日韓比較建築文化史の構築-宮殿・寺院・民家-

開催概要 名称:
日韓比較建築文化史の構築-宮殿・寺院・民家-
Creating the Framework for a Comparative History of Japanese and Korean Architecture
日程:2006年12月12日(火)~12月13日(水)
時間:
12月12日(火)10:00~17:00
12月13日(水)9:30~17:00
場所:国立歴史民俗博物館 大会議室
主催:国立歴史民俗博物館
開催主旨

現在進行中の歴博共同研究「東アジア比較建築文化史」(代表玉井哲雄)の第一段階として、日本と韓国の建築をその文化的背景も含めて比較検討しようという試みである。日本、韓国ともにそれぞれ中国との関係の研究は進められているが、日韓両国の比較研究は、近代以降を除けば、ごく少数にとどまっている。それでも民家については、比較研究のシンポジウムが開催されているが、建築として重要な宮殿・寺院などの比較、まして建築全体についての比較検討の議論はほとんど試みられていない。
そこで両国の建築史研究者を中心に、関連分野の研究者を広く集めてそれぞれの国内の研究の現状確認、研究報告、比較研究の問題点の提出、そして共同研究の可能性の展望などを議論する。日韓比較に関心を持つ建築史研究者が少ない現状を克服して研究の進展を計り、建築史の立場から日韓建築文化の比較を議論することが、長期的に見て日韓の文化交流、ひいては東アジア全体の国際交流活動に大きな役割を果たすはずである。

スケジュール

第1日目 2006年12月12日(火)

10:00~10:30
開会挨拶
平川南(国立歴史民俗博物館長)
主旨説明「東アジアにおける日韓建築文化」
玉井哲雄(国立歴史民俗博物館)

10:30~12:20
基調講演「韓国からみた日韓比較建築史」
金東旭(韓国京畿大学校)

12:20~15:00
昼食休憩・博物館展示見学(解説 玉井哲雄)

15:00~17:00
セッション1 宮殿建築
川本重雄(京都女子大学)
李康根(慶州大学校)

17:30~
懇親会

第2日目 12月13日(水)

9:30~11:30
セッション2 寺院・宗教建築
藤井恵介(東京大学)
徐致祥(釜山大学校)

11:30~13:00
昼食休憩

13:00~15:00
セッション3 住宅・民家
田鳳煕(ソウル大学校)
玉井哲雄(国立歴史民俗博物館)

15:00~15:30
休憩

15:30~17:00
総括討論
コメント1 李相海(成均館大学校)
コメント2 仁藤敦史(国立歴史民俗博物館)
コメント3 岩淵令治(国立歴史民俗博物館)
司会 玉井哲雄・小島道裕

古代アジアの青銅器文化と社会-起源・年代・系譜・流通・儀礼

開催概要 名称:
古代アジアの青銅器文化と社会-起源・年代・系譜・流通・儀礼
Bronze Culture and Society in Ancient Asia: Origin, Date, Descent, Circulation and Ritual
日程:2006年12月1日(金)~12月3日(日)
時間:
12月1日(金)13:00~17:50
12月2日(土)9:30~17:20
12月3日(日)9:30~15:00
場所:国立歴史民俗博物館 講堂
主催:国立歴史民俗博物館
開催主旨

年代測定による改定を一つの契機として中国北方・東北地方、朝鮮半島、日本をつなぐ青銅器の道について研究が活発化している。この現状を踏まえ、アジアの青銅器の年代、系譜、材料、流通、儀礼・祭りなどをテーマに国際的に議論を闘わせ、諸地域の特質を明らかにする。そのうえで、青銅器文化のアジア的特質を展望する。
招聘する研究者は、歴博との交流協定締結機関である中国社会科学院考古研究所の王巍所長および韓国国立中央博物館の李健茂前館長をはじめ、中・韓・日の青銅器研究のトップクラスを揃えて、アジアの青銅器文化研究の現段階を総括し、今後の方向を見出す。

スケジュール

第1日目 2006年12月1日(金)

13:00~13:10
開会挨拶
開会挨拶 平川南(国立歴史民俗博物館長)
趣旨説明 春成秀爾(国立歴史民俗博物館)

研究報告1「東アジア青銅器文化の特質」

13:10~14:00
中国の青銅器文化 王巍(中国社会科学院考古研究所長)

14:00~14:50
韓国の青銅器文化の起源 李健茂(前・国立中央博物館長)

14:50~15:40
ヨーロッパの青銅器文化 宇野隆夫(国際日本文化研究センター)

研究報告2「青銅器文化の起源・系譜」

15:50~16:30
北方ユーラシアの青銅器文化 高浜秀(金沢大学)

16:30~17:10
長城以北の青銅器 宮本一夫(九州大学)

17:10~17:40
小黒石溝遺跡と出土の青銅器―遼西青銅器文化の墓―
塔拉(内蒙古文物考古研究所)

18:00~20:00
レセプション(レストラン・さくら)

第2日目 12月2日(土)

9:30~10:00
双房と二道河子―遼東青銅器文化の墓― 
郭大順(遼寧省文物考古研究所)

10:00~10:40
ロシア沿海地方と周辺の青銅器時代 臼杵勲(札幌学院大学)

10:40~11:20
殷周青銅器文化の拡大 甲元眞之(熊本大学)

11:30~12:00
朝鮮半島青銅器時代前期の銅剣 庄田慎矢(高麗大学校)

12:00~13:00
昼食

研究報告3「青銅器文化の年代」

13:00~13:40
中国青銅器文化の年代 石川岳彦(国立歴史民俗博物館)

13:40~14:20
日韓青銅器文化の年代 藤尾慎一郎(国立歴史民俗博物館)

研究報告4「青銅器の地域性と流通」

14:20~15:00
朝鮮半島の青銅器 岡内三眞(早稲田大学)

15:15~15:55
武器形青銅器 吉田広(愛媛大学)

15:55~16:35
銅鐸 難波洋三(京都国立博物館)

16:35~17:15
東南アジアの銅鼓 新田栄治(鹿児島大学)

第3日目 12月3日(日)

研究報告5「青銅器の儀礼」

9:30~10:10
殷周青銅器と儀礼 岡村秀典(京都大学)

10:10~10:50
朝鮮青銅器文化の儀礼 後藤直(東京大学)

11:00~11:30
鏡と儀礼 李陽洙(国立晋州博物館)

11:30~12:10
中国周辺地域の銅戈 小林青樹(國學院大學栃木短期大学)

12:10~13:10
昼食

13:10~13:50
銅鐸と儀礼 春成秀爾(国立歴史民俗博物館)

14:00~15:20
全体討論
閉会挨拶  西本豊弘(国立歴史民俗博物館)
司会 岡村秀典、岡内三眞、春成秀爾