このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

当館では2016年5月17日(火)~6月19日(日)の期間、総合展示 第3展示室副室において、特集展示「杜若と菖蒲・花菖蒲-意匠と文化-」を開催します。

佐倉市主催の平成28年度市町村あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、当館においても関連展示を開催することとなりました。杜若は工芸品のデザインとして多彩に用いられ、菖蒲は端午の節句など年中行事でもよく知られています。花菖蒲も江戸から明治にかけて数多くの品種がつくり出されて花菖蒲園が生まれるなど、私たちの身近な植物といえます。

本展では、館蔵資料の中にも豊富に見出される杜若・菖蒲・花菖蒲関係の資料を、意匠・園芸・名所といった視点のテーマに分けて展示し、日本の文化の中にこれらの植物が広く深く根付いていることを改めてご紹介します。

つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『杜若と菖蒲・花菖蒲‐意匠と文化‐』
開催期間2016年5月17日(火)~6月19日(日)
開催期間 2016年5月17日(火)~6月19日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円
中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日
主催 国立歴史民俗博物館

趣旨

佐倉市主催の平成28年度あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、当館においても関連展示を開催することとなりました。

杜若は美術工芸品のデザインとして多彩に用いられ、端午の節句のように菖蒲と関わる年中行事もよく知られています。鑑賞用としても愛されており、とくに花菖蒲は江戸から明治にかけて数多くの品種がつくり出されて花菖蒲園も誕生しています。

本展では館蔵品を中心とする杜若・菖蒲・花菖蒲関係の資料を、意匠・園芸・名所といった視点のテーマに分けて展示します。日本人がつくりあげてきた植物を愛する文化の一端を、感じていただければ幸いです。

みどころ

杜若の意匠

「意匠化の中で」のコーナーでは、江戸時代の小袖を中心に杜若の意匠を見ていきます。杜若と組み合わせられるモティーフには、意味が隠されていることが少なくありません。その多くは、『伊勢物語』の八橋を寓意しています。組み合わせてあるモティーフの謎解きをすることにより、江戸時代の人々が、まるで連想ゲームをするかのように意匠を楽しんでいた様子をお示しします。

人気くらべ

江戸園芸三花(朝顔・花菖蒲・菊)の一つに数えられる花菖蒲は、品種改良が盛んに行われ、数多くの品種がつくり出されたことを、「品種の改良」のコーナーで示します。品種の豊富さという点では、花菖蒲がもっとも人気が高かったと考えられがちです。ところが、「切り花として」のコーナーで示しますが、切り花としては、杜若の方が人気がありました。一年を通じて花を楽しめるようにしたことが、切り花として杜若が重宝された理由であったと考えられます。江戸時代の人々は、それぞれの花の魅力を最大限に引き出す工夫をしていたと言えましょう。

主な展示資料

・杜若八橋模様小袖
・藤流水杜若模様振袖
・流水杜若水葵飛燕模様小袖
・杜若模様紙入れ
・歌川豊国(三代)・歌川広重(初代)画 当盛六花撰のうち菖蒲
・豊原国周画 花菖蒲浴衣侠客揃のうち中村芝翫
・『江戸名所花暦』
・立祥画 東京名所三十六花撰のうち東京堀切花菖蒲
・小林清親画 堀切花菖蒲
以上 本館蔵

・『花菖培養録』
・『剪花翁伝前編』
以上 個人蔵

など約25点

 

関連の催し物

展示解説会のご案内

日時 5月17日(火)11時00分~
会場 本館第3展示室副室にて開催

当展示プロジェクト委員による展示解説を行います。事前予約等は必要ございません。詳細につきましては下記「このリリースに関するお問い合わせ」までお問合せください。

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

その他の催し物

企画展示

「万年筆の生活誌-筆記の近代-」

開催日時:2015年3月8日(火)~ 5月8日(日) 9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
入場料:一般 830(560)円/高校生・大学生 450(250)円/小・中学生 無料 ※( )内は20名以上の団体

総合展示 第4展示室 特集展示

「柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-」

開催日時:2015年4月12日(火)~2016年10月10日(日)
~9月 9:30~17:00(入館は16:00まで)、 10月~ 9:30~16:30(入館は16:00まで)
会場:国立歴史民俗博物館 第4展示室副室
入場料:一般 420(350)円/高校生・大学生 250(200)円/小・中学生 無料 ※( )内は20名以上の団体

歴博講演会

第388回「万年筆の魅力」

2016年4月9日(土) 小池 淳一(本館民俗研究系)
歴博ガイダンスルームにて開催、第1回10:30~11:30 第2回13:00~14:00(2回とも同じ内容です)、
入場無料、申込不要、先着順(定員各回90 名)※当日開館時より総合案内で整理券を配布します。

第389回「遺跡が語る先島(八重山・宮古)と琉球」

2016年6月11日(土) 小野 正敏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
歴博講堂にて開催、13:00~15:00、入場無料、申込不要、先着順(定員260名)

くらしの植物苑 特別企画

季節の伝統植物「伝統の桜草」

開催日時:4月12日(火)~ 5月8日(日) 9:30~16:30(入苑は16:00まで)
会場:くらしの植物苑
入苑料:高校生以上100円

くらしの植物苑観察会

くらしの植物苑にて開催、13:30~15:30、事前申込不要、要入苑料

第205回「江戸の花とさくらそう」

2016年4月23日(土) 半田 高(明治大学農学部)

第206回「古代王権と植物」

2016年5月28日(土) 松木 武彦(本館考古研究系)

第207回「盆行事にもちいる植物」

2016年6月25日(土) 山田 慎也(本館民俗研究系)

※そのほか、歴博フォーラム(要事前申込)も開催します。詳しくは、フォーラムページをご覧ください。

広報用素材の提供について

ご希望の写真を送付いたしますので、プレスリリースの画像番号をご連絡ください。画像(JPEG)はメールで送信いたします。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「平成27年度第3展示室特集展示『杜若と菖蒲・花菖蒲-意匠と文化-』」の広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 花菖蒲浴衣侠客揃のうち中村芝翫
豊原国周

2) 当盛六花撰のうち菖蒲
歌川豊国(三代)・歌川広重(初代)
3) 堀切花菖蒲 小林清親 4) 杜若模様紙入れ
5) 杜若八橋模様小袖 6) 杜若八橋模様小袖(部分)
7) 流水杜若水葵燕模様小袖 8) 藤流水杜若模様振袖
※すべて本館蔵

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 松澤・小林・稲元

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp