このページの目次
開催概要広報用素材の提供について問い合わせ先

開催概要

2005年度夏季特別企画 「夏の風景-浴衣・浮世絵・怪談-」
開催期間2005年8月13日(土)~9月19日(月・祝)
開催期間 2005年8月13日(土)~9月19日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室第2室
同時開催 「紀州徳川家伝来の楽器」

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

なお、贈答の「贈答に使われた瓜(複製模型)」は、写真をご準備できません。ご了承下さい。

ご注意

  • 図版の使用は展覧会広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、「展覧会名」「会場」「会期」をご紹介いただき、掲載図版のキャプションを明記していただくようお願いします。今回の出品物はすべて当 館所蔵です。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

浮世絵

江戸時代以降、一般に広く流通していた浮世絵版画から、多くの人々が共感し、共有した夏のイメージをよみときます。ここでは、「夏と花」「夏商人」「花火」の3つの視点を用意しました。「夏商人」と「夏の花」では、夏の装いの中に描かれた人気役者絵を紹介します。「俳優見立夏商人」は金魚など商う行商人姿で彼らを描き、「当盛六花撰」は彼らに季節の花の彩を添えたものです。また、「花火」では、「両国大花火夕涼之景」をはじめとして、浮世絵の夏の画題として人気があった両国の花火を紹介します。我々がもつ夏のイメージと当時の人々のイメージを重ねて見たいと思います。

1) 俳優見立夏商人 金魚売り 歌川国貞作

2) 当盛六花撰 牽牛花 三代歌川豊国・歌川広重作

3) 両国大花火夕涼之景 豊原国周作

4) 両国花火之三曲 延一作

浴衣

夏の装いである浴衣は、貴人が湯浴みなどの沐浴に際して着用していた「湯帷子」に始まり、その略称であるとされています。平安時代以来の歴史をたどれますが、江戸時代には家庭着・労働着から祭礼の衣装にまで用途が広がり、一般的な存在として普及します。こうした、夏と浴衣の結びつきを、浴衣が普及した江戸時代を対象に、作る、装う、洒落る、という3つの視点で迫ります。今に伝わる当時の浴衣を中心として、型紙を通じて浴衣のデザインの豊かさに触れ、描かれた世界から「粋」の世界に触れたいと思います。

5) 白木綿地燕巣立涌模様中形浴衣

6) 役者蛍狩り 豊国作

7) 当盛若三人 三代歌川豊国作

8) 大黒屋型(中形型紙)

贈答

 夏にはお中元、年末にはお歳暮、正月にはお年玉、と現在でもいろいろな贈答の機会があります。ここでは、当館所蔵の古文書から、江戸幕府の贈答に関する 文書を紹介します。 正月、端午の節句(五月五日)、八朔(八月一日)、重陽の節句(九月九日)、歳暮には、大名や旗本から将軍へと季節の贈り物が献上さ れました。それに対するお礼状が、「徳川家康書状」などの文書になります。展示するのは、いずれも、徳川家康や徳川吉宗など、一般になじみの深い人々から 出されたものです。

9) 徳川家康書状 6月26日付 瓜の贈答

9-2)贈答に使われた瓜(複製模型)

10) 文書に記されたサイン・印

(左) 徳川家康花押/(中) 徳川吉宗黒印/(右) 徳川秀忠黒印

11) 徳川秀忠御内書 4月29日付 帷子の贈答

幽霊・妖怪

 夏を彩るものとして、幽霊・妖怪は欠かせません。盆に死者が去来するという考えの普及とともに、幽霊と夏は結びつき、怪談も現実味を帯びてきました。異 様な姿で不思議な力を秘めた超自然的な存在である妖怪も、口頭伝承や文芸、絵画などを通じて、多様な関係性のなかで形作られてきました。こうした怪談・妖 怪をめぐる文化について、長い歴史の中で築き上げられてきた豊かな広がりを紹介します。

13) 稲生物怪録

14) 北国のおばけ

15) 百鬼夜行絵巻(左・部分)

「15左」とご指定ください

15) 百鬼夜行絵巻(右・部分)

「15右」とご指定ください

16) 幽霊妖怪画

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 山本・後藤・石井

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)/043-486-6488(直)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp