このページの目次
開催概要広報用素材の提供について問い合わせ先

アサガオは、今から1200年ほど前に遣唐使によって中国から渡来し、
当時は、薬草(下剤)として使われていました。


江戸時代に変化朝顔という日本独自の朝顔文化が誕生し、世界に唯一の系統維持をし、今に伝えられています。何種類もの変化朝顔の展示は、当植物苑だけのものですのでぜひこの機会に展示をご覧ください。枝垂や木立といった系統と大輪朝顔・正木系統も展示します。出物系統はもちろん、ヨーロッパの近縁の朝顔も加わっています。朝顔は、名前のとおり開花は午前10時頃までが見ごろですので早めの来苑をおすすめします。また温室では、様々なメロンが実をつけています。
なお、本館では日本の1万年の人と植物のかかわりを歴史・考古・民俗・古植物を通して解説しています。

開催概要

平成16年度企画展示『海をわたった華花−ヒョウタンからアサガオまで−』
開催期間2004年7月13日(火)〜9月12日(日)
日程 7月13日(火)〜9月12日(日)まで開催中
会場 本館企画展示室、くらしの植物苑

*利用案内・展示情報等は、当館Webサイト(http://www.rekihaku.ac.jp/)もご参照ください。

広報用素材の提供について

ご希望の写真(データ)を送付いたしますので、各プレスリリースの写真番号をご連絡ください。e-mailでも結構です。問い合わせ先は下記の「このリリースに関するお問い合わせ」をご覧ください。

ご注意

  • 図版の使用は展覧会広報に関するものに限ります。
  • 掲載に際しては、「展覧会名」「会場」「会期」をご紹介いただき、掲載図版のキャプションを明記していただくようお願いします。今回の出品物はすべて当 館所蔵です。
  • ご掲載いただいた場合は、お手数ですが掲載物をご送付ください。

以上の点に留意いただけない場合に発生したトラブルについて、本展主催者として一切の責任を負いかねますのでご注意ください。

(1) 柳牡丹

青/打込/堺渦/柳葉/白/撫子/采咲

(2) 松島

松島/鍬形葉/白地/紫 時雨絞/咲分/丸咲

(3) 桔梗笹牡丹

青/桔梗渦/笹葉/淡藤色/桔梗咲/牡丹

(4) 獅子牡丹

青/斑入/握爪龍葉/藤鼠色/風鈴獅子咲/牡丹

(5) 石畳咲

青/常葉/紺/覆輪/石畳咲(巻絹)

(6) 大輪咲

青/斑入/蝉葉/淡紫/車絞/丸咲/大輪

(7) 西洋朝顔

ヘブンリーブルー

(8) 柳牡丹

青/蜻蛉/笹葉/青/切咲

このリリースに関するお問い合わせ

人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 博物館事業課
広報サービス室広報係 後藤・石井

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117番地 
TEL 043-486-0123(代)  FAX 043-486-4482
E-mail:koho@ml.rekihaku.ac.jp