年度別学術成果報告

2016年1月30日

人間文化研究機構第27回公開講演会・シンポジウム「没後150年 シーボルトが紹介した日本文化」

会場:ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19)

時間: 13時00分~17時30分

主催: 人間文化研究機構

担当機関: 国立歴史民俗博物館

後援: 文部科学省

出席者:365名

[開催趣旨]

二度にわたる来日を通じ、精力的に日本関係資料を収集したことで知られるフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、著書の出版のみならず、園芸植物の 通信販売や、四都市で開催された日本展示など、さまざまな手段によって、19世紀の西洋世界に「異文化としての日本」を紹介しました。人間文化研究機構が 2010年度から推進してきた「日本関連在外資料の調査研究」事業による成果をまじえ、没後150年を記念して、シーボルトの功績を振り返るとともに、今 後のシーボルト研究の展望を論じたいと思います。


会場風景


パネル・ディスカッション

 

[プログラム]

13:00~13:05

主催者挨拶 立本 成文(人間文化研究機構長)

13:05~13:35

企画趣旨 日高 薫(国立歴史民俗博物館教授)

13:35~14:35

基調講演「シーボルト父子の日本コレクションとヨーロッパにおける日本研究」
ヨーゼフ・クライナー(法政大学国際日本学研究所客員所員・ボン大学名誉教授)

14:35~14:50

休憩

14:50~15:35

講演「ジャポニズムの先駆けとなったシーボルトの植物」
大場 秀章(東京大学名誉教授)

15:35~16:20

講演「近世日本を語った異国人たち:シーボルトの位置」
松井 洋子(東京大学史料編纂所教授)

16:20~16:35

休憩

16:35~17:25

パネルディスカッション「シーボルト研究の現状とこれから」
<パネリスト> ヨーゼフ・クライナー、大場秀章、松井洋子、日高薫
<司会> 大久保純一(国立歴史民俗博物館教授)

17:25~17:30

挨拶 久留島 浩(国立歴史民俗博物館長)

総合司会

佐藤 洋一郎(人間文化研究機構理事)

 

年度別学術成果報告 一覧へ