このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。 
当館ではこのたび、くらしの植物苑において「伝統の朝顔」展を開催いたします。
江戸時代後期、都市では園芸がブームとなり、変わった葉・花(奇品)を楽しむ文化が生まれました。私たちに親しみのある朝顔についても現代のものとは形の異なる「変化朝顔」が愛好されていました。
朝顔は一年草で、種子で系統維持をしなければならないため、突然変異でできる変化朝顔を毎年咲かせていくには大変な努力が必要でした。江戸時代の人々は、メンデルが遺伝の法則を発見する以前に、こうした技術を身につけていたのです。 
当館は、1999年以降、辛うじて維持されていた江戸時代後期以降の朝顔の系統を収集し、毎年、くらしの植物苑特別企画として「伝統の朝顔」の展示を開催してきました。今、いくつかの遺伝学研究室を除くと、国立歴史民俗博物館は系統を収集・維持している唯一の博物館となっており、朝顔に関する日本の文化とその歴史を理解していただくため、継続的に展示を開催しています。
特に今回は「朝顔の色,朝顔の模様」に着目し、2005年の展示において発見された無弁花(がく片だけの朝顔)も併せて展示します。ぜひご来苑ください。

謹白

開催概要

くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」
開催期間2007年7月24日(火)~9月2日(日)
開催期間 2007年7月24日(火)~9月2日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(小学生以上) 100円
団体(20名以上) 50円 
※毎週土曜日は小・中学生、高校生は入苑無料
開苑時間 9時30分~16時30分
(入苑は16時まで)
※但し、8月21日(火)~26日(日)は8時~16時30分(入苑は16時まで)
休苑日 7月9日(月)・17日(火)・23日(月)・30日(月)・8月6日(月)・20日(月)・27日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

大輪・茶・(団十郎)

詳細はこちら

関連の催し物

内覧会のご案内

日時 7月24日(火)10:00~
会場 くらしの植物苑

有償頒布のご案内

日時 7月24日(火)、内覧会終了後に開始します。
場所 くらしの植物苑 あずまや
価格 200円(税込)/鉢、1人6鉢まで。* ご好評につき、完売いたしました。
* 別途、入苑料が必要となります。

期間中の植物苑催事のご案内

[1]くらしの植物苑観察会100回記念「市民のためのくらしの植物苑」

日時 2007年7月28日(土)13:30~15:30
講師 辻 誠一郎(東京大学大学院)

[2]くらしの植物苑第101回観察会「変化朝顔の世界」

日時 2007年8月25日(土)10:00~12:00
講師 仁田坂英二(九州大学大学院)

関連図録等

『伝統の朝顔Ⅰ』950円、『伝統のアサガオⅡ~芽生えから開花まで~』950円、
『伝統の朝顔Ⅲ~作り手の世界~』1200円、歴博ブックレット19『朝顔を語る』800円

※くらしの植物苑関係の刊行物のお問い合わせは(財)歴史民俗博物館振興会へ。
電話043-486-8011,Fax:043-486-8008 e-mail:shop@rekihaku.or.jp

その他の催し物

次回企画展示のご案内

(植物苑特別企画のリリースのため、植物苑の告知を上にしています)
※開催時期ではなく、植物苑特別企画の告知を上にしています

くらしの植物苑:くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」

会期 2007年10月30日(火)~12月2日(日)

本館:「長岡京遷都 -桓武と激動の時代-」

会期 2007年10月10日(水)~12月2日(日)

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「くらしの植物苑特別企画『伝統の朝顔』」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを200ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) あずまや展示風景

2) 温室展示風景

3) 大輪・茶:黄/蝉葉/栗皮茶/丸咲/大輪(団十郎)

4) 大輪・黒紫:青/斑入/蝉葉/黒紫/丸咲/大輪(黒玉)

5) 大輪・浅葱・縞:黄/斑入/蝉葉/浅葱/縞/丸咲/大輪

6) 台咲・鳩羽・牡丹:黄/縮緬葉/鳩羽色/吹上/台咲/牡丹

7) 車咲・紫:青/縮緬/立田/雨竜葉/紫/車咲

8) 渦小人・紅:青・渦/豆葉/小人/紅/丸咲

9) 姫・紅紫・覆輪:青/桔梗渦/姫葉/紅紫/覆輪/丸咲

10) 采咲・藤紫・牡丹:青/糸柳葉/藤紫/采咲/牡丹

11) 獅子咲・瑠璃:青/爪竜葉/瑠璃色/総風鈴/獅子咲/牡丹

12) 吹詰・多様・葡萄鼠:黄/鍬形葉/吹詰/葡萄鼠/多様/丸咲/牡丹

13) 無弁花・牡丹:青/蜻蛉/丸笹葉/無弁花/牡丹

14) 東京古型標準型:青/常葉/青/丸咲

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 飛留間・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp