このページの目次
開催要項趣旨関連の催し

開催要項

重要文化財 洛中洛外図屏風甲本公開
開催期間2011年10月25日(火)~11月6日(日)
開催期間 2011年10月25日(火)~11月6日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第2展示室
料金

一般:420(350)円 / 高校生・大学生:250(200)円 /
小中学生:無料 /( )内は20名以上の団体

※毎週土曜日は高校生は入館無料です。

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時まで)
休館日 10月31日
主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

「洛中洛外図屏風 甲本」に描かれた室町幕府

趣旨

京都の名所や風物を描いた「洛中洛外図屏風」は歴史資料としても価値が高く、中でも当館の所蔵する「歴博甲本」は現存する最も古い作品で、16世紀前半の京都の様子がくわしく描かれています。幕府や内裏、寺社、月々の行事や人々の生活などを、細かに読み取ることができます。

通常は保存のために複製を展示していますが、「文化の日」にちなんで、2週間に限り原本の公開を行ないます。タッチパネルによる拡大装置も設置しておりますので、細部までお楽しみいただけます。

※屏風の画像は「Webギャラリー」のページで、高精細画像にてご覧いただけます。

 
幕府(将軍御所)〔左隻第1扇〕
 
清水寺〔右隻第2扇〕
 
七月の風流(ふりゆう)踊り〔左隻第6扇〕
 
六月の祇園祭〔右隻第1扇〕

関連の催し

ギャラリートーク

11月3日(木・祝) 13:30~ ※ガイダンスルーム集合となりました。
講師:小島道裕(当館歴史研究系)

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。