このページの目次
開催概要関連の催し物当館の展示・催事等のご案内広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下益々ご清祥のこと、お慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。 
当館では3月末からゴールデンウィークにかけ、「西のみやこ 東のみやこ-描かれた中・近世都市-」を開催します。今回は、館蔵の都市関係の絵画資料を中心に、中世から近世にかけての江戸・京都ほかわが国の主要な都市の繁栄を見た目で分かりやすく紹介するとともに、都市の絵図がいかに受け入れられていったかを考えていきます。 
当館の研究成果についてご理解いただき、当館へのより一層のご支援をいただけたらと存じます。
つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

敬具

開催概要

弥生はいつから!?-年代研究の最前線-
開催期間2007年3月27日(火)~5月6日(日)
開催期間 2007年3月27日(火)~5月6日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金 一般 830円 (560円)
小・中学生 250円 (130円)
高校・大学生 450円 (250円)
*( )内は20名以上の団体料金
開館時間 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
休館日 4月2日(月)・9日(月)・16日(月)・23日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

関連の催し物

歴博講演会

第280回「描かれた京と江戸」

日時 平成19年4月14日(土) 13時30分~15時30分
講師 小島道裕(本館歴史研究系)・大久保純一(本館情報資料研究系)
備考 歴博講堂にて開催、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

ギャラリートーク

下記の日程で、11時と14時の2回、企画展示室で展示解説を行います(「西のみやこ 東のみやこ」展の観覧料が必要となります)。

・3月31日(土)、4月7日(土)、21日(土)、28日(土)、5月5日(土)
※日程は変更する場合があります。ご了承ください。

図録のご案内

「西のみやこ 東のみやこ-描かれた中・近世都市-」 1,200円(税込) 送料340円

◎入手については、財団法人 歴史民俗博物館振興会へお問い合わせください。電話043-486-8011

当館の展示・催事等のご案内

くらしの植物苑特別企画「伝統の桜草」

開催期間 平成19年4月17日(火)~5月6日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(小学生以上) 100円/団体 50円
ただし4月29日(日・祝)は、「歴博みどりの日」のため入苑無料。
開苑時間 午前9時30分~午後4時30分(入苑は午後4時まで)
休苑日 4月2日(月)・9日(月)・16日(月)・23日(月)

歴博フォーラム

第59回「漆の文化と日本の歴史」

日時 平成19年3月24日(土)午前10時30分~午後4時30分
場所 東商ホール(東京都千代田区)
料金 聴講無料

詳細はこちら

第278回「中世人の心と祈り」

日時 平成19年2月10日(土)
講師 村木二郎(国立歴史民俗博物館)

歴博講演会

各回共通

会場 歴博講堂
備考 入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第279回「記録映画から見える近代」

日時 平成19年3月10日(土) 13時30分~15時30分
講師 内田順子(本館民俗研究系)

第280回 「描かれた京と江戸」

日時 平成19年4月14日(土) 13時30分~15時30分
講師 小島道裕(本館歴史研究系)・大久保純一(本館情報資料研究系)

くらしの植物苑観察会

各回共通

会場 くらしの植物苑にて
備考 要入苑料(ただし4月29日の回は「歴博みどりの日」のため入苑無料)

第96回

日時 3月24日(土) 13時30分~15時30分
講師 澤田和人「梅と桃と桜」

第97回

日時 4月29日(日・祝) 13時30分~15時30分
講師 鈴木三男「くらしの植物苑と下総の森」

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は平成18年度企画展示「西のみやこ 東のみやこ-描かれた中・近世都市」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。「本館蔵」は「国立歴史民俗博物館蔵」となります。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 洛中洛外図屏風甲本

16世紀前期 重要文化財 本館蔵
現存する最古の洛中洛外図屏風で、1530年頃の景観を描く。応仁の乱を経て新たな都市として勃興する京都が、町の裏側にいたるまで精細に描き出されており資料性が高い。

2) 洛中洛外図屏風乙本

16世紀後期 重要文化財 本館蔵
歴博甲本、上杉本とともに現存する3例の洛中洛外図屏風のひとつ。描かれた範囲は甲本に近いが景観年代は16世紀後半を示す。狩野松栄周辺の絵師の作とする説がある。

3) 江戸図屏風

江戸時代前期 本館蔵
明暦の大火以前の江戸市街を描いた数少ない絵画遺品として有名なもの。徳川家光の事績を顕彰する目的で制作されたと考えられており、描写の質もきわめて高い。

4) 江戸城登城風景図屏風

弘化4年(1847) 本館蔵
江戸城への大名の登城の光景を描く。大手門より内桜田門を描いていると思われる。毎月の大名の登城の光景は人々の関心を集めていたが、それを絵画化した作例はきわめて希少。

5) 江戸高名会亭尽(こうめいかいていづくし)

天保(1830~44)後期 本館蔵
歌川広重が江戸の有名な料理茶屋(料亭)を描いた錦絵シリーズ。江戸後期に成熟した食文化の資料としてだけではなく、さまざまな都市文化に関する画像資料としても活用されている。

6) 江戸及び諸国名所泥絵集

江戸時代末期 本館蔵
泥絵とは泥絵具によって描かれた民衆絵画である。本資料は江戸とその近郊、および諸国名所を描いた組み物。江戸名所に関しては大名屋敷を題材とした図も多数含まれる。

7) 元禄二年堺大絵図

元禄2年(1689) 本館蔵
堺の町の管理運営のため堺奉行所の意向で作成された巨大な絵図。全九枚からなり、すべてを広げると30畳ほどに相当するが、今回はその内の2図のみ展示。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp