第182号 2014年1月30日

題字解説


目次

[特集] 保護地域(世界遺産や国立公園)と地域社会

  • 保護地域に指定されることで護られるもの・失われるもの/柴崎 茂光
  • 御柱と地域社会-近世阿波・那賀川流域を事例に-/町田 哲
  • 北海道における森林の開発・保護と森林鉄道関連遺構/八巻 一成
  • 国立公園と地域開発-離島の生業と観光化/葉山 茂
  • 三陸復興国立公園の創設と地域文化の保全/山本 清龍
  • [コラム] 房総半島をめぐる資源保護と利用の歴史/西谷 大
  • [コラム] 自然公園は山村の文化的景観を守れるか/奥 敬一

歴史の証人 写真による収蔵品紹介

「石川県白山麓山村生活用具」について/青木 隆浩

歴博への招待状

企画展示 「歴史にみる震災」 いま、震災の歴史を見直すこと/原山 浩介

シリーズ歴博三〇周年11-研究者紹介69

雑学情報論のすすめ/八重樫 純樹

博物館展示のいま34

リアス・アーク美術館「博物館における表現の課題について
-リアス・アーク美術館常設展示『東日本大震災の記録と津波の災害史』での試み」/山内 宏泰

書評

国立歴史民俗博物館・青木隆浩編
歴博フォーラム 民俗展示の新構築 「地域開発と文化資源」
遺産開発の中に可能性を見いだす視点/俵木 悟

れきはく井戸端会議[展示室Q&A]

歴博かわら版