年度別研究調査報告

2013年9月16日~9月23日

第6回ミュンヘン国立民族学博物館所蔵シーボルト・コレクション調査

国立歴史民俗博物館・日高「ミュンヘンチーム」

[調査地]ミュンヘン国立民族学博物館(ドイツ・ミュンヘン市内)

[調査先担当]ブルーノ・リヒツフェルト(学芸員)

[参加者]日高 薫、勝田 徹、櫻庭美咲、平田由紀(以上歴博)、原田博二(長崎純心大学)

今回は、貝合わせ道具、面、楽器、金工、長崎関係資料、書籍の悉皆調査を進めるとともに、その本撮影(勝田)を実施しました。本調査は、そろそろ最終段階を迎えつつありますが、あまりジャンル区分が明確でない資料を中心に、未調査資料を残しています。そのため、最終的には全資料の調査に着手することができるよう、未調査資料の所在確認もあわせて行いました。

(文責:櫻庭)

貝合わせ道具の調査風景(日高)
貝合わせ道具の調査風景(日高)

書籍の調査風景(原田)
書籍の調査風景(原田)