基盤研究

広領域歴史創成研究

近世近代転換期東アジア国際関係史の再検討-日本・中国・シャムの相互比較から

研究期間:平成28年度~平成30年度

研究代表者 福岡 万里子 (本館研究部)
研究組織

小泉順子 (京都大学東南アジア地域研究研究所)
彭 浩 (大阪市立大学)
三谷 博 (跡見学園女子大学)
村尾 進 (天理大学)
横山 伊徳 (東京大学史料編纂所)
松田睦彦 (本館研究部)
荒木和憲 (本館研究部)

研究目的

19世紀半ば以降、アジア東方の三つの政体、すなわち日本の徳川政権、中国の清朝、シャムのラタナコーシン朝それぞれが司る三様の政体は、ほぼ同時期に西洋諸国と修好通商条約を結び、近代西洋的な特徴に刻印された国際関係のネットワークの中に組み込まれていった。この「条約体制」の成立期は、日本史・中国史・シャム史それぞれの文脈で、近世から近代にかけての転換期となっている。本共同研究は第一に、この時期に当該三ヶ国の政体それぞれが、対外関係上置かれた環境、そして対外関係上とった政策を相互に比較することを通じ、各政体の近世近代転換期における外交政治の特徴を浮き彫りにすることを目的とする。また併せて、日朝関係を仲介した対馬宗家など、東アジア海域の境界領域の外交主体がこの時期にとった動向にも注目し、対象の複眼的な考察を図る(1)。一方で、近代への転換期にこれらの外交主体が行った政策は、それに先立つ近世期の比較的安定した東アジア国際関係の下で維持されていた対外関係上の慣例/政策の特徴を、相当程度に反映していたものと推定される。したがって本共同研究では、同時並行的課題として第二に、近世期の各地域の対外関係、特に代表的な国際貿易港であった長崎・広州・バンコク等における近世的対外関係のあり方を、相互に比較検討する(2)。以上(1)・(2)の両輪のアプローチを通じ、18世紀から19世紀後半にかけて、アジア東方の地域が経験した国際関係の変容と再編成の過程を、異なる地域の比較作業が可能にする新たな視点から照射することを目指したい。

近世東アジアの国際関係は、中国と他の任意の国との間の朝貢冊封関係の束のような積み重なりとして存在していたことが、想定されている。近世のシャムはこの「朝貢冊封体制」における朝貢国のひとつであった一方、近世日本は、こうした国際秩序の外縁に存在し、その間、独自の「日本型華夷秩序」を維持していたと考えられている。通商と外交の関係では、近世中国は広州・澳門から構成される珠江下流域を、近世日本は長崎を、それぞれ限定的な対外貿易港として指定し、銘々に特徴的な対外関係を維持/展開していた。他方シャムは、王室が、華人商集団との協力関係の中で、独占的な対外貿易を経営していた。この三者三様の近世対外関係のあり方を比較考察し、近世東アジアの国際関係模様を面的に把握することを試みるのが(2)の具体的課題である。これらの国際関係のあり方は、19世紀半ば以降の「西洋の衝撃」の下、大幅に変容・再編成されていった。その歴史過程の比較考察を試みるのが(1)の課題となる。

以上の課題の研究は、関係する国内外の外交関係史料やモノ資料の探訪調査を行いながら進めていく。その調査結果は、歴博の「総合資料学」や将来の展示に資するべく、随時整理・蓄積・報告していきたい。

研究会等

概要

日程:2017年5月26日(金)~5月27日(土)
場所:九州国立博物館

内容

26日午前9時半より、九州国立博物館会議室において研究会。冒頭、平成28年度研究会を振り返り29年度研究会の予定について話し合った後、彭浩氏が研究報告「近世港町長崎の都市空間―唐船貿易との関連から―」を行い、質疑応答と議論を行った。午後は史料調査室において九博所蔵の対外関係史料(「長崎阿蘭陀通詞西吉兵衛家関係文書」ほか)を熟覧した後、横山伊徳氏が研究報告「幕末(維新)史からタイを見る」を行い、質疑応答を経て全体討論を行った。

27日は午前9時半より九博で開催中の特別展「タイ-仏の国の輝き」、次いで常設展示を見学した。午後は九博近辺の太宰府政庁跡及び長崎街道大野宿を巡検した後、解散した。

成果

彭浩氏・横山氏による研究報告それぞれについて、近世近代シャム史、清代対外関係史、明治維新史、東アジア国際関係史、日蘭関係史、日韓比較民俗学などの見地から、活発な質問と議論、意見交換が行われた。タイ展や九博総合展示の見学においても、展示品を素材としたメンバー間の活発な議論を通じ、知見がより深められた。