このページの目次
開催概要広報用素材の提供について問い合わせ先

近年、新たに収蔵した資料のうち未公開のものを年に一度、広く一般に公開することにより、当博物館の資料収集活動の情報公開を積極的に進めることを目的としています。様々な分野から意義深い資料を出陳し、皆様にご覧いただきます。

開催概要

平成16年度「新収資料の公開」
開催期間2005年1月12日(水)〜2月13日(日)
開催期間 2005年1月12日(水)〜2月13日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示

ほか、怪談・妖怪コレクション、前近代日本図関係、江戸時代輸出漆器、近世工芸図案集、高札、アイヌ服飾関係、薬箱などを紹介します。

特別企画「日本の建築」も同時開催します(企画展示室 第3室)
金剛輪寺本堂、如庵、長寿寺本堂、松本城天守、東大寺鐘楼、正福寺地蔵堂の建築模型を展示

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 図版の使用は展覧会広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、「展覧会名」「会場」「会期」をご紹介いただき、掲載図版のキャプションを明記していただくようお願いします。今回の出品物はすべて当 館所蔵です。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

左:(1) / 右:(2) 「グラビュールにガラス絵望遠鏡」

江戸時代に作られた和製望遠鏡の多くは、和紙をベースに漆を塗る一閑張技法によるものでしたが、本品はガラス製の筒に華麗な装飾を施す珍しいものです。筒の内側にガラス絵の手法で西洋人物などを描いて鮮やかに彩色し、表面はヨーロッパ伝来のグラビュールの技法を用いて入念に彫文様を表しています。筒のガラスは国産のようですので、レンズのみ輸入品を用いて日本で制作されたものかもしれません。

 

(3) 「チカルカルペ(黒裂置文木綿衣 くろぎれおきもんもめんい)」

チカルカルペは、黒や紺の木綿裂を切状(アップリケ)し、そこに刺繍を加えてアイヌ民族に独特の模様を施した木綿衣のことをいいます。この1領は茶色地の格子柄の木綿衣を下地に使っているが、もともとは和人の男性用のきものでした。こうしたものには、和人の求めに応じて作られたものも多いようです。(チカルカルペはアイヌ語で神様の棘)

左:(4) 「蝦夷錦幕」

蝦夷錦はアイヌ民族によって樺太経由でもたらされた大陸・半島製の龍文や牡丹文のある錦のことをいい、松前の港から各地に運ばれ珍重されました。この幕は、赤地に蟒(まん)(4本爪の龍)を織り出した中国官服の生地を用いて作ってあります。裏に文久3(1863)年の墨書銘があり、制作年代の下限が押さえられる資料として、高い価値を有しています。

(5) 「田むら」奈良絵本

御伽草子の一種で、通常「田村の草子」とか「鈴鹿の草子」と称されています。藤原俊祐と大蛇とのあいだに生まれた俊仁の悪路王退治や唐の高僧との法力合戦、俊宗の鬼退治など複数の妖怪退治譚から構成されています。江戸時代前期に制作されたもので「酒呑童子」などの英雄物語と比べても劇的な内容で、挿絵も豪華です。

(6) 「大阪新聞錦画 2号」

明治7年から10年頃まで、ニュースを伝える文章と錦絵が合体した新聞錦絵(錦絵新聞)が新しいメディアとして活躍し、庶民を主人公とした市井のさまざまな事件を取り上げました。記事は、人力車に乗せた3人の子供が途中で忽然と姿を消したという話で、振り返った車夫が空の車を見て驚くようすを描いています。

(7) 「聆涛閣集古帖(れいとうかくしゅうこちょう)」

鈴鐸部(れいたくぶ)に収載された隠岐国駅鈴(おきのくにえきれい)の図
古代の駅伝制で駅使に与えらえた鈴で、表裏に「駅」「鈴」の表記があります。拓本や前後左右天地からの詳細な見取り図が記載されています。現品は隠岐国造家(おきこくぞうけ)に伝来し、令文に規定された支給の駅場数を示す剋(きざみ)がないため、駅伝制が変質した平安期以降のものとする見解もあります。

(8) 「二代目沢村田之助死絵(しにえ)」 文化14年

死絵とは、江戸後期から明治にかけて、おもに人気歌舞伎役者の死去に際し、訃報と追善をかねて出版された錦絵です。単に死者の肖像を描くのではなく、死装束をつけ、樒(しきみ)や蓮華といった葬儀や仏事に関わるものを持たせたり、極楽への死出の旅路の様子や先に亡くなった役者を共に描くなど、死に関わるモティーフを積極的に描き込んでいるところが、現代と異なり大変興味深いものとなっています。人気役者ほど死絵の数は多くなり、当時の人気度を知る役割も果たし、情報が早ければ早いほど売れ行きが期待できたということです。昭和10年の初代中村鴈次郎を最後に以後追悼写真の時代となっていきます。

以上のほか、怪談・妖怪コレクション、前近代日本図関係、江戸時代輸出漆器、近世工芸図案集、高札、アイヌ服飾関係、薬箱などを紹介します。

特別企画「日本の建築」も同時開催します(企画展示室 第3室)
金剛輪寺本堂、如庵、長寿寺本堂、松本城天守、東大寺鐘楼、正福寺地蔵堂の建築模型を展示

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・石井

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp