このページの目次
開催概要展示構成関連の催し

開催概要

伝統の古典菊
開催期間2013年11月6日(水)~12月1日(日)
展示物イメージ

菊は、日本を代表する園芸植物のひとつです。菊は日本在来の植物ではありませんが、平安時代の宮廷ですでに菊花の宴が流行していることにより、律令期に他の文物とともに中国からもたらされたと考えられています。
平安・鎌倉時代からは日本独自の美意識により、支配者層の間で独特の花が作り出されました。筆先のような花弁をもつ「嵯峨菊」は京都の大覚寺で門外不出とされ、花弁の垂れ下がった「伊勢菊」は伊勢の国司や伊勢神宮との関わりで栽培されました。そして、菊は支配者層の中で宴に、美術工芸品に、不老不死のシンボルとして特権的な地位を築いていきました。

それが、近世中頃以降になると大衆化し、変化に富む園芸種の菊花壇や、菊細工の見世物が流行したと言われています。それらの流行を支えたのが、花弁のまばらな「肥後菊」と花弁が咲き始めてから変化していく「江戸菊」です。これらに花の中心が盛り上がって咲く丁子菊を加えた伝統的な中輪種は「古典菊」と呼ばれています。

くらしの植物苑では、このような「古典菊」を1999年から収集・展示してきました。今回は、菊の名前をテーマとして、幕末から明治時代にかけての名前のつけ方や他の園芸品種と共通する名前、さらには分類に関わる名前の意味について展示をおこないます。また、当苑で種から育てた実生の新花も展示します。

会場 国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
料金

個人(高校生以上) 100円
団体(20名以上) 50円

※小中学生は入苑無料です。
※毎週土曜日は高校生は入苑無料です。

開苑時間 9時30分~16時30分 (入苑は16時まで)
休苑日 11月11日(月)、18日(月)、25日(月)
主催 国立歴史民俗博物館

展示構成

くらしの植物苑で収集し、栽培・育種した、古典菊(嵯峨菊17品種,伊勢菊12品種(松坂菊3品種を含む)肥後菊32品種、江戸菊35品種、丁子菊10品種)と、江戸菊や肥後菊と同じく近世中頃からつくられている奥州菊10品種も含め、7号もしくは9号鉢に植栽し、苑内の東屋周辺、ハウス、よしず展示場に展示します。

また、菊の名前に関する解説パネルと、館蔵資料「百種接分菊」を紹介する解説パネルを作成し、東屋内に展示いたします。

※ 植物苑のサザンカの様子は「くらしの植物苑 今週のみごろ」でもご覧いただけます。

伊勢菊

紅玉

高砂

松阪菊

歴博オリジナル
松阪菊には、中輪型と大輪型の2系統があり、発祥地である松阪では、中輪型松阪菊と大輪型松阪菊と呼ばれている。一般に中輪型は伊勢菊と呼ばれ、当館では大輪型を松阪菊と呼んでいる。

江戸菊

江戸宝貴

八幡山

嵯峨菊

嵯峨の月

嵯峨の泉

歴博オリジナル

奥州菊

華厳の滝

瑞雲殿

丁子菊

金光丸

白雲丸

肥後菊

金星

御所車

歴博オリジナル

展示風景

展示風景1

展示風景2

古典菊の有償頒布のご案内

日時 10月26日(土)・11月6日(水) 9:30 ~13:30
場所 くらしの植物苑
価格 1ポット800円~(税込)
* お一人様あたりの苗の数を制限させていただく場合があります。
* 数量に限りがあります。品切れの節はご容赦ください。
* 別途、入苑料が必要となります。

くらしの植物苑観察会 第176回「菊の名は」

日時 11月23日(土・祝) 13時30分~
場所 くらしの植物苑
講師 平野 恵 (台東区中央図書館)
備考 事前申し込み不要、要入苑料

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。