東アジア地域における青銅器文化の移入と変容および流通に関する多角的比較研究 目次

日本語

はじめに 齋藤努・趙榮濟
例言  
目次  
図版目次  
表目次  
第1部 報告編  
I 研究の目的と経緯  
II 考古資料編 藤尾慎一郎編
 1 楽浪土城 
 2 慶尚南道 
 3 慶尚北道 
 4 四国 
 5 中国 
 6 近畿 
 7 中部 
 8 その他
藤尾慎一郎編
II 測定値一覧表 齋藤努・藤尾慎一郎
IV 分析結果 齋藤努
  韓国古墳出土資料・東大所蔵楽浪土城出土資料・宮内庁所蔵資料などの鉛同位体比測定結果
第2部 論考編  
1 福尾正彦 宮内庁書陵部保管の馬形帯鉤について-出土地等の再検討-
2 風間栄一 馬形帯鉤の分類と系列把握-日本出土の馬形帯鉤をめぐって-
3 土生田純之 日本出土馬形帯鉤の史的意義
4 高田貫太 筒形銅器研究の動向と展望-鉛同位体分析結果と関連して-
5 亀田修一 日本古代の初期銅生産に関する覚書-朝鮮系考古資料との関わり中心に-
6 柳昌煥 装飾性馬具の性格と地域性
7 鄭仁盛 楽浪土城における青銅器生産工房の風景
総括

まとめと本研究の意義 齋藤努・亀田修一

韓国語

들어가며 齋藤努•조영제
예문  
목차  
도판목차  
표목차  
제 1 부  보고편  
I 연구의 목적과 경위 齋藤努
II 고고학 자료편
 1 낙랑토성 
 2 경상남도 
 3 경상북도 
 4 四國 
 5 中國 
 6 近畿 
 7 中部 
 8 그 외
藤尾慎一郎編
II 測定値一覧表 齋藤努・藤尾慎一郎
IV 분석결과 齋藤努
  한국 고분 출토 자료 , 도쿄대학 소장 낙랑토성 자료 , 궁내청 소장 자료 등의 납동위체비 측정 결과
제 2 부 논고  편  
1 福尾正彦 궁내청 서릉부 보관의 마형대구에 대해 - 출토지 등의 재검토 -
2 風間栄一 馬形帶鉤의 분류 와 계보 파악 − 일본 출토의 馬形帶鉤를 둘러 싸 고 −
3 土生田純之 일본 출토 馬形帶鉤의 역사적 의의
4 高田貫太 筒形銅器 硏究의 동향과 전망 − 유창환 금속제 마구에 대해 −
5 龜田修一 日本古代의 初期銅生産에 관한 覺書-韓半島系 考古資料와의관 계를 中心으로-
6 유창환 장식마구의 성격과 지역성
7 정인성 낙랑토성에서의 청동기생산
総括

정리와 본연구의 의의 齋藤努・龜田修一

概要ページに戻る