このページの目次
開催要項趣旨関連の催し

開催要項

重要文化財 洛中洛外図屏風甲本公開
開催期間2007年10月30日(火)~11月11日(日)
開催期間 2007年10月30日(火)~11月11日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 第2展示室
料金

一般:420(350)円 / 高校生・大学生:250(200)円 /
小・中学生:110(90)円 /( )内は20名以上の団体

※毎週土曜日は小・中学生、高校生は 入館無料です。

開館時間 9時30分~16時30分(入館は16時まで)
休館日 11月5日
主催 国立歴史民俗博物館

展示ポスター

「洛中洛外図屏風 甲本」に描かれた室町幕府

趣旨

京都の名所や四季の風物を描いた「洛中洛外図屏風」は、歴史資料としても価値が高く、多くの研究が生み出されています。 中でも当館の所蔵する「歴博甲本」(旧「三条家本」「町田家本」)は現存する最も古い作品で、16世紀前半の京都の様子がくわしく描かれていることで有名です。 上記期間中、第2展示室「大名と一揆」のコーナーで原本を展示いたします。保存のため、また館外からの貸し出し要請が多いために、当館で原本を展示する機会は少なく、貴重なものです。また、デジタル化され、解説も付けられた画面を、自由に拡大して見ることもできます。

今回の公開では、特に屏風の「登場人物」に焦点を当て、新たに判明した甲本の成立事情についても解説いたします。

(「Webギャラリー」のページで、高精細画像にてご覧いただけます。)

 
細川稙国(たねくに)と推定される人物(左)(左隻第2扇)
 
細川高国と推定される人物(左隻第3扇)

関連の催し

ギャラリートーク

「洛中洛外図屏風歴博甲本の登場人物」小島道裕(本館歴史研究系)
11月3日(土)13時30分~  ガイダンスルーム集合

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。