このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

開催概要

くらしの植物苑特別企画「伝統の朝顔」
開催期間2006年8月8日(火)~9月3日(日)
開催期間 2006年8月8日(火)~9月3日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金 個人(小学生以上) 100円
団体 50円
開苑時間 9時30分~16時30分(入苑は16時まで)
休苑日 8月21日(月)・28日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

2005年歴博発見
「無弁花の朝顔」

詳細はこちら

展示の主旨・内容

江戸時代後期、都市では園芸がブームとなり、変わった葉・花(奇品)を楽しむ文化が生まれました。私たちに親しみのある朝顔についても現代のものとは形の異なる「変化朝顔」が愛好されていました。

朝顔は一年草で、種子で系統維持をしなければならないため、突然変異でできる変化朝顔を毎年咲かせていくには大変な努力が必要でした。メンデルが遺伝の法則を発見する以前に、その技術を 知っていたかのようです。

国立歴史民俗博物館は、1999年以降、辛うじて維持されていた江戸時代後期以降の朝顔の系統を収集し、毎年、くらしの植物苑特別企画として「伝統の朝顔」の展示を開催してきました。今、いくつかの遺伝学研究室を除くと、国立歴史民俗博物館は系統を収集・維持している唯一の博物館となっており、朝顔に関する日本の文化とその歴史を理解していただくため、継続的に展示を開催しています。

今年度は、江戸時代後期以降の正木系統・出物系統、明治・大正時代以降に流行した正木系統の一種である大輪朝顔、比較としてヨーロッパで栽培されてきたアサガオを展示に加え、あらたに平成生まれの変化朝顔約6系統、2005年に歴博で発見された無弁花の朝顔を公開いたします。

展示の概要

当苑で栽培、育種した以下の朝顔を展示します。

・変化朝顔 約80系統 
・明治時代以降の大輪朝顔 約20系統 
・平成になって交配・育種された変化朝顔 6系統 
・ヨーロッパ・北米の近縁のアサガオ 5系統

※展示系統はすべて鉢植えとします。正木系統・大輪朝顔、出物系統を3つの温室とあずまや、よしづ作りの展示場に約350鉢展示します。朝顔は一日ごとに開花状況が変化するので、午前7時から9時までの状況を見て、毎日、展示する鉢を交換します。
西欧の朝顔については、大鉢に植え込んだものをあずまやの前の広場で展示します。

※展示期間中は、午前中に展示解説(随時)を行っています。
なお、朝顔ですので午後はご覧いただけないものもあります。

関連の催し物

歴博講演会

各回13:30~15:30 事前申し込み不要、先着順、定員260名
[1] 2006年7月8日(土)
第271回 「佐倉連隊と日清・日露戦争」 宮地正人(本館前館長)

[2] 2006年8月12日(土)
第272回「伝単にみる日米決戦」 一ノ瀬俊也(本館歴史研究系)

期間中の催事のご案内

「日本の植物文化を語る」第9回『近世の園芸文化-その仕掛け人と作り手-』 
・講師:小笠原 亮(江戸園芸研究家)
・日時:平成18年8月26日(土)13:30~15:30 
・会場:本館講堂 
事前申し込み不要、先着順、聴講無料、定員260名

刊行物のご案内

『伝統の朝顔』 1999年8月発行 価格:950円(税込) 
『伝統の朝顔Ⅱ-芽生えから開花まで-』 2000年6月発行 価格:950円(税込) 
『伝統の朝顔Ⅲ-作り手の世界-』 2000年8月発行 価格:1,200円(税込) 
『朝顔を語る』歴博ブックレット19 2001年7月発行 価格:800円(税込)

朝顔 有償頒布のご案内

日時:8月8日(火)~8月15日(火) 9:30~12:00 場所:くらしの植物苑 休憩所
ご好評につき、完売致しました。
* 別途、入苑料が必要となります。

※刊行物および朝顔頒布のお問い合わせは(財)歴史民俗博物館振興会(電話043-486-8011)へ


本展開催期間、本館では『特別企画 佐倉連隊にみる戦争の時代』を開催します。 
あわせてご紹介いただきますようお願いいたします。

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 本図版の使用は「くらしの植物苑特別企画『伝統の朝顔』」広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」「掲載図版のキャプション」を明記していただくようお願いします。
  • 情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、画像サイズを200ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 2005年歴博発見「無弁花の朝顔」

青/海松葉/無弁花/牡丹

2) 「平成生まれの変化朝顔」

黄/鍬形葉/吹詰/葡萄鼠/多様/丸咲/牡丹

3) 采咲

青/打込/堺渦/柳葉/白/撫子/采咲/牡丹

4) 松島

松島/鍬形葉/白地/紫時雨絞/咲分/丸咲

5) 桔梗笹牡丹

青/桔梗渦/笹葉/淡藤色/桔梗咲/牡丹

6) 獅子咲

青/斑入/握爪龍葉/藤鼠色/風鈴獅子咲/牡丹

7) 石畳咲

青/常葉/紺/覆輪/石畳咲(巻絹)

8) 切咲

青/蜻蛉/笹葉/青/切咲

9) 渦小人

青/渦/豆葉/小人/紅/筒白/丸咲

10) 東京古型標準型

青/常葉/青/丸咲

11) 団十郎

黄/蝉葉/栗皮茶/丸咲/大輪

 

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp