このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび当館では、2017年9月12日(火)~ 10月22日(日)の期間、総合展示 第3展示室副室において、特集展示「年号と朝廷」を開催します。

当館は、館蔵資料を中心に年号に関する調査・研究をおこなってきました。本展では、年号制定の歴史を振り返り、今なお使われている年号がどのような手続きや原理によって決められたかを紹介します。年号制定をめぐる朝廷官人たちによる駆け引きや議論を有利に運ぶための「傾向と対策」についても取り上げます。展示品と解説文を見ていくと、年号と日本の文化・学術・思想との深いつながりに気づくことでしょう。

年号使用の歴史を体感してもらうために、ワークシートを利用しながら年号が記されている資料を求めて館内を探検するプログラムも用意しています。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 『年号と朝廷

開催期間2017年9月12日(火)~10月22日(日)

開催期間 2017年9月12日(火)~10月22日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 ~ 9月  9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
10月~ 9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

現在の我々の生活の色々な局面に顔を出す「年号」。書類を記入しながら、今年が平成何年だったかを確認し直したこともあるでしょう。本展では、私たちの生活や考え方に影響を与え続けている年号がどのようにして決められたか、その歴史を振り返ります。改元がなされる理由、年号に使われる文字や改元のプロセス、さらにはそのプロセスに関わった朝廷官人たちの思惑とせめぎ合い、これらは、日本の思想、政治、学術、言語などに関わる様々な要素と密接に関連しています。

当館では、所蔵する公家「広橋家」の年号関係資料について共同研究を行ってきました。その成果に基づく今回の展示と関連企画が、年号が持つ意味について考えていただく機会となれば幸いです。

みどころ

・国宝・重要文化財を含む、年号に関わる資料約25点を公開!
・鎌倉時代に改元の諮問会議に参加した広橋経光の直筆資料を展示し解説

【展示代表】

水上 雅晴 みずかみ まさはる(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)

専門は中国哲学・日本漢学
主な研究テーマは、中国清代の学術、儒家経典の解釈史、日本における漢籍の受容、琉球漢学など
北海道大学文学部助手・助教、琉球大学教育学部准教授・教授を経て、現在は中央大学文学部教授
共同研究「広橋家旧蔵文書を中心とする年号勘文資料の整理と研究」代表

主な展示資料

・元秘抄(げんぴしょう)(高松宮家伝来禁裏本(たかまつのみやけでんらいきんりぼん))
・〔重要文化財〕経光卿改元定記(つねみつきょうかいげんさだめき)(「民経記(みんけいき)(経光卿記(つねみつきょうき))」の一部。広橋家旧蔵記録文書典籍類(ひろはしけきゅうぞうきろくもんじょてんせきるい))
・〔重要文化財〕周易(しゅうえき)(田中穣氏旧蔵典籍古文書(たなかゆたかしきゅうぞうてんせきこもんじょ))
・〔国宝〕宋版史記(そうはんしき)(黄善夫刊本(こうぜんぷかんぽん))
・〔国宝〕宋版漢書(そうはんかんじょ)(慶元刊本(けいげんかんぽん))
・北野縁起絵巻(きたのえんぎえまき)(岩松宮本(いわまつみやぼん))

(すべて本館蔵)
計約25点(展示替えがあります)

関連イベント

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
9月16日(土) 10:30~11:15
水上 雅晴(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)

※開始時間までに第3展示室副室にお集りください。

ワークシート「展示資料に『年号』を探せ!」

年号が記されている資料を求めて、館内を探索しよう!
※展示期間中、毎日開催(配布場所:第2展示室)

歴博フォーラム

第106回「年号と日本文化」

日時 9月16日(土)13:00~16:00
講師 水上 雅晴(国立歴史民俗博物館客員教授・中央大学文学部教授)他(3名)
会場 国立歴史民俗博物館 講堂

事前申込制、当館ホームページ内申込みフォームまたは往復はがきにて。定員260名(定員に達し次第締切)

国際シンポジウム

「年号と東アジアの思想と文化」

日時 10月21日(土)、22日(日)※時間はれきはくホームページにてお知らせします
講師 清水正之(聖学院大学学長)、鄭吉雄(香港教育大学文化史講座教授)他
会場 国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム

事前申込制、研究者向け、定員55名(抽選)

その他歴博で開催する催事

【企画展示】「1968年」-無数の問いの噴出の時代-

10月11日(水)~ 12月10日(日)本館企画展示室A・Bにて開催
開館時間 9:30~16:30(最終入館16:00)
入 場 料 一般830円、高校生・大学生450円、中学生以下無料

【第4展示室 特集展示】「国立公園 今昔(こんじゃく)」

8月1日(火)~ 2018年1月8日(月祝)本館第4展示室副室にて開催
開館時間 ~9月 9:30~17:00(最終入館16:30)/10月~ 9:30~16:30(最終入館16:00)
入場料 一般420円、高校生・大学生250円、中学生以下無料

【くらしの植物苑 特別企画】季節の伝統植物「伝統の古典菊」

10月31日(火)~ 11月26日(日)くらしの植物苑にて開催
開苑時間 9:30~16:30(最終入苑16:00)
入 苑 料 高校生以上100円


※ほか、歴博講演会やくらしの植物苑観察会なども開催中

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。
画像(JPEG)はメールで送信いたします。
問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「平成29年度 第3展示室 特集展示「年号と朝廷」」の広報に関するものに限ります。展覧会終了後の使用、ならびに2次使用はできません。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物(掲載面PDF)をご送付ください。
  • ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下または72dpi以下のサイズにしてください。
  • ウェブ上に掲載する場合は、必ずコピーガードを施してください。
  • ウェブ掲載の際は「作品画像の転載、コピーは禁止」の旨を明記してください。

1) 「醍醐天皇への右大弁公忠の奏上」(『北野天神縁起(岩松宮本)中巻』)

菅原道真死後の出来事が書かれている部分。延喜(901-923)から延長(923-931)への改元は、醍醐天皇が自分で年号の文字を選ぶという通常とは異なる形で実施されたが、その状況が説明されている。

2) 『元秘抄』5冊本(高松宮家伝来禁裏本)

改元に関わる公卿用の「傾向と対策」資料集。

3) 重要文化財『周易』(田中穣氏旧蔵典籍古文書)

『易経(えききょう)』の鎌倉写本。「白点(はくてん)」の痕跡が多数ある。

4) 国宝 宋版史記(黄善夫刊本)

刊本としては現存最古の『史記』で、全130巻(90冊)が揃っている。

5) 国宝 宋版漢書(慶元刊本)

刊本としては現存最古の『漢書』で、全120巻(60冊)が揃っている。

 

6) 〔重要文化財〕経光卿改元定記(広橋家旧蔵記録文書典籍類)※

年号制定の会議に参加した広橋経光(1212-1274)による貴重な直筆記録。
※「民経記(みんけいき)(経光卿記(つねみつきょうき))」の一部。広橋家旧蔵記録文書典籍類(ひろはしけきゅうぞうきろくもんじょてんせきるい)

 

※すべて本館蔵

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 総務課
広報サービス室広報係 松澤・大賀・稲元

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp