基盤研究

高度歴史情報化研究

マンローコレクション研究-館蔵の写真資料を中心に

研究期間:平成18年度~平成20年度

研究代表者 内田順子(本館・研究部)
研究組織 岡田一男 (下中記念財団 )
佐々木史郎 (国立民族学博物館)
佐々木利和 (国立民族学博物館)
手塚薫 (北海道開拓記念館)
出利葉浩司 (北海道開拓記念館)
森岡健治 (沙流川歴史館)
吉原秀喜 (平取町立二風谷アイヌ文化博物館)
宮田公佳 (本館・研究部)

研究目的

本館は、ニール・ゴードン・マンローが残したアイヌ文化に関わる写真資料を所蔵しているが、撮影内容の調査等、公開に必要な基盤的な資料整理がまだ行われていないほか、これらの写真資料の公開にあたっては、肖像権などの人権に関わる問題を解決する必要がある。本共同研究では、主たる撮影地である平取町において調査を行いながら、研究や教育に活用できる公開方法を構築することを目的とする。