第90号 1998年9月20日発行

題字解説

  • 特集:地震を読む
  • 連載 歴史の証人 写真による〈館蔵資料紹介〉
    鯰絵

表紙解説

鯰絵 大都会無事/鯰絵 弁慶なまづ道具
(国立歴史民俗博物館蔵)

(1)「大都会無事」(おおつえぶじ)

「大都会無事」は,江戸時代後期に大流行した,近江国大津発祥の俗曲「大津絵節(おおつえぶし)」のもじり.「大津絵」とは,江戸時代に大津近辺で土産物用に製作された,素朴な彩色画をいい,その代表的画題に「瓢箪鯰(ひょうたんなまず)」(奴(やっこ)や猿が瓢箪で鯰を押さえる図柄)がある.「火難目石」(要石(かなめいし))を高々と持ち上げる鯰の姿は,俵などの曲持ちを見せる「力持ち」と称する大道芸人の見立て.

(2)「弁慶なまづ道具」

京の五条の橋のたもとに立つ鯰の弁慶.損壊した家屋を再建するための,地ならし用の鍬・柱を立てる大槌・壁を塗るコテなどの大工道具を「七つ道具」ならぬ「なまづ道具」と称して背負っている.
鯰(地震)は,江戸の人々に悲惨な損害を与えた一方で,再建景気をもたらすという一面もあった.傾斜気味に描かれた五条橋は,江戸の日本橋(反り橋型)を暗示する.

(腮尾尚子)

目次

巻頭エッセイ 博物館へ行こう!

「身近なものに価値がある? 近くの不思議を見つけよう.」 / 下山 覚

歴史の証人 写真による〈館蔵資料紹介〉

鯰絵 / 腮尾尚子

[特集] 地震を読む

  • 天明三年の鎌原村からのメッセージ / 斎藤 洋一
  • 中世の地震と港湾都市 / 矢田 俊文
  • [コラム] 下田の地震と復興 / 土屋 喜敬
  • [コラム] 鎌倉の地震と政変 / 高橋 一樹
  • [コラム] 伏見地震と阪神・淡路大震災 / 寒川 旭
  • [コラム] 子どもの絵から関東大震災を読む / 新井 勝紘

歴博対談 第20回

古代の祈りと祭り / [水野 正好+小林 達雄]

書評

仁藤敦史著 『古代王権と都城』 / 狩野 久

展示批評

企画展示 「布のちから・布のわざ」
襤褸・継ぎあて・裂き織り / 小川直之

地球時代の日本研究 第9回

男と女の日本学 / 殿村 ひとみ

《歴史への招待状》

[企画展示] 幻の中世都市 十三湊
―海から見た北の中世― / 千田嘉博

[企画展示] 収集家100年の軌跡
―水木コレクションのすべて― / 高橋一樹

歴博かわら版