このページの目次
開催要項趣旨関連の催し図録のご案内

開催要項

人間文化研究機構連携展示 幻の博物館の「紙」– 日本実業史博物館旧蔵コレクション展 –
開催期間2008年1月16日(水)~2月11日(月・祝)
開催期間 2008年1月16日(水)~2月11日(月・祝)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示第2室
料金

一般 420(350)円 / 高校生・大学生 250(200)円 /
小・中学生 110(90)円 /( )内は20名以上の団体

※常設展もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は小・中学生、高校生は入館無料です。

開館時間 9時30分~16時30分 (入館は16時まで)
休館日

1月21日(月)・28日(月) ・2月4日(月)

主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

千代紙 伊勢辰製 並摺

趣旨

財界人として活躍した渋沢敬三(1896~1963)は、民俗学の発展にも大きく寄与しました。彼は戦前に「近世経済史博物館」の設立を構想し、江戸後期から明治にかけての経済発展を跡づける資料の収集を進めました。この構想は戦後も「日本実業史博物館」として続けられましたが、ついに実現しませんでした。この幻の博物館のために彼が収集した資料は、生前、文部省史料館(現、国文学研究資料館)に寄贈されています。

今回の展示は、「日本実業史博物館」が具体的にどのような構想で収集準備を進めていたのかを見直し、同博物館の「製紙」部門の実像に迫ることを目的としています。

 
千代紙 伊勢辰製 並摺
 
大正昭和変形広告

関連の催し

ギャラリートーク

2月3日(日)、2月11日(月・祝)の13時30分から開催します。
担当者:青木睦(国文学研究資料館)

図録のご案内

「幻の博物館の「紙」-日本実業史博物館旧蔵コレクション展-」 ※完売しました

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。