このページの目次
開催要項関連の催し物その他の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下益々ご清祥のことと、お慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

当館では2月24日より、平成20年度企画展示『錦絵はいかにつくられたか』を開催します。当館では昨年度に新発見の錦絵の版木を345枚入手しました。錦絵の版木はきわめて遺存しにくいため、質量ともに世界最大級の錦絵版木コレクションとなっています。今回の企画展示ではそれらの一部を錦絵とともに展示し、錦絵の成り立ちについて‘流通’‘世相’‘技術’の各面から考察します。

また、科学的手法を用いて錦絵の絵の具を分析したり、完全に彫り上げられたものの出版されることがなかった版木を三次元形状計測の技術を駆使して再現します。

当館の研究成果についてご理解いただき、当館へのより一層のご支援をいただけたらと存じます。つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

敬具

開催要項

錦絵はいかにつくられたか
開催期間2009年2月24日(火)~5月6日(水)
開催期間 2009年2月24日(火)~5月6日(水)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
料金

一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体

※常設展もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。

開館時間 2月28日まで:9時30分~16時30分 (入館は16時00分まで) 3月1日から:9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は翌日)
3月2日(月)・9日(月)・16日(月)・23日(月)・30日(月)・4月6日(月)・13日(月)・20日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

関連の催し物

内覧会のご案内

日時 2月23日(月) 13時30分~ (13時00分より受付)
会場 国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム・企画展示室にて

当展示プロジェクト委員による展示解説を行います。
詳細につきましては下記「このリリースに関するお問い合わせ」までお問合せください。

展示についてのお問い合わせ電話番号

ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

歴博講演会

各回共通

会場 歴博講堂
備考 14時00分~16時00分、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第303回「錦絵の流通」

日時 3月14日(土)
講師 大久保 純一(当館情報資料研究系)

第304回「伊勢市の版木に見る錦絵の彫と摺」

日時 4月11日(土)
講師 岩切 友里子(国際浮世絵学会編集員)

錦絵の重ね摺り体験

錦絵の多色刷原理を簡易に再現した樹脂製の版を用意し、色摺りを体験していただく予定です。実施の際は、詳細が決まり次第当館HP上にてお知らせいたします。

ギャラリートーク

会期中の土曜日を中心に数回実施予定です。実施の際は、詳細が決まり次第当館HP上にてお知らせいたします。

印刷物

展示図録、展示解説シート、ポスター・チラシ、ワークショップ用キーワードブック、入場券・招待券
※図録及び販売物についてのお問い合わせ 
財団法人 歴史民俗博物館振興会
電話043-486-8011(9時30分から17時00分まで)
E-mail:shop@rekishin.or.jp

その他の催し物

歴博映画の会

詳細はこちらを参照

歴博講演会

各回共通

会場 歴博講堂
備考 14時00分~16時00分、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第302回「中世考古学が語る町・村・山の職人たち」

日時 2月14日(土)
講師 小野 正敏(当館副館長)

第303回「錦絵の流通」

日時 3月14日(土)
講師 大久保 純一(当館情報資料研究系)

第304回「伊勢市の版木に見る錦絵の彫と摺」

日時 4月11日(土)
講師 岩切 友里子(国際浮世絵学会編集員)

歴博探検

各回共通

時間 午前11時00分~午後12時30分
備考 小学校高学年~中学生対象 (保護者の方も参加できます)、ガイダンスルームにて開催、要事前申込、参加費無料、定員20名

「沖縄の自然と歌」

日時 2月14日(土)
講師 内田 順子(当館民俗研究系)

「季節行事の由来」

日時 3月14日(土)
講師 新谷 尚紀(当館民俗研究系)

くらしの植物苑観察会

各回共通

会場 くらしの植物苑
備考 13時30分から(8月23日は10時から)、事前申込不要、要入苑料

第119回観察会「木の文化~ブナの林と木地屋の世界」

日時 2月28日(土)
講師 中川 重年(当館客員教授)

第120回観察会「くらしの植物苑と木の利用」

日時 3月28日(土)
講師 中川 重年(当館客員教授)

企画展示

「建築文化からみた東アジアと日本(仮)」

平成21年6月30日(火)~8月30日(日) 開催予定

企画展示関連ホームページはこちら

※同企画展示の準備状況や、前提となる「東アジアの伝統建築」についての情報をご覧いただけます。

第3展示室ミニ企画展示

「和宮ゆかりの雛かざり」 平成21年2月10日(火)~3月8日(日)

「目で見る江戸の料理文化」平成21年4月14日(火)~5月31日(日)

くらしの植物苑特別企画

「木の文化~ブナの林と木地屋の世界」 平成21年2月10日(火)~3月29日(日)

「伝統の桜草」平成21年4月14日(火)~5月6日(水・祝)

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は、平成20年度企画展示『錦絵はいかにつくられたか』の広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

第一部 絵双紙屋

1) 今様見立士農工商(いまようみたてしのうこうしょう) 商人(しょうにん)

(三代歌川豊国:当館蔵)

1)-2 今様見立士農工商 商人 (部分)

(当館蔵)

2) 大日本物産図会(だいにっぽんぶっさんずえ) 東京錦絵製造之図(とうきょうにしきえせいぞうのず)

(三代歌川広重:当館蔵)

第二部 錦絵出版事情

3) 源頼光公館土蜘作妖怪図(みなもとのよりみつこうやかたつちぐもようかいをなすず)

(歌川国芳:当館蔵)

3)-2 源頼光館土蜘作妖怪図 (部分)

(当館蔵)
源頼光(みなもとのよりみつ)は実在の人物ですが、大江山の酒呑童子等の妖怪退治で知られています。3)図は12代将軍徳川家慶(とくがわいえよし)と家臣を源頼光と四天王に見立てて天保の改革を風刺したもので、源頼光(図3)-2右)は徳川家慶、卜部季武(うらべすえたけ)(図3)-2左)は老中水野忠邦(みずのただくに)を暗示しているとの噂がたち、大評判となりました。

4) 坂東しうか死絵

(当館蔵)
死絵とは、江戸後期から明治にかけて出された、歌舞伎役者を追悼する錦絵です。役者が死装束をまとったものや役者の肖像画に拝礼するもの、死者が役者を迎えにくるものなど、さまざまな形式のものがあります。右図の坂東(ばんどう)しうか死絵は、鬼の担いだ駕籠にのってあの世にやってきたしうかが、前年に亡くなった八代目市川団十郎の部屋に招きいれられるという設定で描かれたものです。

5) 富士の裾野巻狩之図

(歌川貞秀:当館蔵)
これは源頼朝による富士の裾野の巻狩りの景を描くと見せて、徳川将軍による嘉永2年に行われる予定の小金原の鹿狩りの光景を前年に描いたものです。本図出版の経緯は『藤岡屋日記』にも詳しく記録されており、江戸末期の錦絵出版事情を知る具体例となっています。小金原は幕府が軍馬を育成するための放牧場で、現在の千葉県北西部松戸付近に位置します。小金原の鹿狩りには軍事演習や害獣駆除等の目的があり、江戸時代を通して計4回行われました。

第三部 版木から見る錦絵

6) 鏗鏘手練鍛(さえたてのうちきたひ)の名刃(わざもの) 阿波(あわ)の十郎兵衛(じゅうろうべえ)

(歌川国芳:当館蔵)

6)-2 鏗鏘手練鍛の名刃 阿波の十郎兵衛 (版木と錦絵)

(歌川国芳:当館蔵)

7) 時世朝桜

(三代歌川豊国:当館蔵)

8) 源氏雲浮世画合(げんじくもうきよえあわせ) 幻 仁木直則

(歌川国芳:当館蔵)

第四部 科学の目で見る錦絵

9) 東海道五十三対(とうかいどうごじゅうさんつい) 鳴海(なるみ) (版木)

(当館蔵)

9)-2 東海道五十三対 鳴海

(三代歌川豊国:当館蔵)

10) ラマンイメージング装置

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 横尾・島田・中村

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp