このページの目次
開催概要関連の催し物広報用素材の提供について問い合わせ先

謹啓 時下益々ご清祥のこと、お慶び申し上げます。平素より、当館の運営等につきましては、格別のご配慮を賜り、深くお礼申し上げます。
本館では7月4日から夏休み明けの9月3日にかけ、特別企画「佐倉連隊にみる戦争の時代」を開催いたします。本企画は、現在国立歴史民俗博物館が建っている佐倉城址に置かれていた、歩兵第二連隊・第五十七連隊を素材にし、「戦争の歴史」としての日本近代史を、「佐倉城から連隊兵営へ」「佐倉連隊の兵営生活」「佐倉連隊と地域」「佐倉連隊と戦争」の4部構成で紹介いたします。民衆から見た戦争を、厳密な考証にもとづくモノ・写真・各種統計資料などから考えます。 
このように、本館が研究において地域と密接なつながりを持って活動していることをご理解いただき、本館へのより一層のご支援をいただけたらと存じます。
つきましては、この展示開催を貴媒体にてぜひ多くの方々にご紹介くださいますようお願い申し上げます。

敬具

開催概要

特別企画「佐倉連隊にみる戦争の時代」
開催期間2006年7月4日(火)~9月3日(日)
開催期間 2006年7月4日(火)~9月3日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金 一般 830円 (560円)
小・中学生 250円 (130円)
高校・大学生 450円 (250円)
*( )内は20名以上の団体料金
開館時間 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
休館日 7月10日(月)・18日(火)・24日(月)・31日(月)・8月7日(月)・21日(月)・28日(月)
主催 国立歴史民俗博物館
(大学共同利用機関法人 人間文化研究機構)

関連の催し物

歴博講演会

各回13:30~15:30 事前申し込み不要、先着順、定員260名
[1] 2006年7月8日(土)
第271回 「佐倉連隊と日清・日露戦争」 宮地正人(本館前館長)

[2] 2006年8月12日(土)
第272回「伝単にみる日米決戦」 一ノ瀬俊也(本館歴史研究系)

ギャラリートーク

期間中の毎週日曜日13:30から、企画展示室入口集合(要 連隊展観覧料)。

その他

※今回の展示に関連して、佐倉城址公園内に佐倉連隊跡説明板(10ヶ所)を設置しました。

佐倉連隊説明板のご案内はこちら佐倉連隊跡説明板配置図はこちら(PDFファイル・326KB)


図録のご案内

  • 「佐倉連隊にみる戦争の時代」 900円(税込) 送料340円

刊行物のご案内

『国立歴史民俗博物館研究報告131集 佐倉連隊と地域民衆』
国立歴史民俗博物館 3,600円 送料450円

  • 『佐倉の軍隊 国立歴史民俗博物館 友の会「軍隊と地域」学習会の記録』
    財団法人歴史民俗博物館振興会 2005年3月発行 500円

◎入手方法は(財)歴史博物館振興会(電話043-486-8011)へお問い合わせください。


※本企画開催中の8月8日(火)~9月3日(日)、「くらしの植物苑」では『特別企画 伝統の朝顔』を 開催します。あわせてご紹介いただきますようお願いいたします

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 図版の使用は展覧会広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、最小限でも「催事名」「会場」「会期」をご紹介いただき、掲載図版のキャプションを明記していただくようお願いします。また情報確認のため、校正紙(ウェブ上の場合は掲載URL)をお送り下さい。ウェブ上での掲載の場合は、400ピクセル以下・72dpi以下のサイズにしてください。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

1) 佐倉連隊表門と連隊長の絵はがき

昭和期 本館蔵

2) 除隊記念の盆

本館蔵
入隊・除隊は一種の人生儀礼であったため、兵士たちはこのような記念品を作って周囲の人に配った。

3) 除隊記念の急須

本館蔵
入隊・除隊は一種の人生儀礼であったため、兵士たちはこのような記念品を作って周囲の人に配った。

4) 兵士の日記帳

昭和初期 個人蔵
兵士が軍隊生活で何を体験し、考えていたのかを知ることができる。

5) 千葉県中根村の託児所・共同炊事風景

日中戦争期か 本館蔵
戦時中の農村ではこうした活動を行って人手不足を補った。

6) 慰問誌『銃後千葉』

1943(昭和18)年 個人蔵
千葉県内の各町村ニュースを前線の兵士に伝えるべく作られた雑誌。

7)日露戦争・旅順の戦いの中で佐倉連隊の将校が書いた軍事郵便

1904(明治37)年 個人蔵
「まだ健在です」の文字が見える。

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・山本・坂本

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp