 (2001年7月~9月)
2. 企画展示「錦絵はいかにつくられたか」 (2008年2月~2009年5月)