このページの目次
開催要項趣旨展示構成関連の催し図録のご案内

開催要項

縄文はいつから!? -1万5千年前になにがおこったのか-
開催期間2009年10月14日(水)~2010年1月24日(日)
開催期間 2009年10月14日(水)~2010年1月24日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
料金

一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体

※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。

開館時間 9時30分~16時30分 (入館は16時00分まで)
休館日 10月19日(月)・26日(月)・11月2日(月)・9日(月)・16日(月)・24日(火)・30日(月)・12月7日(月)・14日(月)・21日(月)・27日(日)~2010年1月4日(月)・12日(火)・18日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

東京都前田耕地遺跡の復元画

趣旨

近年の東アジアにおける考古学的新発見と年代測定などの研究の進展によって、縄文文化の位置づけは大きく変わってきています。炭素14年代測定による研究から、日本列島で最古の土器が約1万6000~1万5000年前まで遡り、世界最古の土器の一つであることが分かってきました。この展示では、土器が誕生したころの自然環境や東アジアでの文化の動きを探り、日本列島での土器の出現を探ります。また、石器の変化や竪穴住居の出現、土偶・石偶などの精神文化の様子を探り、縄文文化の成立からその後の縄文文化の発展の道筋を探りたいと思います。

展示構成

Ⅰ プロローグ 環境変化と縄文文化の誕生

主な展示物

  • 巨大年表パネル
  • 石小屋洞窟(いしごやどうくつ)出土隆線文土器(期間限定展示:10月14日(水)~11月3日(火))
  • グロマトゥハ遺跡出土縄文施文土器(期間限定展示:11月17日(火)~12月20日(日))

Ⅱ 自然環境

  1. 自然環境からのアプローチ

主な展示物

  • 花室川(はなむろがわ)出土旧石器時代ナウマン象
  • バイソンなどの出土動物遺体

Ⅲ 土器の出現

  1. 日本列島最古の土器
  2. 東アジアの土器の出現
  3. なぜ土器が作られたか?

主な展示物

  • 大平山元(おおだいやまもと)Ⅰ遺跡出土土器・石器
  • 高山里(ゴサンリ)遺跡出土土器・石器

Ⅳ 縄文文化の広がり

  1. 土器の普及
  2. 狩猟具の変化
  3. 居住形態の変化
  4. 生業活動の復元
  5. 精神文化

主な展示物

  • 花見山(はなみやま)遺跡出土土器・石器
  • 慶應義塾大学湘南藤沢(しょうなんふじさわ)キャンパス内遺跡出土土器・石器
  • 上黒岩(かみくろいわ)遺跡出土器・石器・石偶・自然遺物
  • 前田耕地(まえだこうち)遺跡出土土器・石器・竪穴住居標本
  • 粥見井尻(かゆみいじり)遺跡出土土偶

Ⅴ 自然科学からのアプローチ

  1. 炭素14年代測定法
  2. 熱ルミネッセンス年代測定法
  3. 胎土分析(中性子回折(かいせつ)、蛍光X線、鉱物組成)
  4. レプリカ法
  5. 同位体分析
  6. 古植生復元
  7. 地形復元
  8. 形質人類学

主な展示物

  • 湘南藤沢キャンパス内遺跡・万福寺(まんぷくじ)遺跡ほか年代測定土器
  • 大谷寺(おおやじ)洞穴出土人骨復元模型
  • 復元縄文草創期人パネル

Ⅵ 列島各地の地域文化

北海道から種子島まで

主な展示物

  • 大正3遺跡出土遺物
  • 日向(ひなた)洞窟西地区出土遺物
  • なすな原(はら)遺跡出土遺物
  • 田沢(たざわ)遺跡出土遺物
  • 福井洞穴(ふくいどうけつ)出土遺物
  • 泉福寺洞穴(せんぷくじどうけつ)出土遺物
  • 奥ノ仁田(おくのにた)遺跡出土遺物

など

エピローグ

その後の縄文文化

主な展示物

  • 取掛西(とりかけにし)貝塚出土土器・自然遺物・貝層剥ぎ取り標本
  • どきどき検索くん(デジタル遺跡検索・Q&Aなど)
 
復元縄文草創期人(馬場悠男 監修、石井礼子 画)
妙音寺洞窟出土人骨をもとに骨格を復元し、縄文時代草創期の主要な道具である石槍・弓矢・局部磨製石斧、土器を持たせました。氷河期の末期でまだ寒冷であることから、ニホンジカの毛皮を用いた衣服を復元しました。
 
青森県大平山元(おおだいやまもと) I 遺跡の復元画
(工藤雄一郎・鈴木三男 監修、石井礼子 画)
現在、日本列島で最古の土器が見つかっている大平山元 I 遺跡の景観を復元しました。氷河期の末期のこの遺跡周辺は、現在とは大きく異なる、亜寒帯性の針葉樹林に覆われていました。最古の土器は煮炊きに使用されたことが分かっています。
 
青森県大平山元 I 遺跡:日本列島で最古の土器
外ヶ浜町教育委員会(写真提供:谷口康浩) 青森県の大平山元 I 遺跡で見つかった日本列島で最古の土器は、約16000~15500年前ごろに遡ることが年代測定によって明らかになっています。この土器は無文の土器で、表面には炭化物が付着していました。
 
石小屋洞窟(いしごやどうくつ)出土の隆線文土器
國學院大學伝統文化リサーチセンター 石小屋洞窟からは完形に復元できる隆線文土器1個体が出土しています。尖底に近い丸底や、横走隆線による文様装飾は、隆線文土器の基本的な形で、細かな違いはあるものの北海道から種子島までの日本列島に共通してみられる土器文化となります。(期間限定の展示となります:10月14日(水)~11月3日(火))

関連の催し

実演コーナー

土器製作実験解説・実演(協力:加曽利貝塚土器づくり同好会)

日程

場所 解説
11月1日(日) 千葉市立加曽利貝塚博物館 村田 六郎太 氏
当館情報資料研究系 坂本 稔
11月15日(日) 千葉市立加曽利貝塚博物館 村田 六郎太 氏
当館客員教授 小林 謙一
12月20日(日) 千葉市立加曽利貝塚博物館 村田 六郎太 氏
当館考古研究系 工藤 雄一郎
※11:00~、13:30~
土器作り解説・ギャラリートーク

実演時間:11 : 00~15 : 00 (ただし、12 : 00~12 : 30は中断)

歴博フォーラム

第72回 「縄文はいつから!?」

日時 2009年11月21日(土)
会場 歴博講堂
備考

※要事前申し込み(開催日の2ヶ月前から前々日まで受付、定員に達した時点で締切)、入場無料、定員260名(先着順)詳細はこちら

歴博講演会

第310回 「縄文土器のなぞを探る」

日時 2009年10月10日(土) 14時00分~16時00分
会場 歴博講堂
講師 小林 謙一(中央大学)
備考 ※事前申し込み不要、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第311回 「縄文・弥生時代を炭素14でみる」

日時 2009年11月14日(土) 14時00分~16時00分
会場 歴博講堂
講師 坂本 稔(当館情報資料研究系)
備考 ※事前申し込み不要、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

第312回 「生業からみた旧石器から縄文」

日時 2009年12月12日(土) 14時00分~16時00分
会場 歴博講堂
講師 西本 豊弘(当館考古研究系)
備考 ※事前申し込み不要、入場無料、当日先着順に受付、定員260名

ギャラリートーク

以下の日程で開催します。

日程 時間 担当者
2009年10月25日(日) 13:30~ 工藤 雄一郎 (当館考古研究系)
11月3日(火・祝) 13:30~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
11月8日(日) 13:30~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
11月22日(日) 11:00~ 小畑 弘己 (熊本大学文学部)
13:30~ 鈴木 三男 (東北大学植物園)
14:30~ 酒井 宗孝 (花巻市博物館)
11月29日(日) 11:00~ 工藤 雄一郎 (当館考古研究系)
13:30~
12月5日(土) 11:00~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
13:30~
12月6日(日) 11:00~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
13:30~
12月13日(日) 11:00~ 工藤 雄一郎 (当館考古研究系)
13:30~
12月26日(土) 11:00~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
2010年1月5日(火) 11:00~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
1月10日(日) 13:30~ 西本 豊弘 (当館考古研究系)
1月17日(日) 13:30~ 坂本 稔 (当館情報資料研究系)
1月24日(日) 11:00~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
工藤 雄一郎 (当館考古研究系)
13:30~ 小林 謙一 (中央大学文学部)
工藤 雄一郎 (当館考古研究系)

図録のご案内

「縄文はいつから!? -1万5千年前になにがおこったのか-」 価格:1,800円(税込)/ 送料340円

図録及び販売物についてのお問い合わせ
財団法人 歴史民俗博物館振興会
電話043-486-8011(9時30分から17時00分まで)/ E-mail:shop@rekishin.or.jp

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。