このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓  時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたび、当館くらしの植物苑におきまして、特別企画「冬の華・サザンカ」展を開催いたします。サザンカはツバキとともに冬を彩る数少ない園芸品種の代表です。サザンカのなかまは、「サザンカ群」、「カンツバキ群」、「ハルサザンカ群」、「タゴトノツキ群」の4つに分けられますが、当館ではいずれの系統も維持することにつとめて参りました。

今回の特別企画では、当館で栽培・育種したおよそ150品種にもおよぶサザンカのなかまを鉢植えで展示します。開花時期が11月のサザンカ群からタゴトノツキ群、カンツバキ群、ハルサザンカ群の順にずれているため、会期を2ヶ月としました。ぜひ、次々と別の品種の花が咲いていく様子をお楽しみください。

謹白

開催概要

くらしの植物苑特別企画「冬の華・サザンカ」
開催期間2008年12月2日(火)~2009年2月1日(日)
開催期間 2008年12月2日(火)~2009年2月1日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(高校生以上) 100円
団体(20名以上) 50円 
※小中学生は入苑無料
※毎週土曜日は高校生は入苑無料
開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時まで)
休苑日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、
年末年始休苑 2008年12月27日(土)~2009年1月4日(日)
主催 国立歴史民俗博物館

サザンカ群:御美衣

詳細はこちら

関連の催し物

内覧会のご案内

日時 12月2日(火)13時30分~
会場 くらしの植物苑にて

期間中の植物苑催事のご案内

(くらしの植物苑東屋にて開催、事前申し込み不要、要入苑料)

[1] くらしの植物苑観察会 第117回「サザンカの文化史」

日程 12月6日(土) 13時30分~
講師 箱田 直紀 (元恵泉女学園大学)

[2] くらしの植物苑観察会 第118回「武蔵野の平地林の保全」

日程 平成21年1月24日(土) 13時30分~
講師 犬井 正 (獨協大学)

展示についてのお問い合わせ

電話番号 ハローダイヤル:03-5777-8600 (8時00分から22時00分まで)

※くらしの植物苑関係の刊行物・絵葉書のお問い合わせは(財)歴史民俗博物館振興会へ。
電話043-486-8011,Fax:043-486-8008 e-mail:shop@rekihaku.or.jp

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は、「平成20年度くらしの植物苑特別企画『冬の華・サザンカ』」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを200ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) サザンカ群

1)_1 御美衣(おみごろも)(江戸サザンカ)

1)_2 桜月夜(さくらづくよ)(肥後サザンカ)

1)_3 雪山(せつざん)(江戸サザンカ)

1)_4 爪折笠(つまおりがさ)(江戸サザンカ)

1)_5 三頭咲(さんとうざき)

1)_6 自生のサザンカ

2) カンツバキ群

2)_1 四国紅(しこくべに)

2)_2 秋月(あきづき)

2)_3 敷島(しきしま)(肥後サザンカ)

2)_4 曵馬乙女(ひくまおとめ)

3) ハルサザンカ群

3)_1 吉良緋竜(きらひりゅう)

3)_2 古金襴(こきんらん)

3)_3 絞笑顔(しぼりえがお)

3)_4 宝塚八重(たからづかやえ)

4) タゴトノツキ群

4)_1 銀宝(ぎんぽう)

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 横尾・島田・中村

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp