館長からのメッセージ

わたしたちは、「未来の社会をつくるための知恵を歴史から学ぶこと」「歴史認識を異にする人々の相互理解を実現すること」をミッションとして、日本の歴史と文化についての研究を行っています。社会の大きな変化、絶えることのない自然災害、世界各地で頻発する争いや広がる格差、あるいは歴史認識の相違などがもたらす複雑な国際関係といった多くの問題に直面している今だからこそ、わたしたちは過去の歴史と真摯に向き合い、自分の力で歴史に学ぶ必要があるのだと思います。

歴博の様々な活動をより力強く推進し、ミッションを果たしていくためには、皆様からのご支援が大きな糧となります。

国立歴史民俗博物館へのご寄附につきまして、何とぞ皆様のご理解とご協力を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

国立歴史民俗博物館長 久留島 浩

パンフレット「歴博サポートのお願い」(PDF)

●寄附申請書様式( WordPDF )( 記入例 )

ご寄附の目的(寄附募集プロジェクト)

共同研究のため

「ヨーロッパにおける19世紀日本関連在外資料調査研究」

歴博では、2010年度よりシーボルト父子関係資料をはじめとする日本関連在外資料に関する国際共同研究を開始し、19世紀の日本で収集された資料についての大規模な調査研究を推進しています。このプロジェクトは、国内及び海外の大学・博物館との国際研究ネットワークを構築し、欧米などにおける日本文化研究をより発展させることと、日本文化の世界史的意義を明らかにすることをめざすものです。2016年度からは、ウィーンや、イギリス・スイス・ドイツ各都市の博物館等に専門の研究者を派遣し、未整理の日本資料の調査や現地における教育事業の支援に着手しました。調査研究の成果は、データベース公開、展示、シンポジウム、教育プログラム等により効果的に活用する予定です。

◆目標額:5千万円
◆プロジェクトの継続期間:2016年4月~2022年3月
◆主な寄附金の使途:
 ・在外日本資料を用いた展示開催、展示支援事業(オーストリア・イギリス・スイス・ドイツ)
 ・関連シンポジウム、ワークショップの開催
 ・デジタル技術を用いた展示支援ツール制作

ウィーン世界博物館での調査 ミュンヘン五大陸博物館での調査 2016年度企画展示「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」(プロジェクトの成果による)

 

総合展示リニューアル事業のため

歴博では、現在、総合展示第1展示室(原始・古代)のリニューアル工事を行っています(2019年春開室予定)。特に、500年さかのぼった水田稲作など、最新の研究成果を反映した展示を目指しているところです。

しかし、昨今の予算の縮減から自己資金だけでは、十分な資金の調達が難しい状況となっています。そこで、ジオラマなどを充実させ、わかりやすい展示を実現するために、みなさまからのご寄附を募らせていただくこととなりました。

◆目標額:1億7千万円
◆主な寄附金の使途:
 ・最終氷期の森ジオラマ(ナウマンゾウの闊歩する最終氷期の森を再現します)
 ・縄文の森ジオラマ(縄文時代の環境を体感できる縄文の森を再現します)
 ・その他、展示のリニューアル事業

最終氷期の森ジオラマイメージ 多様な縄文列島コーナーイメージ 古代国家の列島世界コーナーイメージ

 

正倉院文書複製製作事業のため

歴博では、1981年以来、宮内庁の協力のもと正倉院文書の複製製作事業を継続しています。

正倉院文書とは、東大寺正倉院に伝来した奈良時代の文書群です。1300年前の社会の姿を具体的に明らかにできる世界的に見ても大変貴重な宝物ですが、保存のために、見ることができるのは年1回開催される奈良国立博物館での正倉院展に数巻ずつ展示されるのみとなっています。

そこで、当館ではこの正倉院文書を国内外に広く公開し、研究にも活用するため、長期間の展示に耐えられる精巧な複製の製作に取り組んできました。

2016年現在、事業開始から35年が経過し、全667巻・5冊のうち58%にあたる390巻・4冊の複製が完成し、残りが277 巻・1冊となりました。

みなさまからのご寄附を募り、事業の早期完成を目指したいと思っております。

◆目標額:第1期 5千万円
◆募集期間:2017年2月1日~2022年1月31日(5年間)

正倉院文書 複製品 正集第30巻 天平五年度出雲国計会帳(部分・本館蔵)(原品:宮内庁正倉院事務所) 正倉院文書調査風景
(写真提供:(株)便利堂)
正倉院文書調査風景
(写真提供:(株)便利堂)

 

ご寄附の流れ

  1. 寄附申請書(下記お問合せ先からご請求いただくか、様式( WordPDF )( 記入例 )をダウンロードしてご利用ください)に必要事項を記入し、歴博にお送りください。
  2. 受付完了後、お振込み先等を記載した「ご寄附のお願い」をお送りしますので、所定の口座へお振込みください(振込手数料は当機構負担)。
  3. ご入金の確認後、領収証、特典等をお送りいたします。

税制上のメリット

【法人様からのご寄附】

  • 全額損金算入が可能です。(2004年3月財務省告示第178号)

【個人様からのご寄附】

  • 所得税…寄附金額(総所得金額の40%を上限とする)から2,000円を差し引いた額が、当該年の課税所得から控除されます。
  • 個人住民税…お住まいの都道府県・市区町村が条例で人間文化研究機構を指定している場合、翌年の個人住民税額から控除されることがあります。

詳しくはお住まいの都道府県・市区町村にお問い合わせください。

ご寄附へのお礼

【1万円~】
 ・歴博オリジナルグッズを進呈
【5万円~】(上記に加えて)
 ・当館企画展示の内覧会にご招待
 ・ミュージアムショップとレストランでのご優待
【10万円~】(上記に加えて)
 ・歴博からの感謝状を進呈
 ・歴史系総合誌『歴博』を1年間進呈
 ・歴博館長および研究者との懇談会にご招待
【50万円~】(上記に加えて)
 ・ご希望される方のご芳名を歴博館内に掲示
【100万円~】(上記に加えて)
  ・ご希望される団体のバナーを歴博公式サイトに掲示(法人に限ります)

※この他、ご寄附額に応じて歴博招待券を進呈 
 1万円~:2枚、10万円~:10枚、100万円~:100万円ごとに30枚

 

お問合せ先

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
国立歴史民俗博物館 管理部総務課総務企画係
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
電話番号:043-486-0123 FAX:043-486-4209
E-mail:syomu@ml.rekihaku.ac.jp