このページの目次
ご来館をお待ちしております展示室の準備風景古代中国貨幣の鋳造法の復元

企画展「お金の玉手箱 -銭貨の列島2000年史-」

1997-3-12 ご来館をお待ちしております

歴博の入口に企画展示の看板を設営しました。あとは初日を待つばかりです

展示室の準備風景

企画展示室では,準備作業が着々とすすめられています。

ショウキサマの組み立て

ショウキサマ(鍾馗さま)は藁人形の神様。
毎年3月2日に作られ村境に祭られて村の安全を守る

ショウキサマの組み立ては,新潟県東蒲原郡津川町大牧のみなさんの協力をいただきました

照明の当て方を調整しています

無事組み上がって記念撮影です。
ショウキサマ(鍾馗さま)は巨大な男根が特徴です

展示作業あれこれ

陳列作業をまつ展示品

展示品の解説などが書かれたパネルです。これから設置しようというところ

作業は展示課の職員と企画展示担当の教員が総出で行なっています。あやうく取材班も手伝わされそうになりました

担当教員みずから作業中。見ていて息がつまる瞬間です。慎重に

企画展示担当教員(全員ではありませんが)の面々。緊張感ただよう作業の中のふとした一瞬。出来上がりつつある展示に御満悦?

ぜひご来館ください
この看板が会場でみなさんをお迎えします。ぜひ足をお運びください。

1997-2-28 古代中国貨幣の鋳造法の復元

漢代前後に行なわれた「重畳式」と呼ばれる特殊な貨幣鋳造法を工程に従って復元展示します。

この他、和同開珎、江戸期の小判についても同様に製造工程の復元展示を行います。 特に小判については、表面を金ピカに見せるための「色揚げ」という技法を初めて再現しました。