このページの目次
開催概要その他の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下益々ご清祥のこと、お慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。
当館では年初1月より、「新収資料の公開」および「日本の建築 -床の間・違い棚・書院の成立-」を開催します。当館が新たに収蔵した資料を中心に、あまり公開する機会の無い資料など、歴博の多様な資料収集についてご紹介いたします。今回は、「新収資料の公開」の中でミニ企画展も行います。 当館の研究成果についてご理解いただき、本館へのより一層のご支援をいただけたらと存じます。
つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

敬具

開催概要

平成18年度特別企画「新収資料の公開」
同時開催「日本の建築-床の間・違い棚・書院の成立-」
開催期間2007年1月10日(水)~2月12日(月・祝)
開催期間 2007年1月10日(水)~2月12日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金 一般 420円 (350円)
小・中学生 110円 (90円)
高校・大学生 250円 (200円)
*( )内は20名以上の団体料金
※常設展もあわせてご覧になれます
※毎週土曜日は小・中学生、高校生は入館無料です。
開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時まで)
休館日 1月15日(月)・22日(月)・29日(月) ・2月5日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

花鳥人物蒔絵象嵌飾棚(部分)

詳細はこちら

趣旨

当館の重要な活動のひとつに、資料の収集があります。毎年数多くの資料を新たに収蔵していますが、これらの中にはスペースや期間が限られた総合展示・企画展示では、公開が難しいものがあります。そのため、近年収集した資料のうち、未公開、もしくは公開の機会が少なかった資料を、一年に一度「新収資料の公開」という場を設けて、皆さんにご覧いただいています。
今回のテーマは、「旅に誘う-街道絵図-」「小金原の鹿狩り」「海を渡った漆器」「江戸の粋を伝える和竿」「百器夜行絵巻」「死者を描く」「“きもの”のさまざま」となります。
加えて、新しい試みとしてミニ企画展「キモノのミカタ-画像でせまる染織資料-」と「福島県井出上ノ原遺跡の調査成果」をコーナーの一画で開催します。
また第3室では特別企画「日本の建築-床の間・違い棚・書院の成立-」を開催し、日本住宅を特徴 づける床の間・違い棚・書院というものがどのようにして形成されていったかについて紹介します。

展示構成

【新収資料の公開】企画展示第1室・第2室

江戸時代には旅がさかんに行われるようになり、旅にかかわる著作物が多数つくられ出版されるようになりました。「旅に誘う」では、紀行文や道中案内、名所図会などを展示します。「小金原の鹿狩り」は、将軍家の大規模な狩猟のなかでも、とくに評判になった十二代将軍家慶の狩を描いたものです。「海を渡った漆器」では、江戸時代後期から明治にかけて西洋に輸出された漆器を紹介します。なかでも「花鳥人物蒔絵象嵌飾棚」は、家具のなかでも大型で高品質のものとして知られています。「江戸の粋を伝える和竿」は、江戸和竿の伝統技術を引き継いだ釣り竿師に注文して制作された名竿のコレクションです。「百器夜行絵巻」「死者を描く」「“きもの”のさまざま」は、いずれも本館のコレクションの一環として近年収集した資料です。

ミニ企画展示

「キモノのミカタ-画像でせまる染織資料-」

キモノには染めと織りが随所にあり、加えて同じ素材でも光のあたり具合で質感が変わります。 この「質感」は触った時の感覚とも考えられるため、実物を触ってみたくなります。しかし貴重な資料を傷めることに繋がるため、質感を情報として取得し触らず伝える方法を、当館の共同研究「博物館情報資源の機能的活用手法の検討とその応用に関する研究」により検討しています。
そして今回のミニ企画展では、キモノを実物資料と画像のセットで展示することにより、キモノの「見方」と「味方」をともに実現しようとするものです。例えば、異なる照明でキモノの見え方がどう変わるのでしょうか?キモノに"ロウソクの光"を再現した照明を当てることより、ロウソクの灯りで暮らしていた時代の視点を体感することができます。
現在は、実際の展示室で効果的に提供できるよう実験中のため、どのような見せ方を提供できるかは展覧会が開催されてからのお楽しみとなります。ご期待ください。
この共同研究はフィンランドの研究機関と博物館も参画しています。そのフィンランド「北カレリア博物館(カレリクム)」においても、1月24日から開催する企画展示(~9月2日)の日本紹介コーナーにて、このミニ企画展に関連した展示を行う予定です。

「福島県井出上ノ原(いでうえのはら)遺跡の調査成果」

井出上ノ原遺跡は、福島県浜通りの楢葉町に所在し、太平洋に面した台地上に位置する、縄文時代中期および弥生時代中期の遺跡です。企画には弥生時代中期の墓域としては、東日本最大級の楢葉天神原遺跡が同一台地南端に隣接しています。
2006年8月の1か月間、日本学術振興会科学研究費補助金「AMS炭素14年代測定を利用した東日本縄紋時代前半期の実年代の研究」(研究代表 小林謙一)の一環として、当館がこの遺跡の一部を発掘調査しました。この調査は、縄文時代の竪穴住居跡の構造や、東北地方南部の縄文時代中期の実年代を、14C年代測定を用いながら検討することを目的に行われたものです。調査は来年度以降も予定されていますが、今年度の発掘成果についてこの企画で報告します。
この調査に際しては、楢葉町、楢葉町歴史資料館、福島県、福島県文化財センターに多大なご協力を得ています。

【日本の建築 -床の間・違い棚・書院の成立-】企画展示第3室

当館では日本建築史で重要な建物の模型を順次展示してきましたが、今回は、慈照寺東求堂と今西家、旧北村家という民家2棟を取り上げます。『君台観左右帳記』『類聚雑要抄』など関連する絵画史料なども援用して、日本住宅を特徴づける床の間・違い棚・書院というものがどのようにして形成されていったかを示します。

展示紹介ページ

その他の催し物(平成18年12月~平成19年2月までの催し)

れきはくプロムナード展示(要入館料)

(要入館料)

1) 試行展示『近世の長崎からみた国際関係』

当館は平成20年3月に第3展示室のリニューアルオープンを迎えることをふまえ、リニューアルの内容の一部を先取りした試行展示を行います。来館者のみなさんに展示内容や展示手法についてご感想を伺えればと考えております。
ともすれば江戸時代の日本は、「鎖国」政策で外国との交易や外交面で閉ざされていたと思われがちですが、「四つの口」(オランダ・中国への長崎の窓口、朝鮮への対馬藩の窓口、 琉球への薩摩藩の窓口、アイヌ民族への松前藩の窓口)が国外に開かれていました。 今回はその「四つの口」のうち「近世の長崎からみた国際関係」をテーマに試行展示を開催します。

主な展示物 寛文長崎図屏風、唐・蘭館絵巻、江戸図屏風(各複製)のほか、当時の輸出入品・文書など。
会期 平成18年12月12日(火)~12月24日(日)

※会期中の12月17日(日)に第57回歴博フォーラム「総合展示リニューアル(近世)に向けて1 国際社会の中の近世日本」を開催。

詳細はこちら


2) 「縄文時代のはじまり-愛媛県上黒岩遺跡の研究成果-」

歴博共同研究「愛媛県上黒岩遺跡の研究」(代表 本館研究部考古研究系 春成秀爾、平成16~18年度)の研究成果をとりまとめ、研究展示を行います。現地測量調査、遺物整理、調査記録・写真整理、周辺環境調査、遺物のレプリカ法観察結果、年代測定の研究成果を展示します。 
愛媛県久万高原町教育委員会・慶應義塾大学・愛媛県教育委員会・竹口家より、研究のため借用した上黒岩遺跡出土品と、本館所蔵の資料を一堂に展示します。併せて、愛媛新聞社が調査当時に報道した記事や愛媛県歴史文化博物館収蔵の調査時の写真記録をパネル展示します。

展示内容および主な展示資料

(久万高原町教育委員会、愛媛県教育委員会、慶應義塾大学、竹口家及び本館所蔵資料)

上黒岩遺跡出土:
 線刻礫11点、その他装飾品10点、動物骨30点
 石器200点(有茎尖頭器、石鏃、砥石、スクレーパー、石錘ほか)、
 土器200点(隆線文土器、無文土器、押型文土器、条痕文土器、前・中期土器)

参考資料:SFC遺跡出土土器・石器30点(有茎尖頭器20点・土器10個体)
写真パネル(久万高原町および愛媛県所蔵パネル20枚)
新聞記事(愛媛新聞社 14件)
これまでの概報・略報等の書誌(4~5点)
調査研究資料(当時の日誌、図面、今回作成の図面等 4~5点)

会期:平成19年1月17日(水)~2月25日(日)

※会期中の1月20日(土)に第58回歴博フォーラム「縄文時代のはじまり -愛媛県上黒岩遺跡の研究 成果 -」を開催。

詳細はこちら

歴博講演会

各回13時30分~15時30分 歴博講堂にて開催、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第277回 「中世の内海世界」

日時 平成19年1月13日(土)
講師 高橋一樹(国立歴史民俗博物館)

第278回「中世人の心と祈り」

日時 平成19年2月10日(土)
講師 村木二郎(国立歴史民俗博物館)

日本の植物文化を語る

第12回 辻誠一郎「古代植物文化史-心と体を支える植物たち-」

日時 2月24日(土) 13時30分~15時30分
備考 歴博講堂にて開催、入場無料、当日先着順に受付、 定員260名

くらしの植物苑観察会

第95回「水田と焼畑」西谷大(国立歴史民俗博物館)

日時 1月27日(土) 13時30分から15時30分まで
備考 くらしの植物苑にて 要入苑料

歴博フォーラムのご案内

第57回「総合展示リニューアル(近世)に向けてⅠ『国際社会の中の近世日本』」

日時 2006(平成18)年12月17日(日)13時~17時
会場 国立歴史民俗博物館 講堂
入場料 無料
主旨

平成20年3月に第3展示室のリニューアルオープンを迎える国立歴史民俗博物館。オープンに先立ってこれから複数回にわたってリニューアルに関するフォーラム を開催し、展示構成を紹介していく予定です。 
今回はその第1回目。ともすれば江戸時代の日本は、「鎖国」政策で 外国との交易や外交面で閉ざされていたと思われがちです。しかし、その歴史像は最近の研究で大きく見直されています。オランダ・中国への長崎の窓口、朝鮮への対馬藩の窓口、 琉球への薩摩藩の窓口、アイヌ民族への松前藩の窓口。これら「四つの口」が国外に開かれていました。そして、それぞれの口のむこうには、さらにさまざまな「人」と「もの」と「文化」の交流が広がっています。今回のフォーラムでは、まず、この「四つの口」に注目したうえで国際関係の中の近世日本について検討することで、新しい江戸時代像に迫りたいと思います。 
今回のフォーラムでは、この「四つの口」に注目した上で、 国際社会の中の近世日本について新しい像を描くことを試みます。 
また、「れきはくプロムナード」では、リニューアルの内容の一部を先取りして 試行展示「近世の長崎からみた国際関係」(12/12~24)を開催します。

詳細はこちら


第58回「縄文時代のはじまり -愛媛県上黒岩遺跡の研究成果-」

日時 2007(平成19)年1月20日(土)10時~16時30分
会場 国立歴史民俗博物館 講堂
入場料 無料
主旨

平成16-18年度に行われた国立歴史民俗博物館共同研究「上黒岩遺跡の研究」に参加してきた館内外の研究者により、旧石器時代から新石器時代への移行期である、縄文草創期・早期の考古学研究の最新状況を紹介します。なお、同時期に行う歴博プロムナード展示「縄文時代のはじまり-愛媛県上黒岩遺跡の研究成果-」も併せてご覧ください。。

詳細はこちら


歴博映像フォーラム1「現代の葬送儀礼」

日時 2007(平成19)年2月3日(土)10時~16時30分
会場 津田ホール(渋谷区千駄ヶ谷)
入場料 無料
【主旨】

現在、地域社会や家族観の変容、消費経済の進展などにより、死を迎える環境は大きく変化しています。こうした動態について、平成16年度制作の民俗研究映像「現代の葬送儀礼」として記録しました。このフォーラムでは、映像を広く公開するだけでなく、そのテーマとなっている現代の葬送儀礼の様相について研究者の討論を交えて考察します。

詳細はこちら

次回展のご案内

企画展示「西のみやこ 東のみやこ -描かれた中・近世都市-」

会期 2007年3月27日(火)~5月6日(日)

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は平成18年度「新収資料の公開(「ミニ企画展」)」「日本の建築」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。「本館蔵」は「国立歴史民俗博物館蔵」となります。
    なお、銃砲の大きさについて、全長は単位をひと桁まで、口径は小数点第1位まで表記しています。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

新収資料の公開

旅に誘う -街道絵図-

1) 東海道写真五十三次勝景

五雲亭貞秀 本館蔵
東海道を太平洋上から鳥瞰したように描かれている。「東海道写真」とあるように気球にでも乗って東海道を眺めているような気分になる。名物や名所・風俗等特記事項については図中に窓絵を設けて詳細に描いている。

小金原の鹿狩り

2) 富士之裾野巻狩之図

嘉永元(1848)年 歌川貞秀 本館蔵

海を渡った漆器 江戸時代後期から明治時代へ

3) 花鳥人物蒔絵象嵌飾棚(かちょうじんぶつまきえぞうがんかざりだな)

明治時代初期 本館蔵
芝山細工とは、下総芝山の大野木専蔵(仙蔵とも)が江戸後期に考案したと伝えられる技法で、漆や木に象牙や貝、珊瑚その他の素材を象嵌し蒔絵を施したものである。明治6(1873)年のウィーン万国博覧会で人気を博し、欧米に向けて盛んに輸出された。本資料は、現存する芝山細工の家具の中でも、特に大型で、高品質なものの一つで、周辺部の装飾には七宝技法を併用している。中央の右扉の象牙部分に「易之」の刻銘がある。

4) 花鳥螺鈿(かちょうらでん)バイオリン箱

江戸時代末~明治時代初期 本館蔵
幕末から明治にかけての時期、長崎では、貝の下に彩色を施した華やかな雰囲気の伏彩色螺鈿漆器が制作された。西洋人の注文で制作された漆器で、バイオリン2挺を納める形式の箱。長崎青貝細工のデザインブックである明治11(1878)年の『塗物雛形控』(林家旧蔵・長崎歴史文化博物館蔵)には「小琴箱」の図とともに、「又二丁入も有之候」の注記がある。バイオリン・ケースは、人気商品の一つであったようだ。

死者を描く

7) 市川団十良涅槃像之図

嘉永7(1854)年 本館蔵
八代目市川団十郎の死絵で涅槃図の形式をとり関係する役者が取り巻いている図である。

8) 初代中村雁治郎死絵

昭和10(1935)年 本館蔵
山口草平 昭和期の極めて珍しいものである。

“きもの”のさまざま

9) 月流水柳萩模様小袖(つきりゅうすいやなぎはぎもようこそで)

江戸時代末期~明治時代 本館蔵
立木を中心に大きく風景を描き出すデザインは、公家の女性の間で用いられたもの。このような小袖は、帯をせずに一番上にはおって着る場合が多い。はおり専用の小袖は”打掛(うちかけ)”や”掻取(かいどり)”と呼ばれた。

10) 竹梅色紙草紙桜松皮菱文字模様帷子(たけうめしきしそうしさくらまつかわびしもじもようかたびら)

生地:江戸時代後期 本館蔵
江戸時代の帷子(かたびら)を再利用して、近代に仕立てられた作例。現状では、両袖とも背面の模様が逆向きになっている。もともとは振袖であり、その片方の袖の生地を、左右に振り分けて今の袖にしたと知られる。

【ミニ企画】キモノのミカタ -画像でせまる染織資料

11) 寒菊模様振袖(かんぎくもようふりそで)

明治時代
前身頃(みごろ)の褄(つま)を中心に、左右均等のバランスで配置した模様構成は、明治時代後期から大正時代にかけて流行した。友禅染の特性である色ぼかしを巧みに利用し、まるで絵を見るかのように写実的な模様を描き出している。

拡大画像はこちら

12) 山水風景模様振袖(さんすいふうけいもようふりそで)

明治時代
地を鼠(ねずみ)色とし、裾(すそ)に山水風景を友禅染で描き出した模様は、明治時代の流行デザイン菊と橋に巻物は刺繍で あらわしてある。菊と流水で謡曲「菊慈童(きくじどう)」、橋に巻物と流水で謡曲「張良(ちょら)」を 暗示していると考えられる。

拡大画像はこちら

福島県井出上ノ原(いでうえのはら)遺跡の調査成果

13) 調査風景

(縄文時代の住居を上から掘り下げる)

14) 弥生時代の土器棺埋設状態

(半分を掘り下げ、横から見えるようにした状態)

15) 縄文時代の3号住居跡の複式炉と 覆土堆積状況断面

日本の建築─床の間・違い棚・書院の成立─

16) 慈照寺東求堂模型

本館蔵

17) 君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)(部分)

永禄3(1560)年 本館蔵

18) 類聚雑要抄(るいじゅうざつようしょう) 巻第二(部分)

12世紀中頃 本館蔵

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp