基盤研究

資料の科学的調査および総合的年代研究

歴史資料研究における年代測定の活用法に関する総合的研究

研究期間:平成18年度~平成20年度

研究代表者 坂本稔 (本館・研究部)
研究組織 河合秀一 (京都大学)
門脇幸恵 (国立能楽堂)
松崎浩之 (東京大学)
大河内隆之 (奈良文化財研究所)
小田寛貴 (名古屋大学)
中尾七重 (武蔵大学)
小林謙一 (中央大学文学部)
井原今朝雄 (本館・研究部)
西本豊弘(本館・研究部)
広瀬和雄 (本館・研究部)
藤尾慎一郎 (本館・研究部)
永嶋正春 (本館・研究部)
齋藤努 (本館・研究部)

研究目的

本研究では、歴史研究における自然科学的年代測定法の多面的な活用をはかること、具体的には、建造物を含む歴史史資料の実証的研究や、集落・遺構の形成過程、旧石器・縄文移行期とその環境などさまざまな問題にAMS炭素年代法や年輪年代法などを適用することによって、その歴史研究における有効性を広げ、かつ歴博におけるこの分野の研究基盤を高めることをめざす。