このページの目次
開催概要関連の催し物その他の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。当館では、くらしの植物苑において「伝統の桜草」展を開催いたします。 
桜草の栽培は江戸時代中期頃に、自生している桜草の中から、花の変わったものを選びだし、持ち帰って栽培したのが始まりといわれています。野生の桜草を実生栽培(種子栽培)することにより選抜淘汰が進み、さらに美しい花が作り出されました。 
今回は、一部を江戸時代末に考案された桜草雛壇に展示し伝統的な観賞法を再現するとともに、近年作出された八重咲きの桜草などを紹介します。今年度はさらに、各品種が作出された時期についてパネル等を用いて紹介するほか、朝顔栽培家として著名な中村長次郎や尾崎哲之助が作出した桜草について、実際の桜草を展示する小テーマを設ける予定です。また、4月15日(火)からは桜草の有償頒布を、4月29日(火・祝)は「歴博みどりの日」として入苑無料となり観察会も行います。
つきましては、当苑の桜草を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

謹白

開催概要

くらしの植物苑特別企画「伝統の桜草」
開催期間2008年4月15日(火)~5月6日(火・祝)
開催期間 2008年4月15日(火)~5月6日(火・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(高校生以上) 100円
団体(20名以上) 50円 
※中学生以下は無料
※身障者手帳所持者は手帳提示により、介助者とともに入苑料無料
※毎週土曜日は高校生は入苑無料
開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時まで)
休苑日 4月21日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

関連の催し物

内覧会のご案内

日時 4月15日(火)13時30分~
会場 くらしの植物苑

有償頒布のご案内

日時 4月15日(火)から 9時30分~12時30分
場所 くらしの植物苑 東屋周辺
価格 1ポット500円(平均3芽)で、売切れ次第終了となります。

期間中の植物苑催事のご案内

くらしの植物苑 第109回観察会「新緑の城址公園を歩く」

日時 4月29日(火・祝) 13時30分~
講師 中川重年
会場 くらしの植物苑
備考 事前申し込み不要、歴博みどりの日につき入苑無料

くらしの植物苑観察会 第106回「炭と植物」

日時 2007年1月26日(土)13:30~
講師 吉村郊子(本館研究部歴史研究系)
備考 * 数量に限りがあります。品切れの際にはご容赦ください。
* 別途、入苑料が必要となります。

※くらしの植物苑関係の刊行物・絵葉書のお問い合わせは(財)歴史民俗博物館振興会(TEL043-486-8011)へ。

その他の催し物

次回の企画展示のご案内

くらしの植物苑:くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」

会期 2008年7月29日(火)~9月7日(日)
備考 同期間に本館第3展示室にてミニ企画展「伝統の朝顔」を開催するほか、8月9日(土)14時から本館講堂にて、第296回歴博講演会「『伝統の朝顔』展10年のあゆみ」を開催します。

本館:企画展示「旅 -江戸の旅から鉄道旅行へ-」

会期 2008年7月1日(火)~8月31日(日)

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「2008年度くらしの植物苑特別企画『伝統の桜草』」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを200ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 2006年度桜草雛壇

幕末に残された桜草雛壇の復元。桜草を色よく33鉢から36鉢ならべて展示します。

2) 桜草雛壇(内部)

3) ハウスの展示風景

4) 野生種 田島紅

埼玉県田島ヶ原に自生する、赤花・白花がある。田島ヶ原はサクラソウ原野として、国の特別天然記念物。

江戸中期ごろ、実生栽培で変わり花を作り出すことが始まり、実生栽培の初めての品種

5) 南京小桜(なんきんこざくら)

6) 紫鑼(むらさきかがり)

江戸末期の品種、紫色の平咲

7) 隠れ蓑(みの)

江戸末期の品種、薄い桃色の深かかえ咲

8) 秋の装い

江戸末期の品種、桜弁で花弁が厚くしっかりしている

9) 鹿島

明治40年(1907年) 伊藤重兵衛発表の品種

10) 藤の里

1982年 尾崎哲之助発表の品種

11) 桃の舞

近年作出された八重咲の桜草

12) 夢殿

近年作出された八重咲の桜草

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 飛留間・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp