このページの目次
開催要項趣旨主な展示構成

開催要項

新収資料の公開
開催期間2008年1月16日(水)~2月11日(月・祝)
開催期間 2008年1月16日(水)~2月11日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示第1室 (一部第3室)
料金

一般:420(350)円 / 高校生・大学生:250(200)円 /
小・中学生:110(90)円 /( )内は20名以上の団体

※常設展もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は小・中学生、高校生は入館無料です。

開館時間 9時30分~16時30分 (入館は16時まで)
休館日 1月21日(月)・28日(月) ・2月4日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

江戸高名会亭尽

趣旨

国立歴史民俗博物館の重要な活動のひとつに資料の収集があります。日本の歴史と文化を語る重要な歴史資料や貴重な文化財を、研究し、活用するため、また、散逸から保護するために収集活動を継続しています。毎年多くの資料を新たに収蔵していますが、これらの中にはスペースや期間が限られた総合展示・企画展示では公開が難しいものもあります。そのため、近年収集した資料のうち、未公開もしくは公開の機会が少なかった資料を「新収資料の公開」という場を設けて、皆さんにご覧いただいております。

今回は「漆工関係資料」「禁裏寺社建築雛形」といったまとまった資料群の他、錦絵のように毎年継続して収集しているものも公開いたします。また、あわせて、ミニ企画コーナーとして国立歴史民俗博物館の名でおこなった井出上ノ原遺跡の発掘の成果の一部として、縄文時代複式炉住居からの出土品を展示します。

これを機会に、今後とも、資料の収集・保存と活用を図る本館の活動にご理解と御協力を賜りますれば幸いです。

主な展示構成

新収資料の公開

  1. 漆工制作関係資料(現代の漆工作家の制作にかかわる資料)
  2. 四季遊猟図(江戸時代後期の鷹狩りや漁労を描く絵巻)
  3. 錦絵(江戸名所の錦絵や怪談・妖怪の錦絵)
  4. 近代東京・山の手婦人のキモノ(倉田家寄贈の服飾資料)
  5. 葬儀祭壇・棺車(白木祭壇・白布祭壇・棺車)
  6. 禁裏寺社建築雛形(近世の建築関係の図面等)
  7. 公家と武家の文書(清原家旧蔵資料、兼仲卿記断簡、里見氏奉行人連署状)

ミニ企画展(井出上ノ原遺跡の2007年度調査成果)

複式炉住居炉体土器、石刀形石棒、有脚板状土偶

 
商内道具集之内・桐油御合羽品々
 
江戸高名会亭尽 三囲之景 出羽屋
 
里見氏奉行人連署状
 
禁裏諸御殿建地割五拾分之壱
   
四季遊猟図
 
 

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。