年度別研究調査報告

2011年9月12日〜9月13日

第1回 ルール大学ボーフム 東アジア学科 付属図書館所蔵シーボルト・コレクション調査

国立歴史民俗博物館・宮坂「アレクサンダー・ハインリッヒチーム」

[調査地]ルール大学ボーフム 東アジア学科付属図書館(ドイツ・ボーフム市内)

[調査先担当]Prof. Regine Mathias(東アジア学科主任)、Dr. Stefan Köck(図書館担当者)

[参加者]久留島浩、勝田 徹、櫻庭美咲(以上歴博)、宮坂正英(長崎純心大学)、松井洋子(東京大学史料編纂所)

シーボルトの「日本博物館」における「動物および植物各種の産物」部展示再現の一部

同図書館所蔵シーボルト関係資料の原本をActa Sieboldiana IIIの目録を照合し、所蔵資料のおおまかな全体像を確認した。さらに、Acta Sieboldiana IIIに基づき調査者の希望する史料を閲覧。史料の状態を確認し、そのうち一部は勝田による撮影をおこなった。また、宮崎克則氏が撮影した画像を閲覧させていただき、史料原本と比較し検討。Acta Sieboldiana III掲載の基本台帳に基づき、同図書館が所蔵する資料の調査と本撮影を行った。さらに、ベルリン国立図書館が所蔵する資料、所在が確認できない資料の別についても、原本の所在確認をすることによって把握し、詳細な記録を取った。

(文責:櫻庭)

 

写真:ルール大学ボーフム文献資料調査風景(マティアス先生とメンバー)

 

 

年度別研究調査報告 一覧へ