基盤研究(C)

AMS炭素14年代測定を利用した東日本縄紋時代前半期の実年代の研究

研究期間:平成17年度~平成18年度

研究代表者 小林謙一 (本館・研究部)
研究分担者 松崎浩之 (東京大学大学院工学研究系)
坂本稔 (本館・研究部)
尾嵜大真 (本館・科研費支援研究員)
宮田桂樹 (本館・科研費支援研究員)

研究目的

世界史的に日本先史時代を評価するためには、土器型式編年を実年代で位置づけ、東アジアの歴史に組み入れる必要がある。それには、縄紋時代の炭素14年代測定研究を合理的に進めていく必要がある。その一環として縄紋時代前半期(草創期から中期)を対象とし、関東・東北地方の土器型式ごとに数十点の土器付着物・共伴炭化物の炭素14年代測定を行い、暦年較正年代を計算し統計的に処理することで、年代的枠組みを作り、土器型式ごとの継続期間を検討する。また、年代測定研究を当初から取り入れた発掘調査を行い、出土状況とリンクさせた年代測定を行うことで、年代測定と考古学的調査とがフィードバックできる調査研究のモデルを構築する。縄紋竪穴住居の層位的な出土試料に対し年代測定を行うことで、竪穴住居の居住や廃棄後の埋没期間などのライフサイクルに関わる年数の実証的解明をめざす。