古代日本と古代朝鮮の文字文化交流

開催概要 名称:古代日本と古代朝鮮の文字文化交流
日程:2012年(平成24)12月15日(土)~16日(日)
  • 15日(土)13:00~17:00 〈開場12:30〉
  • 16日(日)10:00~16:30 〈開場9:30〉
場所:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 )
定員:450名(要事前申込み・聴講無料)
※定員満了につき、お申し込み受付は締め切りました
主催:国立歴史民俗博物館
後援:朝日新聞社
開催主旨 古代日本の文字文化は、従来中国との関係を主として研究されてきましたが、古代朝鮮の近年の出土文字資料の調査研究から、古代日本の文字文化形成過程に極めて大きな影響を与えたことが明確になってきました。これらの研究成果を、韓国研究者とのシンポジウムを通じて学界および市民に広く公開します。
スケジュール 1日目(12月15日)
13:00~
開催挨拶・趣旨 平川 南(国立歴史民俗博物館長)
13:15~
基調講演 金 英媛(韓国国立文化財研究所長)
「新安沈没船の陶磁器」
14:15~
研究報告 林 敬煕(韓国国立海洋文化財研究所)
「高麗沈没船の荷札木簡」
15:15~
休憩
15:30~
研究報告 市 大樹(大阪大学大学院)
「都の中の文字文化」
16:10~
研究報告 三上 喜孝(山形大学)
「古代地方社会と文字文化」
司会 田中史生(関東学院大学)

2日目(12月16日)
10:00~
研究報告 梁 淑子(韓国国立加耶文化財研究所)
「6世紀の城山山城跡発掘調査と出土木簡」
10:50~
研究報告 李 鎔賢(韓国国立春川博物館)
「近年発見された韓国古代文字資料の概要」
11:30~
研究報告 犬飼 隆(愛知県立大学)
「古代日朝における言語表記」
12:10~
休憩
13:10~
研究報告 山口 英男(東京大学史料編纂所)
「正倉院文書に見える文字の世界」
13:50~
研究報告 李 成市(早稲田大学文学学術院)
「古代日朝文化交流」
14:30~
休憩
14:40~
シンポジウム「古代日本と古代朝鮮の文字文化交流」(司会 平川 南)
宋 義政(韓国国立中央博物館考古歴史部長)
金 東宇(韓国国立中央博物館)
林 敬煕・梁 淑子・李 鎔賢・市 大樹・三上 喜孝・李 成市・
犬飼 隆・山口 英男・神野志 隆光(明治大学大学院)
閉会の辞 李 成市
司会 小倉慈司(国立歴史民俗博物館)
お申し込み方法 E-mailまたは往復ハガキにて「歴博国際シンポジウム12月15・16日参加希望」と明記の上、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・参加希望日(両日/1日目のみ/2日目のみ)を記入し、下記までお申し込みください。

※申込みは前々日まで受け付ける予定ですが、定員に達した時点で締切ります。
※携帯電話のメールによる申し込みはご遠慮ください。
問い合わせ先 〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 研究協力課 国際交流係
E-mail: kokusai-e@ml.rekihaku.ac.jp
TEL. 043-486-0123(代)

ICOM-CECAアジア太平洋地区研究集会

開催概要 名称:ICOM-CECAアジア太平洋地区研究集会
日程:2012年11月30日(金)~12月1日(土)
場所:国立歴史民俗博物館講堂
定員:180名
主催:国立歴史民俗博物館、国立民族学博物館ICOM-CECA
後援:ICOM日本委員会、財団法人日本博物館協会
開催主旨 2012年度から学芸員養成科目が改正されて博物館教育が追加され、博物館における教育活動の意味が見直されています。このたび、ICOM(国際博物館会議)の国際委員会の一つであるCECA(Committee for Education and Cultural Action: 教育と文化活動委員会)のアジア太平洋地区の研究集会を国立歴史民俗博物館にて開催します。アジア太平洋地区では初めて開催されるこの大会は、「博物館教育の可能性」をテーマに、博物館教育に関する様々な実践例やアイデア、課題を国内外の博物館関係者と共有し合います。

*ICOM:世界137ヶ国の国と地域から3万人ほどの博物館専門家が参加する国際的な団体
*CECA:博物館における教育や文化活動に興味関心のある会員数千人規模の国際委員会
スケジュール 1日目:11月30日(金)
9:30~     
受付

10:00~10:05
館長挨拶 平川 南(国立歴史民俗博物館長)

10:05~10:10
関係者挨拶 半田 昌之(ICOM日本委員会副委員長)

10:10~10:30
趣旨説明 太田 歩(国立歴史民俗博物館専門職員)

10:30~11:30
基調講演1 布谷 知夫(三重県立博物館長)
「日本の博物館における教育学習活動の位置づけ」

11:30~12:30
基調講演2 ペ ギドン(ICOM韓国委員会長・韓国博物館教育協会長)
「韓国における博物館教育:現在の展開と将来のビジョン」

12:30~13:50
休憩

13:50~14:50
基調講演3
呂 理政(台湾歴史博物館長)、羅 欣怡(台湾歴史博物館公衆サービス部)
「歴史解釈と歴史教育:国立台湾歴史博物館の事例から」

14:50~15:50
基調講演4 チェン ジェラルディーン(シンガポール美術館教育マネジャー)
「シンガポール美術館における教育:取り組みと実践」

15:50~16:00
休憩

16:00~17:00
基調講演5 アンジェラ ケイシー(オーストラリア国立博物館教育マネジャー)
「博物館教育: オーストラリアの取り組み」

17:30~ 
レセプション(場所:国立歴史民俗博物館レストラン、参加費実費)


2日目:12月1日(土)

9:30~
受付

10:00~10:15
個別発表【博物館体験と教育活動1】
緒方 泉(九州産業大学美術館)
「大学美術館のアウトリーチ活動は市民そして大学生を育てる」

10:15~10:30
個別発表【博物館体験と教育活動2】
陳 佳利(国立台北芸術大学)、蔡 振家(国立台湾大学)
「来館者に与えるバックグラウンド・ミュージックの影響-賴和記念館での事例研究-」

10:30~10:45
個別発表【博物館体験と教育活動3】
木下 綾(東海大学)
「持続可能なミュージアムへ:美術館における言語教育プログラムからの考察」

10:45~11:00
個別発表【博物館体験と教育活動4】
城 菁汝、賴 瑛瑛(国立台湾芸術大学)
「家族の写真にタグをつけよう:博物館教育と大学生」

11:00~11:10
休憩

11:10~11:25
個別発表【博物館体験と教育活動5】
ムハンマド ニザム ムハンマド(ネガラ銀行マレーシア博物館美術館)
「金融リテラシーをのばす博物館教育」

11:25~11:40
個別発表【博物館体験と教育活動6】
佐藤 優香(東京大学大学院)
「博物館におけるコミュニケーションプログラムのデザイン-コンセプトメイキングとデザイン要素について-」

11:40~11:55
個別発表【博物館体験と教育活動7】
茂登山 清文(名古屋大学大学院)
「展示施設における教育の可能性としてのヴィジュアルリテラシー-名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」の試み-」

11:55~12:25
討論【博物館体験と教育活動】

12:25~14:00
休憩及びポスターセッション

ポスターセッション

  • 一場 郁夫(千葉県立中央博物館)
    「博学連携による博物館学習の推進」
  • 丸川 雄三(国際日本文化研究センター)、中村 佳史(国立情報学研究所)、高橋 晴子(大阪樟蔭女子大学)
    「身装画像デジタルアーカイブにおける連想的情報統合の試み」
  • 山内 利秋(九州大学保健福祉大学)
    「地域コミュニティの案件解決に向けた博物館教育の可能性」
  • 岡林 遼、奥本 素子、阿児 雄之(東京工業大学)
    「カタリイトプロジェクト~文化財レスキュー事業の記録化」
  • 河島 明子(国立民族学博物館・元明石市立文化博物館)
    「異分野連携による美術展の教育普及事業」
  • 坂本 昇、奥山 清市、野本 康太、角正 美雪、長島 聖大(伊丹市昆虫館)
    「実物観察を促進する支援ツール開発」
  • 佐藤 優香(東京大学大学院)、太田 歩(国立歴史民俗博物館)
    「歴史資料の鑑賞をうながす学習キットの開発―描かれたものの読み解きを教材化する―」
  • 松岡 葉月(国立民族学博物館)、是枝 敦子、陶山 徹、斉藤 秀樹(長野市立博物館)、阪本 成一(宇宙航空研究開発機構、総合研究大学院大学)
    「全天周科学映像の開発と博物館教育における評価―長野市立博物館における常時上映からの考察―」
  • 樋山憲彦(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科)
    「日本における学校での歴史学習に対する博物館からのアプローチの可能性」
  • 土屋実穂、小川義和、有田寛之(国立科学博物館)
    「日本の科学系博物館における科学リテラシー涵養に資する学習プログラムの体系的把握と共有化に向けた取り組み」
  • 中井紗織、小川義和、永山俊介、有田寛之、佐藤久美子
    「博物館と大学との連携における人材養成の可能性~国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成実践講座を例として~」
  • 清水麻記、江藤信一、並木美佐子(NPO法人ミュージアム研究会)
    「博物館市民としての博物館教育の試み~NPOミュージアム研究会『国際博物館の日』新聞発行と巡回展の実践より~」

14:00~14:15
個別発表【博物館における人材の育成1】
染川 香澄(ハンズ・オン プランニング)
「博物館教育における職員の教育的環境」

14:15~14:30
個別発表【博物館における人材の育成2】
アン クァンスン(韓国博物館教育協会)
「成功するインタープリテーションを実施するためのチェックリストと基準の開発」

14:30~14:45
個別発表【博物館における人材の育成3】
神庭 信幸(東京国立博物館)
「博物館活動に必要な保存修復専門家を育成するための教育プログラムの開発と実践」

14:45~15:05
討論【博物館における人材の育成】

15:05~15:20
休憩

15:20~15:35
個別発表【社会とのつながり1】
黒岩 啓子(ラーニング イノベーション ネットワーク)
「社会変革のための博物館教育」

15:35~15:50
個別発表【社会とのつながり2】
林 浩二(千葉県立中央博物館)
「持続可能な社会のための教育と博物館」

15:50~16:05
個別発表【社会とのつながり3】
坂本 昇、中脇 健児、角正 美雪、田中 良尚(伊丹市昆虫館)
「地域・施設連携で街を楽しむ事業~「鳴く虫と郷町」」

16:05~16:20
個別発表【社会とのつながり4】
久保 晃一、渡邊 千秋、岩崎 誠司、小川 義和、永山 俊介、田中 邦典(国立科学博物館)
「博学連携ネットワークの構築~教員のための博物館の日を通じて~」

16:20~16:40
討論【社会とのつながり】

16:40~16:45
閉会の挨拶 小島道裕(国立歴史民俗博物館)

司会 小島道裕・太田歩

お申し込み方法
  • E-mailまたは往復ハガキにて「国際シンポジウムICOM-CECA参加希望」と明記の上、(1)住所、(2)氏名(ふりがな)、(3)電話番号、(4)参加予定日(両日/1日目のみ/2日目のみ)、(5)レセプションへの参加希望の有無、(6)ICOMの会員番号(会員の方のみ)を記入し、下記までお申し込みください。
  • お申し込みは前々日まで受け付ける予定ですが、定員に達した時点で締め切ります。
  • レセプションへの参加費は実費負担となります。
  • 携帯電話のメールによるお申し込みはご遠慮ください。
問い合わせ先 〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 研究協力課 国際交流係
CECA@ml.rekihaku.ac.jp
TEL. 043-486-0123(代)

東アジアをむすぶ漢籍文化-敦煌から正倉院、そして金沢文庫へ-
“HANJI漢籍”:Books Connection in the East Asia

開催概要

名称:東アジアをむすぶ漢籍文化-敦煌から正倉院、そして金沢文庫へ-
“HANJI漢籍”:Books Connection in the East Asia

日程:2012年11月2日(金)、3日(土) 10:00~16:30

場所:国立歴史民俗博物館講堂

定員:250名

主催:国立歴史民俗博物館

共催:神奈川県立金沢文庫

後援:(財)東方学会・中唐文学会・日本中国学会・和漢比較文学会

開催主旨

日本・中国・韓国に共通する中世の学術文化、それが「漢籍」である。その多様性を、日本のみならず世界各地から捉え直すことが、今回のシンポジウムの目的である。従来は各国の「固有の文化」として個別に考察されてきた「漢籍文化」であるが、国境を超えた考究が期待される。
「東アジアを結ぶ漢籍文化」2012.11.2~3開催 Q&A集(PDF)

スケジュール

11月2日(金)
10:00 館長挨拶 
平川南(国立歴史民俗博物館)
趣旨説明 静永健(九州大学・本館客員准教授)

10:30 基調報告 
「東アジアをむすぶ漢籍文化」司会:静永健
「敦煌と繋がる日本の漢籍」神鷹德治(明治大学)
「中国における漢籍出版の現状」許逸民(中華書局)
「朝鮮文献に見える『白氏文集』-「何処難忘酒」詩をめぐって」金卿東(成均館大学校)
コメンテーター:王勇(北京大学)

13:00 第一部  
「敦煌学一百年」司会:大渕貴之(九州大学)
「敦煌詩経写巻研究綜述」許建平(浙江大学)
「『論語義疏』の声点について-敦煌本と日本鈔本」影山輝國(実践女子大学)
コメンテーター:神鷹德治

14:30 第二部  
「歴博所蔵の漢籍をめぐって」司会:井原今朝男(国立歴史民俗博物館)
「二つの『梅花無尽蔵』抄本」中尾健一郎(梅光学院大学)
「『史記』と『漢書』の編纂をめぐる問題」汪春泓(香港嶺南大学)
上杉本『史記』について」陳翀(広島大学)
コメンテーター:土屋聡(岡山大学)

11月3日(土)

10:00 第三部
「日本の〈ふみくら〉と旧鈔本の世界」司会:神鷹德治(明治大学)
「王羲之書「楽毅論」の「千載一遇」句について-正倉院御物光明皇后写本の原型を探る-」大渕貴之(九州大学)
「『先秦漢魏晋南北朝詩』の増訂作業」陳尚君(復旦大学)
「金沢本『白氏文集』に見える詩歌分類の原型」杜暁勤(北京大学)
「九条家本『白氏文集』巻十六残簡出現の意義」住吉朋彦(慶應義塾大学)
コメンテーター:静永健(九州大学・本館客員准教授)

13:00 第四部  
「東アジアの文選学」司会:土屋聡(岡山大学)
「九条家本『文選』について」佐竹保子(東北大学)
「『集注文選』研究」游志誠(台湾彰化師範大学)
「日本現存資料から読み解く『文選』の原形-写本から刻本への改編を考える」傅剛(北京大学)
コメンテーター:陳翀(広島大学)

14:15 第五部  
「聖教と漢籍-中世の知の実像に迫る」司会:高橋一樹(武蔵大学)
「空海『文鏡秘府論』の対属論研究について」盧盛江(南開大学)
「中国の禅思想と文学との関わり」張伯偉(南京大学)
「五山僧の別集に見る偈頌と詩」堀川貴司(慶應義塾大学)
「称名寺聖教類について」西岡芳文(神奈川県立金沢文庫)
「北条実時本『斉民要術』をめぐる京・鎌倉のひとびと」福島金治(愛知学院大学)
コメンテーター:井原今朝男(国立歴史民俗博物館)

お申し込み方法

E-mailまたは往復ハガキにて「歴博国際シンポジウム11月2・3日参加希望」と明記の上、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入し、下記までお申し込みください。

※申込みは前々日まで受け付ける予定ですが、定員に達した時点で締切ります。
※携帯電話のメールによる申し込みはご遠慮ください。

お申し込み
問い合わせ先

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 研究協力課国際交流係
E-mail: kokusai-e@ml.rekihaku.ac.jp
TEL. 043-486-0123(代)

現代における死の文化の変容-東アジア地域の葬送墓制を中心に-

開催概要

名称:現代における死の文化の変容―東アジア地域の葬送墓制を中心に―

日程:2012年7月7日(土) 10:30~17:00

場所:大正大学 巣鴨キャンパス8号館 礼拝堂

定員:350名

主催:人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

共催:東北大学文学研究科宗教学研究室・大正大学

後援:日本民俗学会

開催主旨

社会構造の変化や消費文化の浸透など近代化により、死に対する観念が変容し、葬送や墓制のあり方も変わってきた。これは日本だけでなく、古代より文化交流の盛んな東アジア地域においても同様である。これらの地域では共通する課題を抱えるだけでなく、火葬技術や散骨、葬儀用品など相互の影響も大きい。このシンポジウムでは、グローバル化の進展に伴う東アジアにおける死の文化の動態を明らかにする。

スケジュール

10:30~10:40 開会の言葉 山田慎也(国立歴史民俗博物館准教授)
10:40~10:50 館長挨拶 平川南(国立歴史民俗博物館長)
10:50~11:20 冒頭報告 「現代社会の死の文化」鈴木岩弓(東北大学教授)
11:20~11:50 報告1 「中国における葬儀の現状と教育」王夫子(長沙民政職業技術学院教授)
11:50~12:00 休憩
12:00~12:30 報告2 「現代台湾の葬儀にみる問題と方向」鄭志明(輔仁大学 教授)
12:30~12:45 コメント1 田村和彦(福岡大学准教授)
12:45~13:00 コメント2 槇村久子(京都女子大学教授)
13:00~14:00 休憩 ※休憩中に研究映像「現代の葬送儀礼」上映(45分)
14:00~14:30 報告3 「韓国の現代葬儀の状況と変化」張萬石(大田保健大学教授)
14:30~15:00 報告4 「日本の葬送に対する意識の変容とその影響」小谷みどり(第一生命経済研究所主任研究員)
15:00~15:20 休憩
15:20~15:35 コメント3 山田慎也
15:35~15:50 コメント4 森謙二(茨城キリスト教大学教授)
15:50~16:50 総合討論 
16:50~17:00 閉会の言葉 村上興匡(大正大学教授)

備考

お問い合わせ先
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 研究協力課 国際交流係
kokusai-e@ml.rekihaku.ac.jp
TEL. 043-486-0123(代)