年度別研究調査報告

2013年2月4日~2月15日

第5回ミュンヘン国立民族学博物館所蔵シーボルト・コレクション調査

国立歴史民俗博物館・日高「ミュンヘンチーム」

[調査地]ミュンヘン国立民族学博物館(ドイツ・ミュンヘン市内)

[調査先担当]ブルーノ・リヒツフェルト(学芸員)

[参加者]日高 薫・澤田和人・勝田 徹・櫻庭美咲・三河雅弘(以上歴博)、山田仁史(東北大学)、中戸ひろみ(元興寺文化財研究所)

今回の調査では、民具、染織、漆器、陶磁器、地図の調査および本撮影を行い、漆器、陶磁器、染織、地図の調査を完了しました。これまでの全調査を以って、漆器、絵画、地図、染織、仏像、陶磁、麦藁細工、民具、古銭、書籍、自然物、面から成る約4,200点(60%程度)の調査を完了したことになります(推定総数約7千点の内)。

(文責:櫻庭)


染織品の調査風景(澤田)

地図の本撮影風景(勝田・三河)