このページの目次
「山の流行服」「中国・四国地方の荒神信仰-いざなぎ流・比婆荒神神楽-」

「山の流行服」

開催概要

展示名称 「山の流行服」
開催期間 2015年3月10日(火)~2015年9月6日(日)
開館時間 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円/中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
休館日 月曜 (休日の場合は翌日を休館日とします)
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室

趣旨

― 使い分けや機能性を重視する一方で、おしゃれへの工夫も。

現代社会からみると、近代から昭和30年代までの山村の衣服は、伝統的なもの、あまり変化していないものとしてみられているかもしれません。しかし、素材や裁断の仕方の変化、仕事内容の変化などによって、デザインや肌触り、使い心地などは少しずつ変わっていました。

また、山仕事用の仕事着、屋内で着る仕事着、自宅の周辺で着る普段着、町場へ買い物に行く時に着る外出着など、時と場所によって様々なタイプの衣服が取り揃えられていました。これらは、使い古されていくと、他の用途に変えられたり、あるいは解体して全く別のものに作り変えられたりしながら、長く使用されました。すべて同じようにみえるワラジやゾウリでさえも遠距離用や近距離用、屋内の上履き用や下履き用、流し場用などいくつもの種類に分かれていたのです。この意味で、山村の衣服や履き物は多様でもありました。

そして、衣服には模様に工夫を凝らしながらつぎあてをし、ワラグツには衣服の切れ端を編み込んで、常におしゃれに気をつかっていました。いつの時代のどこの地域でも、人々はおしゃれをし、流行を意識しているものです。そこで,この特集展示では、機能性を重視しながらもおしゃれや流行に配慮してきたことに焦点を当てながら、山村の人々の衣服や被り物、履き物を展示します。

【展示代表 紹介】

青木 隆浩(あおき たかひろ):国立歴史民俗博物館 研究部 民俗研究系 准教授

みどころ

- 収集家・伊藤氏のコレクションから、山村の暮らしを伝える衣服や履き物を紹介。

この特集展示で展示する「石川県白山麓山村生活用具」は、石川県加賀市で平成16年に亡くなった故・伊藤常次郎氏が昭和20年代から50年代にかけて、おもに大日川流域と手取川流域で収集したものです。伊藤氏は自称・民具収集家で、焼畑や山菜採り、炭焼きなどで生計を営みながら、資料収集や小松市での民俗調査、研究者への調査協力などで多大な貢献をした方です。昭和55年頃と平成2年前後には、NHKや日本テレビの番組にも何度か出演していた有名人です。その伊藤氏は、資料とともにそれに関する使用地や使用者、使用時期、使用法、製作方法、製作時間などの詳しい記録を残しています。その記録により、衣服や被り物、履き物の流行の変遷をたどれることが、この資料群の大きな魅力となっています。

また、伊藤氏は第二次世界大戦後まもなく資料収集を開始したため、この資料群には昭和初期にほぼ消滅したタイプの古い衣服や被り物、履き物が残っている点も重要です。中でも、イラクサの繊維で作ったイラザックリやサックリモモヒキ、股のないタッツキ、足のつま先を保護するシャナガミなどは古いタイプの衣服や履き物といえます。

《展示スケジュール》
第1期「冬を過ごす」:3月10日(火)~5月6日(水)
第2期「町に出る」 :5月8日(金)~7月5日(日)
第3期「山で働く」 :7月7日(火)~9月6日(日)

主な展示物(予定)

展示換えがあります。※内容は変更になる場合があります。

資料群「石川県白山麓山村生活用具」より
・ボウシ(通学用) 昭和初期~昭和6年
・ボウシガサ(日除け笠) 大正末期~昭和38年
・ノノコ(屋内用仕事着、長着) 昭和10年~33年
・ミジカベ(長着を再利用した仕事着) 昭和14~33年
・イラザックリ(山仕事専用) 大正中頃~昭和20年
・ノノザックリ(婦人用外出着) 昭和12~24年
・シマのミジカベ(外出用の着物)
・ソデナシ(部屋着、仕事着) 大正末期~昭和13年
・シマのミジカベ(女性用の外出着)
・サックリモモヒキ(山仕事用) 大正中期~昭和13年
・モンペ 昭和18~23年
・タッツキ(仕事着) 大正末期~昭和12年
・ユキバカマ(外出用) 大正初期~昭和7年
・キビシャアテ(踵の防雪具) 大正末期~昭和18年
・ハバキ(足首の防雪具) 昭和28年~34年
・ズボロ(つま先の防雪具) 昭和19~35年
・ユキワラジ(降雪時のワラジ) 昭和16~21年
・ミチフミワカグツ(新雪時の道踏み用) 昭和19~24年
・アシナカ(小さな草履) 昭和22年~

資料群「青森県の衣生活用具」より
・シナ(ハバキ、アシナカの材料)
・藤の皮(ハバキの材料)
・ガマ(ハバキの材料)

1) アシナカ(農作業で使用する小さな草履) 2) イラザックリ(男性用、山仕事専用)

3) シマのミジカベ(女性用の外出着)

4) シャナガミ(雪道を歩く時の履物)

5) ソデナシ(女性用の部屋着、仕事着) 6) ノノザックリ(女性用の外出着)

7) マルウソ(雪道を歩く時の履物)

8) モンペ(女性用の外出着)

「中国・四国地方の荒神信仰-いざなぎ流・比婆荒神神楽-」

開催概要

展示名称 「中国・四国地方の荒神信仰-いざなぎ流・比婆荒神神楽-」
開催期間 2014年7月23日(水)~2015年1月12日(月・祝)
開館時間 ~9月:9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
10月~:9時30分~16時30分 (入館は16時00分まで)
料金 一般420(350)円/高校生・大学生250(200)円/中学生以下無料
(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。
休館日 月曜 (休日の場合は翌日を休館日とします)、年末年始
※8月11日は開館します
会場 国立歴史民俗博物館 第4展示室 副室

趣旨

歴博では、民俗研究映像『物部の民俗といざなぎ流御祈禱』(2002年度)、共同研究「宗教者の身体と社会」(2003~2005年度)以来、民俗的な宗教の研究と資料収集を重ねてきました。今回はその成果の一端を示すとともに、昨年リニューアルオープンした第4展示室(民俗)でも展示している比婆荒神神楽やいざなぎ流について、より理解を深めて頂きたいと考えています。

中国・四国地方には、娯楽性を強めた歌舞・芝居としての神楽が盛んである一方、農耕や杣・鍛冶・大工などの生業と関わった信仰の要素が濃厚な神楽が山村に伝承されています。今回の展示では、民俗的な信仰に注目して、総合展示「おそれと祈り」での「比婆荒神神楽」コーナーを発展させて、中国地方の「比婆荒神神楽」と四国地方における「いざなぎ流」を中心に荒神などの信仰の歴史と伝承を考えます。

みどころ

-今も続く「祈り」の姿。

「いざなぎ流」は、マンガや映画・TVでもブームになった「陰陽師」の末裔として注目されたりもしていますが、神に祈り捧げるための神楽を行う一方、病人治癒の祈禱などの呪術を行ってきました。そうした祭りや祈禱では、生活や山・川など生業の場のあちこちに存在すると信仰されてきた「荒神」などがおそれられ、家や村の平安を祈る祭祀では、その終結で荒神を鎮めるための作法が、現在でも行われています。

また、「比婆荒神神楽」では、村の鎮守の神とは別に、外の祠に祀られる「荒神」への祭祀がていねいに行われ、33年に一度行われる「大神楽」では、神話に基づく芝居も演じられ、人々は現在でも楽しみにしています。

本展示においては、荒神信仰や仏教・五行思想の濃厚な祈禱の歴史と実態を伝える文献とともに、祭りや祈禱の場で使われる仮面や、比婆荒神神楽において、舞台であばれまわるヤマタノオロチなど、民俗造形の世界の一端を紹介します!

主な展示物

いざなぎ流
御幣、村公神の祭壇、物部地域仮面(複製)、旧小松豊孝記所蔵資料 など
比婆荒神神楽
杤木家文書『王子の舞』台本、『六道十三仏勧文』、「八重垣の能」ヤマタノオロチ など

約50点(すべて本館蔵)

 
物部・鬼面 複製
 
いざなぎ流 物部・十二のヒナゴ面 複製
 
いざなぎ流 木魂荒神(こだまこうじん)
 
いざなぎ流 水神 女辰(めんたつ)の幣
 
比婆荒神神楽「八重垣の能」ヤマタノオロチ
 
比婆荒神神楽 荒神面 複製
 
比婆荒神神楽 年神面 複製
 
比婆荒神神楽
東城町・杤木家文書:天和二年(1682)『祈祷の呪符』 複製
   
総合展示第4展示室「おそれと祈り」ゾーンの比婆荒神神楽舞台
 
 

ギャラリートーク

日程 時間 担当者
7月23日(水) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
8月1日(金) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
8月15日(金) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
9月5日(金) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
10月5日(日) 14:00~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
11月2日(日) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
12月7日(日) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)
2015年1月12日(月) 13:30~ 松尾 恒一 (当館民俗研究系)