このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

当館では2016年10月18日(火)~12月18日(日)の期間、総合展示 第3展示室において、特集展示「百貨店と近世の染織」を開催します。この展示は、同時期に開催される企画展示「身体をめぐる商品史」第Ⅱ章「流行の創出と「伝統」の発見」と連動しています。

近代の百貨店は、多くが呉服商を前身としているため、女性の着物の販売に力を入れていました。そして、新柄の着物の販売を促進するために、歴史的な資料を参考品として陳列することが頻繁に行われていました。本展では、近代の百貨店が開催した展覧会をとりあげ、そこで実際に陳列された近世の染織品を展示します。そして、これらの染織品を百貨店がいかに利用したかを見ていくことにより、文化が発見され、消費されるさまを示します。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『百貨店と近世の染織』

開催期間2016年10月18日(火)~ 12月18日(日)

開催期間 2016年10月18日(火)~ 12月18日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)
主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館

趣旨

展覧会が開催されるのは、博物館や美術館などの専門施設だけではありません。百貨店も主要な場の一つです。近代において、百貨店では、新製品を売り出すにあたり、参考品として歴史的な資料を陳列することが行われました。それは、歴史的な裏付けがあるという価値を新製品に与え、所持することの趣味の良さを訴えかける効果がありました。

本展では、「慶長風俗展覧会」(銀座・松屋呉服店、大正15年)、「近松時代風俗展覧会」(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)、「友禅遺品展覧会」(高麗橋および日本橋・三越呉服店、大正9年)と「友禅斎謝恩碑落成法要」(大正10年)をとりあげ、そこで実際に陳列された近世の染織品を展示します。そして、これらの染織品を百貨店がいかに利用したかを見ていくことにより、文化が発見され消費されるさまを示します。

なお、本展は同時期に開催の企画展示「身体をめぐる商品史」の第Ⅱ章「流行の創出と「伝統」の発見」と連動するものです。

みどころ

  • 近世の染織品とともに、それを参考にして制作された着物の図案を写真パネルで紹介します。近世の染織品をもとに、どのように新たな製品がつくられたかが、具体的に御覧いただけます。
  • 日本の代表的な染色技法である友禅染。「友禅遺品展覧会」と「友禅斎謝恩碑落成法要」は、友禅染の祖師を探求し、「天才の芸術家」として顕彰するものでした。天才にはじまる芸術という、友禅染の「伝統」が意図的に創造されていく過程がわかります。
  • 展示する近世の染織品のほとんどが、国内はもとより海外でも高い評価を得ている野村正治郎(古美術商、1879~1943年)のコレクションです。江戸時代の小袖の優品がまとまって見られる貴重な機会にもなっています。

【展示代表 紹介】

澤田和人(さわだ かずと)

国立歴史民俗博物館 情報資料研究系 准教授
専門は染織史。服飾史。絵画史(絵巻)。特に、中世を中心とする染織および服飾・衣装風俗に関する研究をしている。1998年に文学修士(大阪大学)を取得。現在、国立歴史民俗博物館研究部准教授を務める。

主な展示資料

・桜花藤模様小袖(おうかふじもようこそで)(屏風装)(慶長風俗展覧会出陳品)
・藤花舟模様帷子(ふじばなふねもようかたびら)(近松時代風俗展覧会出陳品)
・舟楓千鳥模様小袖(ふねかえでちどりもようこそで)(近松時代風俗展覧会出陳品)
・幔幕桜楓模様振袖(まんまくさくらかえでもようふりそで)(友禅遺品展覧会出陳品)
・松梅鶴模様振袖(まつうめつるもようふりそで)(友禅斎謝恩碑落成法要出陳品)
・藤尾長鳥模様振袖(ふじおながどりもようふりそで)(友禅斎謝恩碑落成法要出陳品)

以上、本館蔵
計約20点(展示替があります)

 

その他歴博で開催する催事

企画展示「身体をめぐる商品史」

10月18日(火)~ 12月18日(日) 
本館企画展示室A・Bにて開催、9:30~16:30(最終入館16:00)
入館料 一般830円、高校生・大学生450円、中学生以下無料

くらしの植物苑 特別企画 季節の伝統植物「伝統の古典菊」

11月1日(火)~ 11月27日(日)
くらしの植物苑にて開催、9:30~16:30(最終入苑16:00)
入苑料 高校生以上100円

 

他、歴博講演会やくらしの植物苑観察会なども開催中。

 

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。画像(JPEG)はメールで送信いたします。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「平成28年度第3展示室特集展示『百貨店と近世の染織』」の広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 桜花藤模様小袖(おうかふじもようこそで)(屏風装)

江戸時代前期・17世紀
慶長風俗展覧会(銀座・松屋呉服店、大正15年)出陳品

2) 藤花舟模様帷子(ふじばなふねもようかたびら)

江戸時代中期・17~18世紀
近松時代風俗展覧会(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)出陳品

3) 舟楓千鳥模様小袖(ふねかえでちどりもようこそで)

江戸時代中期・18世紀
近松時代風俗展覧会(長堀橋・高島屋呉服店、大正11年)出陳品

4) 幔幕桜楓模様振袖(まんまくさくらかえでもようふりそで)

江戸時代後期・19世紀
友禅遺品展覧会(高麗橋および日本橋・三越呉服店、大正9年)出陳品

5) 松梅鶴模様振袖(まつうめつるもようふりそで)

江戸時代後期・19世紀
友禅斎謝恩碑落成法要(大正10年)出陳品

6) 藤尾長鳥模様振袖(ふじおながどりもようふりそで)

江戸時代中期・18世紀
友禅斎謝恩碑落成法要(大正10年)出陳品

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 松澤・宮村・稲元

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp