日独学術交流シンポジウム
「History of German Japanese Joint Scientific Endeavors」

開催概要 日時:平成27年9月30日(水) 10:00~18:30(受付開始:9:30)
場所:歴博講堂
定員:200名
※発表・質疑応答等は全て英語で行います。聴講無料です。
チラシはこちら
主催 ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会
スケジュール

10:00 開会挨拶
 久留島 浩 教授 国立歴史民俗博物館長
 ハインリッヒ・メンクハウス 教授 ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会会長

10:30 基調講演1
「Beyond Siebold and Kaempfer – Science Exchange between Japan and Germany from a Historical Perspective」
 Dr. Chantal Weber
 ケルン大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会 役員

11:00 第1部:
議長 Dr. Wolfgang Staguhn ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会役員

1.Hajime Hoshi and German Science Community in the 1920th
 Dr. Matthias Hofmann ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会 役員

2.The Papers of Imamiya Shin and Maruyama Kunio about the German Japanese Relations
 福岡万里子 准教授 国立歴史民俗博物館

3.Pathological interactions − Ludwig Aschoff (1866-1942) and Tawara Tsunao (1873-1952)
 Prof. Dr. Wolfgang Michel-Zaitsu 九州大学

4.Three Bismarcks of Japan
 瀧井 一博 教授 国際日本文化研究センター/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会 会員

13:00 昼休み/写真撮影

14:00 第2部:
議長 Dr. Matthias Hofmann ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会役員

1.Siebold Collection at the National Museum of Japanese Studies
 日高 薫 教授 国立歴史民俗博物館
2.The Life's Work of a German Botanist in Japan – How is the Work of Philipp Franz von Siebold (1796-1866) still Influencing our Everyday Life?
 Prof. Dr. Jutta Papenbrock    
 ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会員
3.A Female Pioneer: Anna Berliner (1888-1977) and her Psychological Approach to Japanese Culture
 Dr. Chantal Weber
 ケルン大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会 役員

15:30 コーヒーブレイク

16:00 第3部: 共同研究
 議長 Prof. Dr. Wilfried Wunderlich ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会会員
1.History of Legal Exchange
 Prof. Dr. Heinrich Menkhaus
 明治大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会長
2.Stress Responses in Plants: 22 years of Japanese-German Cooperation
 Dr. Thomas Berberich
 フランクフルト ゼンケンブルグ博物館/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会員
3.Fundamental Physics Particles and their SPIN
 Prof. Dr. Werner Meyer
 ボーフム大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会員

17:30 基調講演2

Prospects of German Japanese Science Relations
 Sabine Ganter-Richter
 ボン大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会役員

18:00  閉会挨拶
Prof. Dr. Heinrich Menkhaus 明治大学/ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会長

申込方法 ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会ホームページからお申込みください。
備 考 催事内容の確認やお問合せはドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会ホームページからお願いします。