企画展示「歴史を探るサイエンス」

「歴史を探るサイエンス」 A4版 オールカラー64ページ
価格:850円 / 送料:290円

目次

1. 年代を探る

なぜ年代を測るのか? 
  • 年代を測ることの意味・重要性
  • 年代を正確に測る
  • AMS法
年代はこうして調べる 
  • 炭素14年代法の原理
  • 炭素14年代法のための試料調製
  • 炭素14年代と実際の年代
年代がわかると、歴史観が変わる・1
  • 弥生時代の開始年代
  • 年代測定した遺跡の分布と試料の種類
  • 炭素14年代測定で分かった弥生時代の新しい編年
  • これまで年代はどのようにして決めてきたのか
  • 考古学的検証
  • 矛盾点
年代がわかると、歴史観が変わる・2
  • 縄文時代の高精度編年
  • 縄文時代ぜんたいの年代測定
  • 東日本縄文時代の暦年較正年代
  • 縄文時代中期の詳しい年代測定
  • 西根遺跡における縄文時代後期の年代測定結果
  • 東日本縄文・弥生移行期の暦年代
  • 縄文中期、その考古学的研究への応用
  • 測定試料による差、住居の使用・廃棄に関わる時間差
年代がわかると、歴史観が変わる・3
  • 漆技術の起源
  • 6,800 年前の漆工要具 < 漆液容器 >
  • 9,000 年前の漆製品 < 北海道垣ノ島B遺跡の墓から出土 >
  • 中国からの漆製品か
  • 縄文時代の漆文化

2. 素材を探る

こうして素材を調べる
  • 成分と金属組織
  • 鉛同位体比による産地推定
成分分析の実際・1
  • 古代官銭の成分と原料産地
  • 鉛同位体比分析の結果
  • 成分分析の結果
成分分析の実際・2
  • 鉄砲の材質と製作技術
  • 鉄砲の製作工程
  • 鉄砲の材質
  • 大筒の製作技法

3. よみがえる江戸図屏風

修理の経過
  • 江戸図屏風の修理過程
  • 江戸図屏風のX線透過像
  • 江戸図屏風の赤外線画像
料紙の年代測定
  • 炭素14年代測定法による 制作年代の確定

4. デジタルで探る

なぜデジタルか
  • デジタル技術による歴史研究と展示
デジタル資料の可能性
  • 拡大できる - 野村正治郎衣装コレクション・小袖資料より
  • 自由に見られる - 江戸幕府撰正保日本図
  • 比べられる - 額田寺伽藍並条里図 [国宝]
  • まとめて見られる - 館蔵錦絵コレクションより

コラム

  • 年輪年代と炭素14年代
  • 非破壊調査の「功罪」-江戸図屏風製作の背景に関わって-