このページの目次
開催要項趣旨展示構成関連の催し図録のご案内

開催要項

紅板締め - 江戸から明治のランジェリー -
開催期間2011年7月26日(火)~9月4日(日)
開催期間 2011年7月26日(火)~9月4日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室
料金

一般 830(560)円 / 高校生・大学生 450(250)円 /
小・中学生 無料 /( )内は20名以上の団体

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。

開館時間 平日: 9時30分~16時00分 (入館は15時30分まで)
土・日・祝日: 9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)
休館日 8月1日(月)、8日(月)、22日(月)、29日(月)
※8月15日は開館いたします
主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

襦袢 桜花桐模様(当館蔵)

趣旨

江戸時代後期から明治時代にかけて隆盛した「紅板締め」についての展示です。

紅板締めは型板(模様を彫刻した版木)に生地を挟んで染めあげる染色技法であり、京都が主たる生産地でした。その製品は、襦袢・裾除・下着といった女性の内に着る服飾に多用されていました。技法には不明な点が多く、そのため幻の染色とも言われています。

紅板締めが隆盛した時期は、西洋からの技術の導入あるいは製品の輸入によって、染織の技術やデザインが飛躍的に変化していった時期にあたります。紅板締めはその変化に対処しきれず、ついには昭和時代のごく始めに生産を終えてしまいます。

当館は、2005年度に京都の高野染工場(現在廃業、かつての屋号は紅宇)より、2万枚を超える型板をはじめ、型紙・模様見本帳・締具など、膨大な数の紅板締めの道具類の寄贈を受けました。紅宇は、京都で最後まで紅板締め業を続けていた2軒のうちの1軒です。

今回の企画展示では、紅宇伝来の道具類をもとに、制作の工程を示し、いまだ多くのこる技法の謎をひとつでも解明していこうと試みています。驚くべきことに、紅宇伝来の道具類で作られた実製品も数多く発見できました。このような実製品、すなわち、一般には公開される機会が少なかった女性の内に着る服飾を、多数展示するまたとない機会ともなっています。その美しさも是非ともご堪能ください。

展示構成

第1コーナー 「紅宇」高野家

紅板締めを手がけた紅宇は江戸時代の嘉永期(1848~54年)より四代続いた京都の染色業者です。特に、二代目宇一郎は、紅板締めの模様本を制作するなど、積極的に活動しました。この高野家について紹介します。

主な展示資料

  • 襦袢 桜花桐模様
  • 夾襭模様本
  • 高野染物工場配置並平面図
  • 勘定帳

など

第2コーナー 染色技術

紅板締めは型板に生地を挟んで染めあげる染色技法ですが、その基本的な原理や使用する道具を紹介します。また、原始的ながらも量産のための技法であり、より高級な製品を模倣する図柄もつくられていました。そうした性格についても解説します。

主な展示資料

  • 締枠
  • 型板 水鳥角違模様
  • 型板 流水楓模様
  • 下着 麻葉雲取模様
  • 下着 源氏香草花模様

など

第3コーナー 型板制作

型板は10枚以上で1組となります。下絵から型板をいかにつくっていったかについて具体的な制作手順を示します。また、明治時代に型板を彫刻した人物についても、使用した彫刻刀、彫刻した型板、それを使って染めた実製品とともに紹介します。

主な展示資料

  • 下絵 双葉葵桜花模様
  • 型紙 双葉葵桜花模様
  • 彫刻刀
  • 型板 菊桐唐草模様
  • 下着 菊桐唐草模様

など

第4コーナー 模様の工夫

紅板締めは模様の表現に制約が多い染色技法でした。型板の継ぎ目には空白ができ、色彩も単調に陥りがちです。そうした制約を乗り越えるため、いろいろな工夫が試みられています。そうした工夫について紹介します。

主な展示資料

  • 下着 麻葉模様
  • 側面用型板 麻葉模様
  • 下着 蝶麦模様
  • 下着 葵菱襷模様
  • 下着 千鳥萩模様裂等接合

など

第5コーナー 時代と模様

道具の中には年紀が記されたものがあります。それを手掛かりとして、江戸時代と明治時代以降との、それぞれの模様の特徴について考察します。また時代性を映し出すユニークな模様についても紹介します。

主な展示資料

  • 型紙 麻葉模様
  • 襦袢 撫子蝶蜀江模様
  • 型板 菊桐模様
  • 型板 狐の嫁入り
  • 型板 薔薇模様

など

第6コーナー 歴史と美

道具類と模様が一致する実製品を並べて多数陳列し、女性の内に着る服飾の美の様相や移り変わりを示します。

主な展示資料

  • 下着 菊牡丹蝶模様
  • 下着 蝶花丸模様
  • 下着 雨龍桜模様
  • 下着 紫陽花模様

など

 
襦袢 桜花桐模様
紅宇に伝来した襦袢。紅縮緬の生地には高野家の商印が捺されている。紅宇では紅板締めのほかにも紅の無地染めも行っていた。(当館蔵)
 
型板 水鳥角違模様
このように対称に模様を彫刻した型板に生地を挟んで染め上げる。(当館蔵)
 
下着 菊牡丹蝶模様 と その型板
下着は明治時代、型板は江戸時代後期の作。このように紅地に白く模様を染め抜いたものを「素板締め」という。(当館蔵)
 
下着 雨龍桜模様 と その型板
ともに明治時代の作。桜の花にはぼかしが入っているが、このようなぼかし入りを「曙板締め」という。(当館蔵)

※期間中に展示替えを予定している資料の一覧です。
※展示物などは予告なく変更する場合があります。ご了承下さい。

展示替資料一覧表はこちら(PDF)

関連の催し

歴博講演会

歴博講堂にて開催、14時00分~16時00分、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第332回 「『紅宇』伝来の紅板締め資料」

日時 8月13日(土)
講師 澤田 和人 (当館情報資料研究系)

ギャラリートーク

開始予定時刻までに企画展示室前に集合してください。

日程 時間 担当者
7月30日(土) 13:30~ 澤田 和人 (当館情報資料研究系)
8月6日(土) 11:00~ 澤田 和人 (当館情報資料研究系)
9月3日(土) 13:30~ 澤田 和人 (当館情報資料研究系)

※開催日時、担当者は変更する場合があります。ご了承ください。

図録のご案内

「紅板締め - 江戸から明治のランジェリー 一」※完売しました

図録及び販売物についてのお問い合わせ
財団法人 歴史民俗博物館振興会
電話043-486-8011(9時30分から17時00分まで)/ E-mail:shop@rekishin.or.jp

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。