このページの目次
開催概要関連の催し物その他の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下益々ご清祥のことと、お慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、 格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。 当館では7月1日より、平成20年度企画展示『旅-江戸の旅から鉄道旅行へ-』を開催します。 当館の研究成果についてご理解いただき、当館へのより一層のご支援をいただけたらと存じます。 つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し 上げます。

敬具

開催概要

旅-江戸の旅から鉄道旅行へ-
開催期間2008年7月1日(火)~8月31日(日)
開催期間 2008年7月1日(火)~8月31日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室 A・B
料金 一般 830円 (560円) 
高校・大学生 450円 (250円)
小・中学生 無料
*( )内は20名以上の団体料金
※常設展もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
開館時間 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
休館日 7月7日(月)・14日(月)・22日(火)・28日(月) ・8月4日(月)・18日(月)・25日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

関連の催し物

ミニSLの運行

ミニSLの乗車体験イベントをおこないます。

会場 2008年8月2日(土)、3日(日)
10時00分~12時00分、13時00分~16時00分
備考 芝生広場 (雨天中止。また、1日(金)が雨天の場合はスケジュールの変更があります。)
料金 無料(※整理券を配布いたします)

千葉県立船橋高校鐵道研究部による鉄道模型(Nゲージ)の運行

日時 7月20日(日)、27日(日)
8月2日(土)、3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日)、31日(日)
10時半以降から1時間間隔で1回15分程度 予定
※メンテナンス等により、運行時間が変更となる場合があります。
会場 エントランスホール

明治5年、新橋・横浜間に鉄道が敷設され、同22年には東海道線が全線開通いたしました。鉄道は輸送手段として導入されましたが、旅行者にとっては鉄道に乗ること自体が目的でもありました。明治5年、新橋-横浜が開通すると、旅行者には新しい遊具にでも乗るような感覚で、鉄道に乗車しています。 鉄道を楽しむことは、次第に鉄道趣味へと発展し、鉄道模型の製作が日本でも行われるようになり、今日に至っています。ミニSLの運行・鉄道模型(Nゲージ)の運行は、こうした鉄道趣味の象徴として実施するものです。
千葉県立船橋高等学校鐵道(てつどう)研究部は県内有数の鐵道研究部で、同好会から数えて39年の歴史があります。鉄道模型の運行を千葉県立船橋高等学校鐵道研究部に依頼するのは、当館の展示に高校生を参加させることにより、当館を身近に感じてもらうこと、当館に関心を持ってもらうことを目的としています。

歴博フォーラム

詳細はこちら

ギャラリートーク

実施の際は、詳細は追って当館HP上などで紹介いたします。

歴博講演会

各回共通

会場 歴博講堂にて開催
時間 14時00分~16時00分
備考 入場無料、当日先着順に受付、定員260名

[1]第294回「旅から旅行へ」

日程 6月14日(土)
講師 山本光正(当館歴史研究系)

[2]第295回「女たちの伊勢参り」

日程 7月12日(土)
講師 山本志乃(旅の文化研究所)

[3]第296回「『伝統の朝顔』展10年のあゆみ」

日程 8月9日(土)
講師 仁田坂英二(九州大学大学院)、平野恵(文京ふるさと歴史館)、岩淵令治(当館歴史研究系)

歴博探検

各回共通

時間 午前11時00分~午後12時30分
対象 小学校高学年~中学生(保護者の方も参加できます)
備考 ガイダンスルームにて開催、要事前申込、参加費無料、定員20名

「旅から旅行へ」

日程 7月12日(土)
講師 山本光正(当館歴史研究系)

「町のくらしと朝顔」

日程 8月 9日(土)
講師 岩淵令治(当館歴史研究系)

「佐倉連隊の跡を歩く」

日程 9月13日(土)
講師 樋口雄彦(当館歴史研究系)

くらしの植物苑観察会

各回共通

会場 くらしの植物苑
時間 開催午後1時30分~(8月23日は午前10時00分~)
備考 事前申込不要、要入苑料

第111回観察会「梅雨の植物」

日程 6月28日(土)
講師 中川重年

第112回観察会「植物で染める」

日程 平成19年2月10日(土)
講師 加藤國男

第113回観察会「伝統の朝顔展の舞台裏」

日程 8月23日(土)
講師 辻圭子

図録のご案内

「旅-江戸の旅から鉄道旅行へ-」 1,300円(税込) 送料340円

◎入手については、財団法人 歴史民俗博物館振興会へお問い合わせください。
電話043-486-8011

その他の催し物

次回の企画展示・ミニ企画展示

企画展示「[染]と[織]の肖像-日本と韓国・守り伝えられた染織品-」

10月15日(水)~11月30日(日)

ミニ企画展示 「第3展示室 紀州徳川家伝来の楽器-笙-」

10月7日(水)~12月7日(日)

メンテナンスのお知らせ

2008年6月3日(火)から6月15日(日)まで、メンテナンスのため第4展示室を閉室いたします。

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は、平成20年度企画展示『[染]と[織]の肖像-日本と韓国・守り伝えられた染織品-』の広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) ぬさぶくろ

湯島(現兵庫県城崎町)の温泉
(個人蔵)

2) 膝栗毛面白草紙(東海道中膝栗毛の模倣本)

嘉永4年 (個人蔵)

3) 東海道名物 川崎宿の奈良茶飯(レプリカ)

(豊橋市二川宿本陣資料館蔵)

4)-1 東海道路行之図

(当館蔵)
江戸から京都までの道程にそって地名や藩主名が記載されています

4)-2 東海道路行之図<部分>

(当館蔵) 
江戸城近辺の様子です。

4)-2 東海道路行之図<部分>

(当館蔵)
京都御所や二条城近辺の様子です。

5)-1 再刻江戸名所之絵

(当館蔵)

5)-2 再刻江戸名所之絵<部分>

(当館蔵)
富士山を背に、四谷、赤坂、麻布など現在でも使われている地名を見ることができます。

5)-3 再刻江戸名所之絵<部分>

(当館蔵)
現在、観光地となっているお台場はまだ建造されたばかりで、外国船が停泊しています。

6) 東海道パノラマ地図

(個人蔵)

7) 高輪海岸鉄道の図

明治14年 (当館蔵)

8) 小湊鉄道パンフレット

昭和30年代 (小湊鉄道株式会社)

9) 東海道懐古帳

浜松駅金剛院観音 (当館蔵)

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 横尾・島田・中村

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp