基幹研究

古代列島世界の歴史像の再構築

(総括研究代表者 本館・研究部 林部 均)

【広領域歴史創成研究】古代地域社会の実像

研究期間:平成24年度~平成26年度

研究代表者 林部 均 (本館・研究部)
研究組織 今泉隆雄 (東北歴史博物館)平成25年度まで
佐藤 信 (東京大学大学院)
吉川真司 (京都大学大学院)
渡辺晃宏 (奈良文化財研究所)
亀田修一 (岡山理科大学)
坂井秀弥 (奈良大学)
菱田哲郎 (京都府立大学)
森 公章 (東洋大学)
今津勝紀 (岡山大学大学院)
川尻秋生 (早稲田大学)
坂上康俊 (九州大学大学院)
石見清裕 (早稲田大学)
田中俊明 (滋賀県立大学)
高橋一樹 (武蔵大学)

吉野武 (宮城県多賀城跡調査研究所)
八木光則(学識経験者)
永山修一 (ラ・サール中学校・高等学校)
平川 南 (人間文化研究機構)
小倉慈司 (本館・研究部)
高田貫太 (本館・研究部)
村木二郎 (本館・研究部)
仁藤敦史 (本館・研究部)

研究目的

本研究では、これまでの中央からの視点が中心であった古代史像に対して、列島の地域社会に視点をおいて、最新の考古学・古代史、そして関連分野から多角的・総合的に分析を加えることにより、新しい古代史像を構築することを目的とする。

奈良時代はじめに成立した古代国家は、中国から律令制を継受し、中央集権体制を推し進め、列島の地域社会を画一的に支配しようとした。本研究では、これまでのこのような古代史像に対し、全面的に再検討を加え、新しい古代史像を提示する。

ところで、列島の地域社会は、畿内にあった中央集権的な国家の支配のもと、ほんとうに画一的な社会であったのであろうか。もちろん、当時の国家が列島各地域を画一的に支配しようと意図していたことはまちがいない。しかし、王権の所在地である都からの距離も大きく異なり、地形や気候条件といった自然環境も異なり、さらに王権への服属の過程も異なる列島の各地域が、画一的な社会であったとは、とうてい考えられない。本研究では、このような列島地域社会がもつ多様性を、多角的な視点から分析を加え、その特徴を具体的に抽出するとともに、その多様性が、いかに国家とのかかわりの中、形成されたのかを検討することにより、地域社会のもつ特徴を明らかにしたい。

また、本研究では、こういった列島地域社会のもつ多様な側面だけに着目するのではなく、列島の各地域を貫いてみられる画一的な特徴(たとえば官衙のかたちや文書行政などの支配システム)にも着目する。そして、このような画一的な特徴についても、列島の各地域によって、顕著にみられる地域もあれば、顕著ではない地域もみられる。地域社会にみられる画一的な特徴には、古代国家による地域支配が端的に反映されているとみるのが自然であるので、それが顕著な地域では国家よる地域支配がより強く貫徹されていたことを意味し、国家がその地域の支配をいかに重視していたのかを示す。本研究では、地域社会がもつ画一的な特徴についても、このような視角から具体的に分析を加え、地域社会の実態について明らかにしたい。

そして、このような地域社会がもつ画一性と多様性の両面を多角的、かつ総合的に把握することにより、地域社会の実態を明らかにし、これまでの古代史像を再検討し、地域からみた新しい古代史像を描き出したいと考える。